Design
ラジコン・プラモデルにも使える、オリジナル ステッカー・デカールの作り方
スポンサーリンク

ラジコンにつけるステッカー・デカールを好きなデザインで作ると、マシンのオリジナリティがアップして、自分だけの世界にひとつしかない特別な1台がつくれちゃいます。
ステッカーの作り方にも色々ありますが、今回はカッティングマシンを使って本格的なステッカーを作っていきます

スポンサーリンク

カッティングマシンで作るステッカーは品質・耐久性共に◎、ただしフルカラーのアイテムは制作出来ません

カッティングマシンは自分でデザインしたイラストや文字をカットしてくれるマシンです。
看板やウィンドウディスプレイ制作においてはプロの現場でもよく使われています。

また熱ををかけて布に圧着できるアイロンプリントシートや学校、お店POPやオリジナルグッズ制作にも使える。色々なものを作る事ができる機械です。

ステッカーの素材となるカッティングシートを高品質なものにすれば、品質・耐久性共に優れたステッカーができます

△カッティングシート:屋外耐久5年のものなら耐久性にはほぼ満足できるでしょう。多めに買うと割安になるので、コストパフォーマンスもかなり良いですよ

↑カッティングマシンを使って色々なものを実際に作っています
↑スマホのステッカーにも向いています
↑プリンターとカッティングマシンを使えばフルカラーのステッカー製作も可能
スポンサーリンク

作り方

それでは実際にステッカーを作っていきます。
今回はタミヤのオフロードバギーラジコン グラスホッパー2に使うステッカーを作りながら
その作り方も説明していきます。

↑作り方の動画はこちらから見れます
つかうもの

・カッティングマシン(シルエットカメオ)
・カッティングシート(白・黒)

ステッカーのデザイン

デザインはアドビ イラストレーターで行いました、ラジコンのボディに貼る用なのもあり、全体的に小さめの大きさにしています

↑イラストレーターでデザインデータを制作
↑DXF形式で書き出し

カッティングマシンで出力

イラストレータで製作したデザインデータ(DXF形式)をカッティングマシンのソフトで読み込んで、カット用に調整したらカッティングマシンに送信します

↑カッティングマシンにはだいたい専用ソフトが付いてきます。その専用ソフトでデザインできる事も多いので、今回デザインに使ったイラストレーターは必ず必要ではありません

↑カッティングマシンは線をペンでなぞるようにカットしていくので、線が重なっていると綺麗にカットできないので注意したいです
↑カッティングマシンのソフトは高機能で分かりやすいものが多いので安心して使えます
↑白いステッカーを作るので、白いカッティングシートをカッティングマシンにセットします
↑カットされたら余計な部分を取り除きます(カス取り)
↑ステッカーデザインのレイアウトが崩れないように、上から粘着性のある透明なフィルムを貼って固定します(アプリケーションシート・粘着の強さに種類があります)
↑これで細かい部分が崩れなくなります
↑ステッカーの完成です
↑今回は黒いステッカーも使うので、同じ工程で黒色ステッカーも作っておきます

ボディに貼って完成

完成したステッカーを貼れば完成

↑ステッカーはスキージという道具を使うと便利です
↑細かいステッカーは気を使います
↑スキージを使って、空気が入らないように慎重に貼っていきます
↑好きな場所に、好きなだけステッカーを貼れるのが自作の良いところですね
スポンサーリンク

完成

車やバイク・ヘルメット等にも使えてDIYや副業にも大活躍!

カッティングマシンはハンドメイドやDIYを趣味にしている人にとっては、色々なモノが作れて大活躍します。
趣味だけでなくビジネスや副業でも使えるので、興味のある方は購入しておいても損はないのではないでしょうか?

↑カッティングマシンはグッズ制作に大活躍します

↑私はラジコンのボディ制作には毎回オリジナルステッカーを使います。業者にたのんで制作する事もあります

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事