本格派プロ仕様の製図用シャープペンシルは究極の機能美
スポンサーリンク
9年間愛用中のステッドラー シルバーシリーズ 製図用シャープペンシル 925 2.0mm(2代目)

学生時代、デザイン会社でアルバイトをしていたのですがそこでは毎回アートディレクターが書いた手書きのラフスケッチを元にMacでレイアウトをしていました。その際にアートディレクター(その時40才位だったでしょうか)がラフスケッチを書くのに毎回使用していたのが、写真のステッドラー社製の シルバーシリーズ 製図用シャープペンシル 925 でした

その見た目に惹かれて、数日後には銀座の伊東屋で購入していました

STAEDTLER(ステッドラー)とは

製図道具や筆記具の世界的なメーカーで創業以来ずっとドイツのニュルンベルクを拠点にしています。1662年に鉛筆を発明したフリードリッヒ・ステッドラー。その後、家内制手工業的方法で行われてきた鉛筆の生産は、1835年にその子孫であるヨハン・セバスチャン・ステッドラーによって会社化。鉛筆専門のメーカーとして鉛筆の大量生産をはじめています。現在でも品質の高い革新的な製品を多く開発しています。

ステッドラー シルバーシリーズ 925は低重心により安定したボディバランスで正確に描け、長時間の筆記でも疲れにくい設計です。4mmのロングスリーブ(2.0mm除く)を採用する事によって、視界を広く確保し、定規に密着しやすくなってます。グリップ部は安定感のある滑り止め効果があるローレット加工が施された金属が使用され、自分で設定できるシャープ芯の高度表示窓や色分けされた線幅表記など、細部までドイツらしい質実剛健・誠実で、真面目な造りです


私の使用している2.0mmのモノは、シャープペンシルと言うよりは、芯ホルダー※の部類の入ると思います

※芯ホルダーは、鉛筆の芯と同様の芯を使う筆記具で、製図やデザイン画、デッサンなどで使用されています。

シャープペンシルですが、鉛筆の書き心地に近いです

現在でもデザインラフや普段使いに使用しており使い捨てではない道具感もあり、非常に満足しています。


プロ仕様に憧れる気持ち

オーバースペックと言われようが「プロ仕様」という言葉には個人的にとても惹きつけられます。製図用という精密なイメージと、高級感と頑丈さ・安心感は
なんだかドイツ車を彷彿とさせます。モノ創りと国民性は関係性がありそうですね、ドイツ人には日本人に近い勤勉さを感じます

調べるとステッドラーの製品のほとんどはドイツ製ですが、この製図用シャープペンシルは、Made in Japanなのでした
ドイツと日本は相性が良いのかもしれませんね







スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事