入門ドローン
スポンサーリンク

ドローンに興味をもった初心者が始めたいと思っても、種類が多いのでどれを選べばよいかわからない上に、なんだか空を飛ばすって場所や規則が多そうだし、どうなってるのかも難しいですよね。

ドローンは大きく分けて自律飛行と自分でコントロールするもの、200gという重さが基準に規制あり(200g以上)となし(200g以下)に分けられます。なんだかまだややこしいですね。

今回は自分でコントロール出来て規制なし、自宅でも飛行できるという条件で楽しめる入門用ドローンを紹介します。

入門機
私はBanggoodで購入2000円以下でした(送料込)輸入“あるある”で箱は潰れてますね、この辺が気になる方はAmazonの方が良いかも?
スポンサーリンク

トイドローンE010は安心・簡単・低価格・改造可能で初心者向けのタイニーフープ

簡単ドローン
Made in China。中華フープと呼ばれていたりもします

タイニーフープ

EACHINE E010には初心者向けに必要な要素が全てある

ドローンの中には30g未満の機体のTiny Whoop(タイニーフープ)という種類があります。小さなドローンで世界中で人気があります。パーツが豊富、FPVと呼ばれるドローンにカメラを取り付けゴーグルを着用しドローン視点で操作したり(※日本ではアマチュア無線免許等が必要なので注意)できます。Tiny Whoop(タイニーフープ)は気軽さと自由のバランスが楽しい種類です。

今回購入したEACHINE E010ミニドローンはTiny Whoopの元祖となった米ホライゾンホビー社の「Blade Inductrix」という歴史的名機のコピー(苦笑)です。コピーといっても技適※をとっていますので安心して遊べます。さらに価格も2000円前後と衝撃価格です。それでいて操作感もすばらしく、この価格ではものすごく楽しめます。最初のドローンには十分なスペックで、わりと簡単にFPV化も出来るのも魅力。

※海外製で技適マークが付いていないものを日本で使用すると「違法になる」恐れがありますので購入・使用する際は注意しましょう。

手の平に乗るほど小さなドローン「Tiny Whoop(タイニーフープ)」はアメリカ生まれ。元々大型のレーシングドローンを楽しんでいた人々が、余興としてトイドローンにカメラとVTX(映像の送信機)を搭載し、レーシングドローンのようにFPV(一人称視点)で飛ばせるようにしたのが始まり。名前の由来はレーシングドローンのチーム名「Team BIG Whoop」をもじったものだという。その起源は米ホライゾンホビー社の「Blade Inductrix」出典:VIDEO SALON
tinywhoop
ドローン本体、送信機(プロポ)、バッテリー、USB充電器、予備のプロペラ、説明書(日本語含)が同封されています。
あるとないでは大違いの日本語説明書がありがたいです
初心者の私でもこういう飛行が簡単に出来ます!ドローンの基礎技術が身につきますよ!

購入してみて分かった良い点と悪い点

初心者のドローンにEACHINE E010を選んで悪い点はあまり見当たりません。はじめてのドローンには完璧にオススメです

ミニドローン
空撮用のドローンと違いGPSや気圧センサーなどが付いていないので、静止(ホバリング)させるのが少し難しく、スロットルを微妙に上げ下げして高度を維持する練習が必要です。しかし難しいからこそうまくなると、色々なドローンの操縦も対応出来そうです

良い点
  • 低価格
  • 室内で飛ばせる
  • プロペラガードがついて安全
  • 手のひらサイズ
  • フリップ(回転技)がボタン一つでできる
  • パーツが豊富で好みにチューニング可能
  • FPV化しやすい
  • 技適取得済み
悪い点
  • Acroモード※が出来ない

※Acro(アクロ)モードは、ジャイロによる水平姿勢制御がOFFになり機体の傾き制限がなくなるのでフリップや急速旋回など思いのままの姿勢制御が可能で自由にフライトできるが、スピードコントロールや姿勢制御はすべてマニュアルになるため高度な飛行テクニックが必要。上級者向けモードです

初心者がハイパワーマシンを使うと操作がシビアで難しい

実はサイズが同じ(65mm)の少しグレードの高いHappymodel Mobula6 1S 65mmというブレシレスモータマシンも購入しましたが、初心者の私にはハイパワーすぎて扱いにくいです。性能も高く繊細な動きなので初心者にはかえってシビアでコントロール出来ない可能性があります。

私の場合に限るとですがもしEACHINE E010を購入してなかったら挫折していたかもしれません。

フリップ
ブラシモーターで通称615モーターといわれるサイズが装着されています。、現在はブラシレスモーターが主軸ですが、ブラシレスモーターは初心者には瞬発力がありすぎてコントロールするまでに時間がかかってしまったりして、上達が遅れる原因になるかもしれません。初心はズバリ!ブラシモーターが良いです

誰にでも扱いやすく、改造してFPVやレース仕様にも出来る「飛ぶミニ四駆」的楽しさ

EACHINE E010はトイドローンの入門機ですがロングセラーマシンなので、情報も豊富でパーツもかなりあります。パーツも安いので「飛ぶミニ四駆」的に遊べます。←これが楽しみで購入した面もあります。

ドローン
重さも20g以下です。なんと単3電池1本分より軽いんです!

初心者ドローン
サイズは「9.5cm X 9.5cm X 5cm」まさに手のひらサイズ

△人気のせい?か値上がりしてますね、それでも安いですが

Eachine  E010ミニ 2.4G 4CH 6軸 ヘッドレス   モード RCドローン   クワッドコプターRTF

Eachine  E010ミニ 2.4G 4CH 6軸 ヘッドレス モード RCドローン クワッドコプターRTF

△到着まで少し時間がかかっても待てる人ならBanggoodがよいです。というのもマイクロ系ドローンのパーツは日本にはまだあまりないので、ハマると輸入することになると思いますよ(笑)

このJJRC H36も中身はE010と同じです。この位飛びますよ!

はじめてのドローンには低価格・安全・簡単で初心者はEACHINE E010を購入すれば多分間違いないです、本当に最高に楽しいですよ!壁にぶつかっても床に落ちても全然壊れないのも素晴らしいです。しばらく使用して改造していこうと思います。

 

※画像は全てイメージです。
※記載している内容は2020年6月現在のものです。
※一般的な使用方法をご紹介しています。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。

 

 

△ギャレットモータースのオリジナルアイテムをみて見る

 

△インスタグラムやってます!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事