3シーズン使える薄手のモッズコートをオリジナルで制作
スポンサーリンク

定番人気のアウターであるモッズコートは、定番ゆえにシルエットやディテールなど様々なタイプがあり、カジュアルからきれいめにも着られ、薄手なら春はもちろん、インナー次第で秋冬にも活躍します。ミリタリーを起源とするので機能的でタフな所も魅力的。そんな着こなしの幅も広いメンズモッズコートをオリジナルデザインで作ってみます

スポンサーリンク

モッズコートってどなんなモノ?

モッズコートとは、米軍が採用した野戦用パーカー「M-51(エムゴーイチ)」のことを指しています。
特徴としては、大きめサイズのボリュームのあるロングアウターで、フィッシュテールと呼ばれる二股に分かれた後ろ裾が特徴的です。また、裏地やフード、袖周りにファーが付いているものもあり防寒性に富んだ仕様も多くみられます。

モッズコートが人気なのは機能だけでなく、大きいシルエットとロング丈が功を奏し、ボトムの組み合わせだけで、ある程度オシャレに見せることが出来るところも魅力。

防寒着としての機能性から襟が高く口元まで届くような仕様になっているのが基本で小顔に見せる事が出来てすっきりとした印象に見せてくれるという便利アウターでもあります!

まずは
人気ブランドからも発表されている、今手に入るモッズコートをいくつか見ていきましょう

冬定番人気のミリタリーアウター:モッズコート

WAIPER別注 HOUSTON タイト M-51パーカ

 

Buzz Rickson BR12266 M-51

 

ROTHCO ロスコ M-51フィッシュテールパーカ

 

冬は中にライナーを着れば暖かさUP!

オリジナルデザインのモッズコートのつくりかた

モッズコートにオリジナルデザインを入れて、世界にひとつのモッズコートを作っていきます

長めのコートは色々隠れて便利です!身長が低くむっちりしていても(筆者です)、なんとか着こなせますよ🤗

作り方の3工程

つくるのに必要な工程は大きく分けて3つです

1.デザインをつくる
2.カッティングマシンで出力
3.熱転写して完成
使うモノ

United Athle Worksモッズコート

モッズコートのベースはアパレスブランドなどにもボディとしてよく使われているユナイテッドアスレにしました。このモッズコート、薄手ですがポリエステルの耐久性と綿の快適性を兼ね備え、型崩れが少ないT/Cウェザー素材を使用したシンプルで飽きの来ないデザインと、サラっと羽織れるライトな着心地が魅力のアイテム。裾は前後で丈の長さが異なり、下に向かって幅が広がっていくフィッシュテール。シルエットは程よい大きさで普段使いは勿論スーツの上に一枚羽織るなど、ビジネスシーンでも活躍するコート。冬もインナーダウンなどでいけるのでは?自分で試してみます!

 

カッティングマシン シルエットカメオ4

私にとってアパレル制作に欠かせないのがカッティングマシンです。いろいろなアイテムが作れます

 

アイロンプリントシート(熱転写シート) 白&黒

アイロンプリントシート(熱転写シート)はプリンターでいうインクの代わりのような使い方ができます

 

アイロン/ヒートプレス機

アイロンプリントシート(熱転写ラバーシート)を生地にプリント(定着)させるのにアイロンを使います。熱転写に特化したヒートプレスマシンもオススメ

1.デザインを考える

最初にデザインを考えてみましょう!このモッズコート制作でのデザインは
何をどこに、どういう大きさと色で入れるかを考えることです。

デザインはITC Officina Serif Stdというフォントを使ってアレンジしていきました。イラストレーターで制作したデータをカッティングマシンで出力する為には、アウトライン化してDXF形式(AutoCADバージョンを [R13/LT95]、または [R14/LT98/LT97] )で書き出してからカメオについてくるWindows と Mac に対応した 専用デザインソフトウェアSilhouette Studio®で読み込みます

2.カッティングマシンで出力

カッティングマシンにデータを送信します。カットして余分な部分をカス取りすれば、デザイン素材の出来上がりです

Silhouette Studio®で読み込んだ後にサイズを微調整して出力。刃の設定はブレード1:速さ3:厚み6。素材(アイロンプリントシート[熱転写ラバーシート ])の厚さは80μです。今回使うデザイン以外のオブジェクトもたくさんデータにありますが、今後他で使う時のためと、アイロンプリントシート(熱転写ラバーシート)の空白はゴミになってしまうので無駄にならないように出力しています。
出力前にデザインを反転するのを忘れずに!

アイロンプリントシート(熱転写ラバーシート)を使うサイズに合わせてカットして、カッティングマシンの台紙に貼り付けます。カッティングマシンの台紙は再剥離糊が付いているのでそのまま密着できます
台紙をカッティングマシンにセット。まっすぐにセットしてあり、アイロンプリントシート(熱転写ラバーシート)表面が平らになっているか確認しましょう
出力されたら余計な部分をカス取りします
取り残しがないように注意しましょう

3.熱転写して完成

出来上がったデザインを熱プレス後、アイロンプリントシート(熱転写ラバーシート)表面についているプラスチックシートを冷めてからはがせば完成です!

背中には黒色のボデイにあえて黒いデザインをのせてみます
間にシリコンペーパーなどを置いて、熱プレス(ポリエステル 65%、綿 35% ウェザークロス素材なので160度程度で20秒)
黒生地に黒色でデザインをいれましたが素材感の違いで良い具合に入りました
前の胸部分にも小さくデザインを入れます、ここは白色で入れることにしました
こちらも間にシリコンペーパーなどを置いて、熱プレス(160度程度で20秒)
前側には小さいデザイン。その分、白色ではっきりと見えるようにしています
アイロンプリントシート(熱転写ラバーシート)の定着を上げるために仕上げに2秒ほどプレスします

完成したGARRETTMOTORSオリジナルモッズコート

後ろ側のデザインが気に入っています
前にも小さいアクセントをいれています
モッズコートは初めてですが、ざっくり感や丈感もいいですね。型崩れが少ないT/Cウェザーで形状安定機能になっているそうです
薄手なので、インナー次第で秋〜春まで3シーズン着れそう。軽めに着れそうなのもいいです
フードもついていて、生地も撥水・防風加工されています。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事