羽のない扇風機の更なる進化 ダイソン ファンヒーター hot+cool 電気代とデザインの狭間で
スポンサーリンク

暖房器具で部屋全体を温めるにはエアコンが一番効率的だと思いますが、すぐに温まりたい場合やちょっとここに暖房があれば、という場面は意外に多いですよね、しかもそれがコンパクトで扇風機にもなればより便利だったりします。

そんなありそうでなかったアイテムを、羽のない扇風機で有名なイギリスの家電メーカー・ダイソンが発表していました。

今回は羽のない扇風機にヒーター機能を搭載し、涼しくもできるし暖かくもなる季節を問わない季節家電
Dyson Hot+Cool ファンヒーター ホワイト/ニッケル (AM09 WN)についてのレビューです

Dyson Hot+Cool ファンヒーター ホワイト/ニッケル (AM09 WN)
SPEC : 最小/最大消費電力(w) 涼風モード 5.4/26 温風モード 1200
本体質量2.68kg、
最少/最大運転音(dB) 涼風モード 30.9 /50.8 温風モード 32.8 /40.3
暖房能力 適用床面積(畳) コンクリート住宅 8/4.5 木造住宅 6/3
高さ595mm、奥行き204mm、幅204mm
スポンサーリンク

羽のない扇風機の更なる進化か
ダイソン ファンヒーター hot+cool
電気代とデザインの狭間で

羽のない扇風機は「エアマルチプライアーテクノロジー」技術により、

世界で初めて製品化したのがイギリスの家電メーカー・ダイソンです。

その、羽のない扇風機に暖房機能が付いたのが今回のDyson Hot+Cool ファンヒーターです。

インテリアにも映えるおしゃれなデザインに仕上がっており、リビングや寝室などのプライベートな生活空間はもちろん、オフィスなどでも違和感なく設置が可能ですね。

羽がない分、コンパクトなつくりで、シンプルかつスマートでサイズも小さいので置き場所も省スペースですみます。

機能面では扇風機よりもムラの少ないスムーズな風を、パワフルにも微弱にも両方生み出します。何よりこの扇風機は普通の扇風機のように回転する羽に触れることがないので、巻き込み事故のリスクを減らし安全です。

これは小さな子どもやペットがいるご家庭では大きなポイントでしょう。

最大の特徴は羽がなく、真ん中が空洞で向こうの空間が見えること
スリムで置き場所を選ばない、ミニマルな佇まいも良いです

暖房(ヒーター温風)は電気代が少し高い…それが唯一のネック

温風の場合の消費電力は1200Wです。1kWhあたりの金額を25円とすると、1時間当たりの電気料金は30円になります。

涼風の場合は、最小消費電力5.4W、最大消費電力26Wです。1時間当たりの電気料金は0.135円~0.65円となり、

残念ながら暖房機能に関しては他の暖房器具と比べると若干高くなる場合があり、これが唯一のネガティブ要素かも?です、気なるかたは少し使い方を選ぶと良いでしょう。

背面もスタイリッシュ。どの角度から見られても良いように考えてあるのでしょう

羽のない扇風機にヒーター機能を搭載したオールシーズン使えるデザイン家電という概念

冬はヒーターとして、夏は扇風機としても使えます。便利さはもちろんですが、わたしが一番好きな部分はデザインです。

家電に見た目はとても重要だとダイソンで思い知らされました(笑)

個人的なイメージですが、いままでのTHE家電はどうしてもスタイリッシュさに欠けているものが多く、特に扇風機はその代表格だと思います。

そんな中ダイソンのカラーリングやデザイン完成度の高さはおしゃれアイテムの域に到達しています。さらに機能性のブランディングやストーリーまでも楽しませてくれるのが嬉しいですね。

ダイソンには音響エンジニアがいて、騒音についても研究しているというこぼれ話もあり、細かい部分まで唸らせられます。

トータルで見てこの製品は機能とデザインが高い位置で融合してます。デザイン家電という言葉はデザインがよければ機能が少し欠けててもいいという感じがしてあまり好きではありませんが、この良製品は良い意味でも違いました!

火傷の心配がなく小さな子供やペットにも安心な暖房器具(ヒーターは)少ない

わたしの場合は、小さな子供とペット(犬)の両方がいるのでまずは安全性ありきでした。

暖房(ヒーター)使用時リングの内側が熱くなるものの、火傷などの心配もなく、羽根がない事での安心感。

遠くまでパワフルな風を届けるフォーカスモードと、周囲の風を巻き込み広範囲に風を届けるワイドモードで目的に合わせた空調が可能なうえに自動温度制御機能遠隔操作もできる。

軽く省スペースなので持ち運びも便利。さらにデザイン性が高いのにさりげない主張で置き場所を選ばない。ここまでこだわって作られた暖房(+扇風機)器具はおそらくあまりないでしょう

温度設定もデザインを損ないません

シンプルなリモコン、アイコンもわかりやすいです

ダイソンの高機能かつデザイン性の高さはアップル社の製品に似ている、とどこかで読んだ記憶があります。わたしもアップル社製品をいくつか愛用していますが納得できると思います。ダイソンは自社の得意分野である『モーター』にフォーカスして次々と革新的な製品を生み出しています。革新的といっても掃除機・扇風機など日常生活に普通にある製品をアップデートしているところがすごいです。社内にはデザイナーがおらず、デザインエンジニアが担っているそうで、エンジニアの従業員数は2000人以上という情報もダイソンの姿勢を感じますね。今後は自動車業界へ進出するらしいのでさらに楽しみです。個人的に応援しています。

 

キャンペーンページ

ダイソンDyson Hot+Coolは安全でインテリアにもなるデザイン性だから世界中にファンがいます

↑子供にとって安全な空調は少ないですよね。その上インテリアにもなるデザインなんて最高です

↑省スペースに置けるサイズですがパワフルで暖かいです

↑自慢したくなる家電なの分かります(笑)

↑ミニマリストにも人気でしょうね。空気清浄や加湿機能付きのラインもあります。欲しい!

↑ペットにいる家庭にも向いています

 

 

▷ アマゾンで見てみる

 

※画像は全てイメージです。
※記載している内容は2020年4月現在のものです。
※一般的な使用方法をご紹介しています。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事