Design
無地キャップにプリントして自作帽子を作る。アイロンプリントでも出来る
スポンサーリンク

コーディネートのアクセントとして、抜群の存在感を発揮してくれる、おしゃれ小物の代表がキャップ

キャップは季節やジャンルを問わず人気でファッション・スポーツアイテムとしてだけでなく、寝ぐせ隠しにも便利。

そんなキャップ選びに自作のアイテムを加えてみてはいかがでしょうか?

今回はデザインをアドビのイラストレーター、プリントをカッティングマシンのカメオ3でキャップを自作してみます!

スポンサーリンク

無地キャップにプリントしてオリジナルグッズを作る

キャップ制作にあたりまずキャップのベースを選びます

今回はメッシュのベースボールタイプにしました。

一般的にはベースボール(メッシュ)キャップはスポーティーな印象が強く、さらにツバがまっすぐになっているタイプはストリートのイメージで若者向けになってしまう傾向があり、少し着こなしが難しい部類とされています。

メッシュキャップは難しいと言われていますが、初めてで春夏向けなのと、加工のしやすさを考慮してメッシュキャップをベースにすることに決定しました。

↑メッシュタイプのキャップ、今回はこのタイプをボディに使用します。あまり子供っぽくならないように黒をチョイス

↑大人っぽさを求めるならローキャップが良いでしょう。ローキャップはトップが浅めのキャップのことですが、つばの部分がカーブしているキャップをローキャップと言ったりもします。アジャスターが金属だと雰囲気はさらに良いですね

▷ アマゾンで見てみる

キャップに入れるデザインを制作

プリントを入れるキャップの種類を決めたら、キャップに入れるデザインを考えて行きます。

キャップのテンプレート素材はオリジナル商品制作ショップのホームページにありますので。

そのテンプレートデータを使い、プリントするデザインを作っていきます。

基本のデザインは以前作った、ロゴを使用することにしました。

それを元にバランスや色などを決めていきます。

最初は色なしで考えて雰囲気をみていきました
おおよそのバランスを決めたら細かい部分を決めます。最近お気に入りの袋文字にしました。細かいデザインになりましたが、カッティングマシンで綺麗に出力できるでしょうか
デザインを原寸で印刷して、実際にデザインバランス確認をしましょう

デザインソフトをアマゾンで見てみる

デザインデータをおカッティングマシン用のデータに変更

デザインとプリントの大きさが決まったら、カッティングマシンでカットして転写シートを熱圧着でプリントします。

カッティングマシでデザインをA4サイズカットする事にしtので、
A4内に目一杯デザイン要素をいれました。
↑これは転写シートを無駄にしないようにする為です

カッティングマシンはSilhouette CAMEOを使用します。出力用ソフトは無料の専用デザインソフトウェア Silhouette Studio※を使用します。まず、イラストレーター(mac)で製作したデザインデータをdfx形式のファイルで出力後、Silhouette Studioで開きます。
先ほども説明しましたが、A4サイズ内に目一杯配置してあります
空白があると転写シートが無駄になるので効率よく配置して無駄をなくす為です。

※WindowsとMacに対応した専用デザインソフトウェアSilhouette Studioで、簡単にカットデータを作ることができます。

今回使用する転写シートは白色・厚さは80μm(0.08mm)。Silhouette CAMEOの設定はブレード2・速度4・カット圧6にしています。転写系の素材は最後に反転してカットするのを忘れないようにしましょう
カッティングマシンはSilhouette CAMEOで出力。転写シートは水平・垂直がまっすぐなるように配置しましょう
カット後に余分な部分を取り除くカストリという作業をします、転写シートは白だとかなり見えにくいので、カットしたものと同じデータを印刷して参照しながら作業しました
キャップの熱転写プリントにはキャップ用のアイロンプレス機を使います。
デザインの仮止めにはポリイミドテープという耐熱テープを使います
キャップ印刷はキャップのカーブとプレス機のカーブが合わないとシワが出てしまう時があります。キャップカーブに合わせたアタッチメントもあるらしいのですが、そこまでデリケートなのか現在研究中です

↑ベーシックな転写シートならアマゾンよいと思います

▷ アマゾンで見てみる

↑カッティングマシンは自作好きのはマストアイテムだと思っています。色々できます

▷ アマゾンで見てみる

▷ アマゾンで見てみる

↑アイロンプレス機は値段に幅があります。キャップ好き自作好きかビジネスにしたい方は買って損はないかもしれません

キャップに貼るシールも製作します

キャップのツバに貼ってある、直径5cmほどの丸いメタリック系シールを見たことがありませんか?

著者はあれが好きなんですよね〜。

つばに貼る丸いシールも自作してみます

↑つばに貼ってあるシール、元々はブラックカルチャーから来たものらしいです。単純にかっこいいと思います

メタリック系のシートを使い、文字を切り抜くので色は必要ありません。アウトラインが綺麗に線になっているかをしっかり確認。パスが一直線になってないと切り抜けません
実物に色をイメージして、メタリックカラーをつけてプレビューしてみました
今回使用するシールはメタリックで80μm(0.08mm)です。Silhouette CAMEOの設定はブレード2・速度4・カット圧10。熱転写シートと同じ厚さでも素材が違うとカット圧も変わります。シールも無駄が出ないように隙間なくデザインを配置します
シールサイズは無駄が出ないように、ステッカーシートのサイズを考慮して、サイズと個数を決めましょう
シールを台紙にセットする時、水平・垂直が正確になるようにしましょう
完成したシールをしつばに貼りました。写真でシールの上に貼られているには、レイアウトが崩れないように貼られた、アプリケーションシートというシートです。