ステアリングとスクラブ半径の関係性
スポンサーリンク

スクラブ半径とはマシンを前から見たときに、キングピン中心線が路面と交わる点とタイヤの接地面にかかる力の作用点との間の距離。値の大小によって車の操縦性に関わっていまます。タイヤの路面に対する抵抗に関係しています

延長線の交点がタイヤの中心点より内側にある場合ポジティブロールラジアス[左]
延長線の交点がタイヤの中心点より外側にある場合ネガティブロールラジアス[右]
出典:Pro-Auto
 
スポンサーリンク

スクラブ半径と走りの関係

ステアリングを切った時もおこる円運動の半径がスクラブ半径なので、スクラブ半径の増減でステアリングの効きがかわりますよ

キングピン軸の路面接点とタイヤの接地面の中心までの距離(写真のr)
長いとスクラブ半径は大きくるので、タイヤの移動距離が大きくなり
短ければ半径は小さく移動距離小さくなります。
下の図のようにrが大きいとマイルドになり、小さいとリニアになります。
この半径rはホイールのオフセットでも変更できます
スクラブ半径 スクラブ半径
マイルドなハンドリングリニアなステアリング
ホイールベース大ホイールベース小
ゆるめの挙動シビアな挙動

小さすぎるスクラブ半径に注意

スクラブ半径が小さすぎるとステアリング操作時に接触する場合があるのできをつけましょう

オフセットの変更ではアーム調整が必要になることも

ボディとホイールをオフセットでツライチにした場合、スクラブ半径の大きくなるので、ルーズ感がでてしまう事も、リニア感重視の場合はアーム長を調整したりして適切なスクラブ半径に戻しましょう

キングピンとは
ハンドルを切ったとき、車輪が転舵する中心軸のこと。リジッドアクスルではキングピンの中心軸である。ダブルウイッシュボーン式やマルチリンク式サスペンションでは上下のアームのボールジョイントを結んだ線、ストラット式サスペンションでは、ストラットマウントの中心とロワアームのボールジョイントを結んだ線をキングピン軸という。後者のようなインディペンデントサスペンション(独立懸架)では、正確には仮想キングピン軸である。キングピン軸の位置と傾斜はキャスター角、キャスタートレール、キングピン傾角、キングピンオフセットに関係し、操縦安定性、操舵力特性に大きく影響する。 

ホイールオフセットとは
ホイールのリム中心面とホイールのハブ取付け面との距離。mm単位で表示する。リム中心面がハブ取付け面に対して、車両内側にあるホイールのオフセットをインセット、両者が一致するものをゼロセット、車両外側にあるものをアウトセットという。トラックのダブルタイヤの場合は、一般にアウトセットをオフセットと呼んでいる。

引用:大車林

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事