ギターの象徴フェンダー・ストラトキャスターとバディ・ホリー
スポンサーリンク

1954年にデビューした「フェンダー・ストラトキャスター」は60年以上の歴史があり、ギブソン・レスポールと並んでエレキギターといえばフェンダー・ストラトキャスターを想像する人も多いギターの象徴的アイテムでしょう。そのフェンダー・ストラトキャスターを最初にポピュラーにしたのが、22歳という若さでこの世を去ってしまった天才早熟ミュージシャンのバディ・ホリーです。今回はフェンダー・ストラトキャスターとバディー・ホリーについてです

現代でも人気のフェンダー・ストラトキャスター。大きな特徴は
3つのピックアップからなる多彩なサウンドバリエーション。ハイポジションが弾きやすい。アーミングができる。自分なりの調整やカスタマイズが可能。などがあります
スポンサーリンク

ギターの象徴フェンダー・ストラトキャスターとバディ・ホリー

フェンダー・ストラトキャスターはエレクトリック・ギターの大定番ロングセラー製品

バディ・ホリーが愛用していたフェンダー・ストラトキャスターは60年以上の長い歴史があり、その品質はすべての音楽ジャンルに対応する範囲の広さ、リプレイスメントPUのラインアップ、その他の改造用品も多数あり、多くのギタリストから今も愛されています。元々は主にカントリー・ミュージックのギタリストやブルース奏者に使用されていたストラトキャスター。それをバディ・ホリーが当初、カントリー・ミュージックを志向していたために使用していたものを、ロックンロールに転向した後も使用し続け、大人気を博したことをきっかけに、後のロック・バンドもこのストラトキャスターを取入れるようになりました。また初心者にも弾きやすいギターとしても知られ、全レベルのギタリストにおすすめできる名機です。

フェンダー・ストラトキャスターを使用しているミュージシャン

エリック・クラプトン/ジミ・ヘンドリックス/ジェフ・ベック/リッチー・ブラックモア(deep purple)/エリック・ジョンソン/デヴィット・ギルモア(pink floyd)/スティービー・レイ・ヴォーン/エディ・ヴァン・ヘイレン/イングウェイ・マルムスティーン/ジョン・フルシアンテ(red hot chili peppers)/ジョン・メイヤー/Char/浅井健一/菅原卓郎(9mm parabellum bullet) 他多数

▷ アマゾンで見てみる

フェンダー・ストラトキャスターを愛用したバディ・ホリーが残した偉大なサウンド

1956年にデビューしたバディ・ホリー(Buddy Holly、1936年9月7日 - 1959年2月3日)本名チャールズ・ハーディン・ホリー(Charles Hardin Holley)は、テックスメックスと呼ばれる独特のサウンドと大きな黒縁メガネの見た目は派手イメージなロックスターとはかけ離れた外見でした。ロカビリーやリズム&ブルースに近い音楽とプレスリーにも見られる「ヒーカップ唱法」。シンプルな3コードの美しい曲・弦を激しくをかき鳴らすワイルドなストローク等、当時では革新的なサウンドの数々を発表しています

5月27日「ザトル・ビー・ザ・デイ/アイム・ルッキング・フォー・サムワン・トゥ・ラブ」発売。初動は悪かったが徐々に売り上げを伸ばし8月全米 No.1ヒット(R&B2位)を記録。9月には100万枚を突破、ミリオンセラーとなる。出典:Wikipedia
日本での知名度はあまり高くないようですが名作映画『スタンド バイ ミー』に使われたEverydayはバディホリーの曲です

▷ アマゾンで見てみる

▷ アマゾンで見てみる

ビートルズにも大きな影響を与えたバディ・ホリー

ビートルズの名前はバディ・ホリーのバンド「クリケッツ」からあやかってつけた程、崇拝していたようです。ジョン・レノンは16歳でホリーを知ってから、彼を崇拝するようになり、レコードを聴きながら、ホリーがどうやってあんなサウンドを出しているのか、オタク的な強い関心を持っており、ホリーの音楽は、とても巧みに構成されていて、ロックとは何かを知る上でのお手本にしていたようです。ポール・マッカートニーは「僕は、バディのヴォーカルスタイルが未だに好きだ。そして彼が自分で曲を書いたこともね。ビートルズにとって重要なことの一つは、自分たちのオリジナルの作品を書き始めたことだった。ジョンは、バディ・ホリーの影響を受けてオリジナルの作品を書き始めたんだ。」とインタビューで語っています。

当時大活躍していたバディ・ホリーでしたが、1959年2月に飛行機事故によって22歳の若さで亡くなりました。
その飛行機に搭乗していたパイロットとバディ・ホリー、同乗していたリッチー・ヴァレンス、ザ・ビッグ・ボッパー(共にミュージシャン)の4人全員が死亡したこの日は、のちに「音楽が死んだ日」と呼ばれるようになりました。この時一緒に亡くなったリッチー・ヴァレンスは当時17歳「ラ・バンバ」で有名なミュージシャンですが私が好きな曲は「ドナ」でした。このあたりは映画『ラ★バンバ』で映像化されています

↑この映画でルー・ダイアモンド・フィリップスのファンになりましたが、のちにDVをしていたという報道を見てがっかりしたのを覚えています

バディ・ホリーが愛したフェンダー・ストラトキャスターを今買うなら

バディ・ホリーが使用していたヴィンテージ品は大変高価になっており、普通に購入は難しいですが、同じ型もしくは近いタイプのストラトキャスターは現在も新品がでており購入できます

現在フェンダーのギターは、見た目は似ていても内容の違うラインが大きく分けて以下の3つがあります

  • フェンダー・カスタムショップ(FCS):フェンダー最高品質
  • フェンダーレギュラーライン:王道メインの製品
  • Squier by fender:低価格製品

値段が大きく違いますので、予算に合わせて購入することになりますが、低価格製品でも私のような初心者にはじゅうぶんすぎる品質です。※中古もありますが初心者のうちは避けたほうが安心かもしれません

↑廃価版の低価格製品。私はこちらをチョイスしました

↑少し予算があるならこれが欲しいですね

↑ヤードバーズやクリーム等、多くの世界的バンドのギタリストを経験し、今や世界を代表するギタリストとなったエリッククラプトンのシグネイチャーモデル

▷ アマゾンで見てみる

 

フェンダー・ストラトキャスターのある風景をみてみましょう

↑エリッククラプトン。レジェンドですね

↑大好きなレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ

↑Original ‘60s Stratocaster  オリジナルのヴィンテージです綺麗!

↑エレクトリックギターといえばフェンダー・ストラトキャスターです、アメリカの良さが凝縮されています

 

エレクトリックギターの象徴と言われるフェンダー・ストラトキャスターとそのフェンダー・ストラトキャスターを有名にしたと言われるバディー・ホリー。バディー・ホリーの曲を映画『スタンド・バイ・ミー』で知ってからバディー・ホリーのファンになりその後フェンダー・ストラトキャスターを知りました。バディー・ホリーの活躍していたのはずぶん昔の時代ですが、今でも新鮮で色褪せない魅力がありますね。そしてその魅力を感じる度に、アメリカという国には素敵なカルチャーとパワーがあるな と思った事を思い出します

 

 

※画像は全てイメージです。
※記載している内容は2020年4月現在のものです。
※一般的な使用方法をご紹介しています。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。

 

garrettmotors item(ギャレットモータース オリジナルアイテム販売中)お時間あればぜひご覧ください!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事