ラジコンを調べ出した話 11 ▷モーターを選ぶ
スポンサーリンク

R/C CARに使うモーターは2種類あります。BRUSHED MOTOR(ブラシ付モータ)とBRUSHLESS MOTOR(ブラシレスモーター)です。ここでは私がメインにする1/10 ドリフトラジコン(ラジドリ)の話に絞りますが。モーターは全てのメーカーで共通の540サイズという規格で作られています。これにより色々なモーターを選ぶ事が可能になっています

BRUSHED MOTOR(ブラシ付モータ)

  • 製品価格が安い
  • シンプル
  • メンテナンスが必要
  • 寿命がある

ブラシとコミューターというパーツで電磁石の極性の変化で回転します。2本のワイヤーを乾電池に繋げば回転する、シンプル構造

BRUSHLESS MOTOR(ブラシレスモーター)

  • 製品価格が高い
  • ハイパワー
  • メンテナンスがほぼない
  • 寿命が長い
  • 専用のESC(スピードコントローラー)が必要

電気の磁石と永久磁石の磁力で回転する。3本のワイヤーはECS側で極性を変更し回転力を作り出すのに必要

主流BRUSHLESS MOTOR(ブラシレスモーター)

ブラシレスモーターは比較的高価だが寿命も長く、メンテナンスも楽なので結果長く使えます。モーターのターン数で回転数・出力が決まり、数が少ないほどハイパワーです。このターン数、元々はブラシ付モーターのロータに巻かれたコイル数の巻き数に由来しています。
現在ではドリフトに特化したモーターも多数あるので、そちらも選択肢に考えて選びたいですね。

私が選んだのは、YOKOMOブラシレスコンボBL-SP4

初めてのブラシレスモーターに最適な、ブラシレス用スピードコントローラーとブラック アルマイトカラーのZERO2 13.5Tブラシレスモーターのセットにしました。

内容はブラックアルマイトBL-SP4スピードコントローラーと、様々なジャンルのRCカーに使える13.5Tブラシレスモーターのセット。
バッテリータイプの設定で電圧によるオートカット、加熱保護機能 (ヒートプロテクト)など安全面にも配慮されているのに低価格です。

シャーシーがYOKOMO YD-2Sなのでモーター系もYOKOMOにしました

ターン数の選択には悩みますが、Yokomoサポートライダーの森田さんのお話を見て(動画では17.5T位をオススメされていますが)私は13.5Tにしてみました

ドスログ / DOSLOGさん
CAGEMAN ch.さんのモーター比較面白いです

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事