ウエストポーチの作り方
スポンサーリンク

ウエストポーチは、両手が自由に使えるので、ちょっとした外出や旅行、ハイキング・アウトドアなど幅広いシーンで使えて便利な腰や肩にかけて使うポーチです。最近は人気ブランドからも続々発表されていて、その人気と利便性から定番にアイテムなりました。

そこで今回は、GUのセールで購入したウエストポーチを使ってオリジナルウエストポーチを作って行きます。

スポンサーリンク

390円で購入したGUのウエストポーチをオリジナルグッズに

GUは普段から購入しやすい価格ですが、今回素材として購入したウエストポーチはセールになっており、390円という破格のプライスになっており即購入しました。最近のGUは品質も安かろう悪かろうではないものも多く、リメイク用のアイテムを探しによく行きます。

丸みを帯びた少しやわらかいデザインのウエストポーチ。止水ファスナーでミニマルなデザインもリメイクしやすいですね。CORDURA(R)素材を使用し、強度と薄さに加え軽い素材です。CORDURA(R)は、耐久性に優れたファブリックに対するインビスタ(INVISTA)社の登録商標だそうです
表地:ポリエステル100%,裏地:ポリエステル100%
開閉方法:ファスナー開き、外ポケットあり,、サイズ】縦17×横(上部)20cm、マチ(上部):7.5cm、ショルダーの長さ:~120cm
人気のウエストポーチを見てみましょう

ザ・ノース・フェイス

↑ザ・ノース・フェイスは1968年創業のアメリカのアウトドアブランド。リュックやダウンジャケットも人気があります

パタゴニア

↑「パタゴニア」は1957年創業のアメリカのアウトドアブランド。フリースを最初に作ったブランドとしても有名ですね

ポーター

↑「ポーター」は吉田カバンが運営するブランド。一貫した国内生産を標榜し、カジュアルやビジネスなど性別、年代を問わず様々な商品を発表している人気ブランド


①デザインを考える

最初に入れるデザインを考えます、デザイン入れる部分のサイズをウエストポーチで測ってから、サイズを決めてから作りましょう。Adobe Illustratorで作りましたが、カッティングマシンの付属ソフトSilhouette Studioでもデザインできます。

デザインはアドビ社イラストレーターを使います。今回はA4サイズの台紙で制作
入れるサイズに合わせてデザインを決めます

②データ化する

デザインがきまったらカッティングマシン(シルエットカメオ)で出力できるデータにします。イラストレーターのデータからカッティングマシンで出力できるようにするには、DXF形式(AutoCADバージョンを [R13/LT95]、または [R14/LT98/LT97] )で書き出します

デザインが確定したら、アウトライン化してDXF形式(AutoCADバージョンを [R13/LT95]、または [R14/LT98/LT97] )で書き出します

③Silhouette Studioで開く

出来たデザインをSilhouette Studioで開いて調整します

④デザイン準備完了

Silhouette STUDIOで開いて調整したら準備は完成です。Silhouette STUDIOは複製や加工、テキストを使ったデザインなども簡単に作成できます。わたしは熱転写シートが無駄にならないよう、ストック用も踏まえて余分に作っておきます。最終的に送信する際にはデザインのミラーリング(反転)を忘れずにしましょう

デザインパーツを配置したらデザインを反転してから出力します。またカット条件を選択して刃の設定もして下さい。(今回は熱転写、スムーズに設定)

⑤熱転写シートをセット

熱転写シートをカッティング用台紙にセット

⑥カット

カッティング用台紙をカッティングマシンにセットしたら、いよいよ出力しましょう

⑦余分な部分をカス取り

デザインがカットされた後、余分な部分をカス取りしていきます。
文字の中心も取り除きましょう
デザイン素材の完成です

⑦ヒートプレス 機で定着させます

最終的にプリントする位置を考えます。わたしは定規で測定します
耐熱テープで仮止めしてからヒートプレス 機で定着させます
ポリエステル生地なので120度で20秒プレス

⑧完成

側面と上部にプリント
デザインが少し大きすぎました。。。(苦笑)

GUをリメイクしたオリジナルウエストポーチ

本体と材料費を合わせても500円以下というリーズナブルな費用でオリジナルポーチができました

 ギャレットモータースの文字とアイコンでデザインを構成
デザインのサイズが少し大きすぎました...もう少し小さくしたかった
上部は良い感じ
張りのある素材
上部だけでも良かったかな

ちょっとした物が入りますね。今なら財布・スマホ・小さい消毒液とかかな
簡単に安く楽しく作れます
使った材料

カッティングマシン カメオ

△熱転写シートやステッカーシートでオリジナルグッズが1つからできます。ペーパークラフトなども得意

熱転写シート 白

△カットしてアイロン圧着すればオリジナルグッズが簡単にできます。アパレルグッズ制作には必須

ヒートプレスマシン or アイロン

△熱転写シートや昇華プリントの熱圧着やインク乾燥にも使えます

△熱転写シートはアイロンでも圧着は可能です。1枚だけならこれもあり!ですが素材によっては少し難しいです

 

※画像は全てイメージです。
※記載している内容は2020年11月現在のものです。
※一般的な使用方法をご紹介しています。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。

 

 

ギャレットモータースグッズ販売
△ギャレットモータースのオリジナルアイテムです。どうぞよろしくお願いします

 

△インスタグラムやってます

 

△YouTubeもたまに更新してます
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事