メガネデザイン
スポンサーリンク

お洒落アイテムとしても定着している眼鏡ですが、小さい割にその人の印象を決めるくらいアクセントにもなります。

チョイスする種類で好みやスタイルまでも垣間見えたりして面白いアイテムが眼鏡。

今回は眼鏡に自作のステッカーを貼ってプチカスタムしてみました

スマホ用にも制作してみました、細かい出力のディテールをみるため、今回はイラスト(マスクマン)も出力してみましたが、細かい部分まで良く出ていました。カッティングマシンすごいですね
スポンサーリンク

眼鏡をプチカスタム 自作ステッカーで印象を変えてみる

ブランド眼鏡のテンプル部分によくロゴが入っていたりするんですが、そういうイメージで自分のブランド的にギャレットモータースのロゴを入れたいと思ったのがきっかけでした

△よくテンプル部分に入っているロゴ

△ストリート系?のブランドに多いのかもしれませんね

カッティングマシンで小さいデザインもカット出来る事が分り実際に作ってみた

テンプル部分に入っているロゴをよく見てみると刻印かシルクスクリーンが多いようです。どちらも個人が小ロットで行うには難しそう&お金もかかりそうだと半ば思い諦めていましたが、ある時カッティングマシンで小さい文字を出力してみたところ、かなり小さくても出力可能な事がわかり、もしかしたらステッカーでも近い事が出来るかも?と思い実際に制作してみました。

ゴシック系の書体なら1文字3mm程度でも出力できました!

耐久性の高いカッティングシートを使用

最初ステッカーなんてすぐ剥がれるんじゃないかな?というイメージでしたが、カッティングマシン用のステッカーシートには種類が多くあり、ショーウィンドウや車のデコレーションにも使える高品質なもの、5~8年も屋外使用でも耐えれる!という耐久性の高いシートまでもあります。これは使えそうだと思い早速試してみました

最初なので安いステッカーシートで試して見ましたがいい感じです。これはいけそうです!

↑20cm×10mで2千円以下!ですA4サイズで60円程度の安さが嬉しいです。ステッカーが大量に作れます(笑)

▷アマゾンでカッティングマシン用シートを見てみる

メリットは簡単に変更できること

カッティングマシン用のシートは車や看板に使われており屋外使用で耐久年も5~8年、ということはメガネのテンプル部分には十分使えそうです。

ステッカーチューンのメリットはステッカーの素材が安く入手出来る事はもちろんですが、最大の良さは気軽にデザインも文字内容も変えられることです。刻印やシルクスクリーンも素敵ですが、長く使うと色が薄れたり飽きたりする事もあるでしょう、その点ステッカーだと変更は自由自在で褪せたらすぐ新品にできます。

高い粘着力でしっかりとつきます。さすが看板や車にも使えるほどの耐久性。違和感もないです

作り方

作り方は簡単でアドビイラストレーターでデザイン後にカッティングマシンで出力したらほぼ完成です。カッティングマシンにはカス取りという余分な部分を取り除く作業が少し面倒ですが、基本的にはプリンターのように使えて簡単です。

▷アドビイラストレータを見てみる

オリジナルグッズ制作は最初にデザインを考える工程が最大のポイント

まずはデザインです。ここをしっかりと考えると自作のクオリティが格段とあがります。アドビイラストレーターというソフトで制作しています。

いろいろな書体やバランスを検討してみます

きまったデザインはカッティングマシンで出力するためにアウトライン化しましょう

出力データを制作

アウトライン化が終わったらDFX形式で書き出し

カッティングマシンで出力して眼鏡に貼っていきます

カッティングマシンはシルエットカメオ3を使用。出力用のソフトはシルエットスタジオ(無料)

離型紙(色の付いてないシールの土台側)を下にしてカッティングマシン にセット
カットが終わったら不要な部分を剥がす、カス取りという作業をします
切り抜かれた要素がそのままだとバラバラになってしまうので上から透明なアプリーケーションフィルムというフィルムを貼って仮止め

▷いろいろなカッティングマシン を見てみる

アプリーケーションフィルムを上から貼って固定
スキージで上からこするとアプリーケーションフィルムに貼り付きやすいですよ

↑アプリーケーションフィルムは粘着力の強さに種類があります。小さなデザインには強粘度がオススメ

今回使うステッカーが完成です。どれも2~3cm程度の大きさです
眼鏡のテンプルに貼ります。念のためパーツクリーナーで油脂を取りました(推奨できません!)
離型紙(色の付いてないシールの土台側)をはがしてテンプルに貼っていきます
アプリーケーションフィルムを剥がしたら完成です!

↑スキージは安価なものも多いですが、お気にいりを探すのがオススメ、ステッカー制作には良く使います

↑デザインナイフは持っておいた方がよいでしょう

↑私は定規は曲尺が好きです

完成

簡単お気軽に眼鏡のプチカスタムができました、眼鏡は顔に近く目につきやすいので、小さなパーツでもあるとないとでは印象が変わります。これはいいです、ステッカー制作すごく楽しいです。ステッカーで色々なグッズを作りたくなってきます。

写真だといい感じでブランド風になってますね(笑)肉眼でも完成度高いです。

実際に手で触ると分かりますが、刻印や厚盛の印刷によくある、ざらざら感にも近いです
色々なグッズにできそう、常に摩擦が加わる部分じゃなければ結構もつと思います
思ったより良くできて、かなり気に入ってます

 

眼鏡のプチカスタムは簡単で安価にできる割に満足度の高いカスタムでした。カッティングマシンはアパレル・サイン・ステッカー・ペーパークラフト・革・布小物から模型やプラ板アクセサリーまで作れて、自作でつくれそうなものが非常に多いです!DIY&グッズ制作好きにはカッティングマシンと熱プレスマシンがあればいろいろ作れますね〜。デザインが好きなら尚更たまらない楽しさです。作りたものが他にも沢山あるので、今後もいろいろなプチカスタム含めグッズを制作していきます

 

※画像は全てイメージです。
※記載している内容は2020年6月現在のものです。
※一般的な使用方法をご紹介しています。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。

 

 

△ギャレットモータースのオリジナルアイテム

 

△インスタグラムやってます!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事