足回り簡単セッティング
スポンサーリンク

RC CAR初心者で大掛かりなセッティングやアイテムがない場合でもマシンの操作に慣れてきたら何かをセッティングしてみたくなると思います(笑)。今回は簡単で効果のある足回り(リア)のセッティングについて説明します

スポンサーリンク

初心者・入門機でマイルドな走りにセッティングをしたい

初心者のマシンでは思いどおりに操作できる、真っ直ぐ走ることが重要です。走行反応があまりに良いと走行もシビアにありがちなので、まずはマイルドな走行にすると曲がりも直進も余裕が出ることが多いので、まずはマイルドなセッティングをめざしましょう。では実際にどうするかというと

ダンパー取り付け位置(穴)を変えるだけ

 です。簡単かつ効果的なのでまずはやってみましょう。

変更で変わること

ダンパーの取り付け用の穴を変更するだけというお気軽セッティングですが、スプリングの硬さを調整できるのでダンパースプリング交換に近い効果も得られます。ダンパーの取り付け角度が変わるということはサスとダンパーの動きが変わるので効果は折り紙つきです

▲ダンパーを外側にした場合はスプリングが硬くなりグリップの高い路面に
ダンパーを内側にした場合はスプリングが柔らかくなり底グリップコースに

▲ロワサスアーム(下側)でも角度は変更でき、こちらは内側だとダンパーが立ち(硬く)、外側だとダンパーが寝る(柔らかく)なります

より高度なセッティングをしたいならオイル・スプリング変更

余裕や知識があるなら、路面状況に合わせてスプリングやダンパーオイルを交換する事でより細かいセッティングと様々な状況に対応できます。スプリングとオイルはそれぞれ役割がありますが、スプリング交換のほうが簡単にできるのでスプリングからにしましょう。目安はふらふらする場合(硬め)、グリップが弱いと感じ操縦のしづらさをを感じたら(柔らかめ)です

スプリング=路面ショック・コーナリング負荷吸収

オイル=ショック吸収時の速度調整

▲ダンパーオイルはまずキット標準を基準にします。それを中心に違う硬さを前後100番位で揃えるとよいでしょう

▲スプリングもキット標準から硬軟1段階で揃えましょう

 garrettmotors item(ギャレットモータース オリジナルアイテム販売中)!!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事