スポンサーリンク

ドローンの中でも最小サイズのグループにあたるマイクロドローンという種類は航空法の規制に触れないので日本でも比較的飛ばしやすいのが魅力です。ここでいうマイクロドローンとはFPVゴーグルを装着して飛ばす200g未満のドローンのことを差しますがこのマイクロドローン、進化が凄まじくモーターやカメラも1年で格段に進歩したりします。今回はマイクロドローンの定義と、初心者の私が本気で欲しいオススメのマシンを紹介します!

スポンサーリンク

最初にマイクロドローンの定義を(勝手に)考えてみた

マイクロドローンが小さいのは分かったけど、結局どういうものを差すのか混乱してきたので、初心者なりにマイクロドローンの定義を考えてみました。

1.プロペラ対向100mm以下
2.プロペラサイズ 2インチ以下
3.重量 200g以下(できれば100g程度が理想)
4.FPV飛行
5.バッテリー3S以下
6.気圧計や超音波センサーなどの補助機能なし

このあたりがおおまかな定義になると思いますが。
私はあえて以下も入れたいですね

7.カメラはHDか4K

マイクロドローンの色々な楽しみ方

初心者の私がマイクロドローンの楽しみ方をおもいつくだけ書いてみました

  • FPV操縦_鳥の目線で飛ばせる
  • アクロバティックなフリースタイル飛行が出来る
  • FPVドローンレースに出れる
  • 室内でも屋外でも飛ばせる
  • 比較的安全
  • 高画質カメラ搭載のものだと躍動感ある空撮が可能
  • カスタマイズが出来る
  • 機体もパーツも割と安い
  • キャンプや旅行などにも携帯しやすく、思いついたらすぐ飛ばせる
  • 航空法の規制外で飛ばしやすい

初心者の私が思うだけでこんなにあります!楽しいですよ〜

初心者にオススメのマイクロドローン

そんな楽しいマイクロドローン を現段階(2020年8月時点)で初心者の私が買うなら?と楽しく考えてみました

iFlight Alpha A85 4K

Caddx Loris FPV 4K カメラ搭載で4K60fps撮影可能、重量76.5g(バッテリーなし)と今欲しいマイクロドローンの筆頭

Eachine TRASHCAN 85 4K

機体重量が約64g!で「世界最軽量の4Kドローン」とメーカーが謳っていますね。カメラも4KのCADDX Tarsierとなっています。
お手頃で軽い4Kならこれもオススメですね。しかし3~4S使用なのに外部受信機がないみたいなんで電波弱め?なのかな〜

GEELANG UFO-85X 4K 

このゴキブリ感(汗)あえてのデザインなのでしょうか?カメラはCaddx Tarsier

Happymodel MOBULA 6 HD

1080P60fpsで録画できるハイビジョンカメラ搭載の1セル仕様のシネマティックフープ。
Runcam Spilit3 Liteを搭載、VTX一体式のフライトコントローラーにS-FHSS受信機も内蔵。65mm、27g、1セルというTinyWhoopの部類ですね。値段も安く画像も綺麗で気軽に飛ばせるHDならコレがオススメ。だが小さすぎなのと1Sなので外で風がある時は難しいかな?

マイクロドローン最高です。個人的にはTinyWhoopが好きですが、屋外だとどうしても風に流されてしますので、少し大きめのマイクロドローン(85mm位)が屋外にはオススメです。レースにも参加できうる、空撮に関しても4KやHDの高画質な画像をアクロバティックな飛行で自分のスタイルで撮影が可能なのも◎。カスタマイズも色々できますので、オリジナルな機体もつくれます。このマイクロドローンまさに日本にはぴったりのガジェットといえます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事