シルクスクリーンでアルファベットモチーフのTシャツを自作
スポンサーリンク

オリジナルTシャツづくりでシルクスクリーンの版も自作すれば、自分の好きなサイズのデザインができます。今回は大きな印刷サイズで作るシルクスクリーン印刷を自作してみます

スポンサーリンク

デザインとサイズを決めていきます

デザインを考えるにあたり今回は大きめのサイズで行くことを前提として考えます。今回作る版は5号(31×40cm)のアルミ枠を使用するこにしました。わたしが趣味で作っている犬好きが作るオリジナルブランドのCANINI(キャニーニ)のアイテムでHUMAN ANIMAL BOND(キューマンアニマルボンド)という指標にしているワードの頭文字のHをモチーフにしてデザインを考えていきます。

ヒューマン・アニマル・ボンド

ヒューマン・アニマル・ボンド (英文:Human Animal Bond) は、略してHAB (ハブ) とも呼ばれ、『人と動物の絆』のことであり、コンパニオンアニマルの社会的認知を高めるとともに、人の暮らしの中に動物と触れあうことで得られる効用を活用しようという活動の根本となる考え方である。HABの対象動物はおもにイヌである。

引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アイテム名:The H teeとしました

今回はHの文字をモチーフにデザインしました。Hを少し変形させて私の事務所周辺の地図をデフォルメして、上にある数字は事務所の緯度経度です、意味があるようでないようである(笑)といったところでしょうか。当初の目的どうり印刷面のデザインは大きめのサイズで仕上げました

着用イメージをモデルで撮影する

Tシャツは着る人によって大きくイメージが変わりますので、個人的には着用イメージまでがTシャツデザインのような気がしているので、可能な限り自分の想像する着用イメージも撮影しています。世界観を作るのがブランドづくりの第一歩なので、趣味ですが色々と試行錯誤して製作楽しんでいます。今回はイメージと写真が自分のやりたい方向に表現できたと思います
世界観まで表現できると自作のTシャツづくりはさらに楽しくなる

Tシャツだけだとイメージが伝わりづらくとも、イメージ写真まで製作するとより世界観が伝わりやすくなりますよ。自分のイメージと表現が同じ方向に向かうのが理想ですが、なにぶん全て一人のハンドメイド、あたふた(汗)でまだまだ勉強中です。

犬好きのブランドなのでやはり犬は飼っているイメージです
愛犬家だけど適度な距離感もある感じでしょうか
今回の個人的ベストショットです。良いバランスでイメージを出せたと思います!
趣味でも本当のブランドのように活動すると面白い

趣味でハンドメイドアイテムですが、ただ製品をつくるよりブランドのように周辺アイテムや背景ストーリーも製作していくと楽しいですよ!お客さんもいないので究極の自己満足の遊びですが。。。

知り合いの美容室とモデルさんに協力していただいてヘアメイクもしています
Tシャツをシルクスクリーンで自作で作るとショップのクオリティに近いものが出来ます。Tシャツの自作でシルクスクリーン印刷やデザインも楽しいですが、本当のブランドのようにコンセプトとシーズンごとに新製品を考えてイメージ撮影までするもっと楽しいですよ、自分が欲しいブランドを自分で作るイメージです。ただしファンもお客も自分一人ですが(笑)。もの作りと自分大好きな方にはぴったりの趣味かもしれまっせんね

今回の5号(31×40cm)のアルミ枠、メッシュ(テトロン150)は渋谷の三彩で購入しました。合計3,600円程でした

by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事