工具の選び方とそろえ方⑤ドライバー
スポンサーリンク
photo Holly Ladd tools April 10, 2010

スポンサーリンク

最も身近な工具だから信頼できるものを


多くの家庭にも置いてあるドライバー。使用頻度も高いからこそ高精度の製品を長く使いたい

工具の中でも知名度No.1であろうドライバー。ネジを締める・緩めるだけの単純ツールですが意外に奥も深く種類もたくさんあります。現在はプラスネジ対応のプラスドライバーが主流。先端の精度と握りやすさを基準に選びましょう

PB SWISS TOOLS[PBスイスツールズ]

8190

人間工学に基づいた形状と素材
手の力を効率よく回転トルクへ変換できる優秀かつ定番の製品。特殊なバネ鋼で造られた精巧で強靭な先端部は確実な作業を可能にしたいます。ポリプロピレン・サントプレンの2種素材のハンドルは人間工学的デザインに基づいたマルチクラフトと同型で、厳選された表面素材により人間の手の硬度に近く、軟らかく温かみのあるスイスグリップにより更に引き出されます。ハンドル後部にはドライバーの先端形状のシンボルマークとサイズを表示していますので、作業に適したドライバーをすぐに選ぶことができます。また特殊な表面構造により、濡れた手で握っても滑りにくく、さらにオイル・ガソリンに耐性があり、汚れてもきれいに落とせます。
   

レインボードライバーセット

圧倒的信頼と精度が魅力
強靭で精巧な作りで信頼性の高いPBスイスツールズのドライバーセット。人間工学に基づいたグリップ形状と素材でしっかりと手にフィットする。先端は確実にネジ山をキャッチするのでネジをなめてしますリスクも減ります。またサイズによってハンドルのカラーを変えているため、判別が容易
 

TONE[トネ]

パワーグリップドライバー(貫通)

なめり防止と用途の広さ
手の中に収まりフィットするグリップで力を確実に先端へ伝える設計。人間工学に基づき握りやすさと回しやすさを追求し、二重構造の樹脂製に変更されたグリップには、コーポレートカラーであるレッド・ブラック・シルバーを意識し、よりスタイリッシュにリニューアルされました。ドライバーは、「なめり」を防ぐ「押しながら回す」という基本作業を自然にできるようにされています。グリップは、滑りにくく力を伝達する凹み形状で先端は溝を傷めにくい先端平行形状。スパナ・めがねをかけて増し締め、緩めができる六角ボルスター付

VESSEL[ベッセル]

ウッディ貫通ドライバー

手が滑らない木樹脂グリップ
木材70%とプラスチック30%を配合した『木樹脂』を独自の技術で射出成型。油がついても締め付け力がほぼ同じウッディドライバーは締め付け時のトルクに対してグリップ表面の粗い木材粉が油分の流動を止めるので、驚異のノンスリップ効果を発揮します。サビに強い黒クロームメッキ仕上げ
   

WERA[ヴェラ]

クラフトフォーム ダイヤモンドドライバー

刃先のダイヤモンド粒子がネジに食いつく
細かいダイヤモンドの粒子が刃先にコーティングされており、ザラザラのダイヤモンド粒子がねじに食いつくことで、カムアウトを防止する。またダイヤモンド本来の硬度が、刃先の摩耗を減少させることでツールが長持ちします。スパナなどで強力に締め付けられるボルスター付
       
使用頻度の高いドライバーは信用できるブランドにした方が長年使用出来るので、結果コストパフォーマンスも高くなる。ネジのサイズが分からない時は大きめのドライバーを使うのが基本で押す7:回す3で押し回しましょう。数千円で世界的に有名な老舗ブランドの逸品が手に入るのも道具好きにとっては嬉しい悩みだ
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事