シルクスクリーンでオリジナルTシャツを作ってみる
スポンサーリンク

ギャレットモータースのオリジナルTシャツをシルクスクリーンで作ってみました

スポンサーリンク

ラフデザインを考えてデータにする

前に考えたデザインを元にシルクスクリーでTシャツを作ってみました、考えたデザインは下図のものです

これが考えたデザインです。ギャレットモータースと一目でわかることを第一に考え、シンプルなロゴTeeにしてみました。ただのロゴTシャツですが、ブランド名のアイテムは名刺やプロモーションになります
メインのデザインはギャレットの文字を自分なりにスポーツニュアンスをいれながら、フォントやデザインに落とし込みました。
ギャレットモータースのマークもデザインしました。ギャレットモータースは日系人のGARRETT CHANG(ギャレットチャン)が始めた架空のカスタムショップという設定です。ロゴはGをモチーフに、架空のショップらしく架空の扉についた鍵をイメージしてロゴを作りました。下のI AM GEEKは広義の意味で「おたく」です

ギークはアーリーアダプターで、特定のニッチな部分については専門家というぐらいの興味・ライフスタイルを持っています。知識は生き字引と言われるぐらいに凄いものの、もったいぶるために喋りはじめると冗長。皮肉の書かれたTシャツを着ています。関心があるのはゲームや映画、収集、ガジェットやテクノロジー、コンピューター、コードを書くこと、ハッキング、テクノ音楽、シルクスクリーンなど。手にしているのは面白げなガジェットと、Mac。

就く仕事はウェブデザインや開発、グラフィックデザイナー、ゲームデザイナーや開発者、アントレプレナー、CDショップの店員、バーテンダーなど。

引用:GIGAZINEhttp://www.mastersinit.org/geeks-vs-nerds/

シルクスクリーン印刷は細かい部分も表現でき、初心者でもイメージどおり仕上がりました

工程が少しとびますが、今回は完成の写真です。かなりイメージ通りにできました。シルクスクリーンのD.I.Yは少数ならばプロ並みに作れるとおもいます。自分でTシャツを作れるのは、Tシャツ好きにはたまりません!

思った以上にイメージ通りの仕上がりになりました、とても嬉しいです
カンマ部分に黒いスワルフスキーを装飾し、パッと見は気づかないくらいの飾りをいれてみました

マーク部分も詳細までプリントできました、結構細かい文字まで綺麗に印刷できます
     
元々Tシャツが大好きで、年中Tシャツを来ているタイプでした。コレクターやブランド好きという部類でもなかったので、ずっと自分で作ってみたいなとは思ったりはしていました。しばらく実行には移していませんでしたが、近所の古着屋でアルファベットのワッペンを購入しTシャツデコレーションしたのをきっかけにオリジナル熱が加速しました。調べるとTシャツの王道はシルクスクリーンだと分かってからはシルクスクリーンの技術を身につける為、書籍やwebなどで学びました。幸い大学時代にシルクスクリーンを少し学んだ経験があったので割と簡単にできました。Tシャツ好きはもちろん、自分のブランド立ち上げてみたい人、創作活動をした人にもおすすめの表現方法です。シルクスクリーンは半商業的な大量生産ができますが、自分の手で刷ってアナログ的な活動するのも面白いと思います、手刷りで個体差がでるのも今ならインディーズ感があってよい気もしますよね。また、シルクスクリーンをやってみたい人の参考にしてもらえるような、詳しい作業工程も別記事でアップしようと思います
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事