オリジナルのトートバッグをシルクスクリーンで作る
スポンサーリンク

日本でお馴染みのエコバッグは英国では「Tote Bag(トートバッグ)」といわれていて、買い物はもちろん、通勤・通学にとあらゆるシーンで大活躍します。『エコ』を日常に取り入れ、肩ひじ張らず自分のスタイルに取り入れる事ができればお洒落ですよね。自分のスタイルに合うよう自分でデザインして自作してみました

スポンサーリンク

トートバッグの素材(ボディ)を探す

まずはベースとなる無地のバッグを探します、値段・大きさ・購入しやすさと様々な要素から調べてみます

100円SHOPで探してみる

ダイソーやキャンドゥは意外に無地が少なくあったとしても定番商品でないとすぐに店頭から消えていたりします。商品入れ替えはかなり早いので、商品安定性定という点では少し不安かもしれませんね。その商品入れ替えの速さが人気なんでしょうが

ネットで購入

エコバッグで検索すればネットで多くの種類が出てきます。これが一番手軽です

オススメのサイト3店

どこで購入しても大丈夫ですがオレンジパームは種類・値段・製品性の全てバランスが良くオススメです。商品点数も多くサイトをみるだけでも楽しいですよ

本格的に始めるなら専門卸業者がベスト

ビジネスやサークルなど多く作る可能性があるならアパレルの専門業者がベストですが事前に契約が必要です。安定した品質のアイテムや豊富なバリエーションや安定性はアパレル専門業者が一番です

業者は大手の2社が仕入れしやすいです

デザインを考えて製版

トートバッグに入れるデザインを考えます。今回は海外で大型独立型の本屋さんや、有名マーケットや高級スーパーでエコバッグを発売していることがよくあり、トートバッグの仕上がりはそのイメージにして、デザインはロゴタイプにしました

文字は上からCANINI:(キャニーニ)ロゴで犬の意味を含んだ言葉 TOKYO :(東京)出身
HUMAN ANIMAL BOND:(人間と動物の絆)指標とブランド説明的?になってます。自作のアイテムですがキャニーニトーキョーというブランド活動的に趣味で製作しています

無地のボディにシルクスクリーンで印刷

今回はボディをPrintstarで購入してシルクスクリーンを自分で製版&印刷しました。メッシュは小さい文字もあったので150メッシュにしてあります。インクはダイカラーのブラックです

W48cmH40cmD15cm canvas製 サイズ20ℓ
シルクスクリーンの良い部分はひとつ綺麗な版を作れば、高品質な製品が低価格で大量生産できるところですね

イメージ撮影して確認

完成商品を使ってイメージ撮影してみました、自作ブランドなのでイメージの提案は大事だと考えています。今回はイメージを使用シーンの想定で撮影してみました

愛犬家のブランドなので犬との生活を想定してみました
少しカスタムするとトートバッグも可愛いですね
トートバックは素材も安くて印刷もしやすい
トートバッグは素材が安いので自作に挑戦しやすいです。シルクスクリーン印刷もしやすいですが、キャンバスは生地が少し粗いので細かい線は少し難しい?かもしれません。トートバッグはサイズ・大きさ・生地も多いのでアイデア次第でいろいろ出来そうで良い素材だと思います

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事