ラジドリYD-2Sとラジドリボディの魅力
スポンサーリンク

私は現在ヨコモのYD-2Sを使用しています。ラジコンを欲しくなってから色々調べてYD-2Sを購入しました。結果このマシンは初心者にはうってつけの完成度の高いマシンだと思います

スポンサーリンク

YD-2Sは2駆ドリでも定番マシンでノウハウも豊富

ラジドリで最近主流の2駆ドリの中で定番マシンで一番売れているであろうYOKOMOのYD-2シリーズはユーザーも多いのでチューニング・セッティングのノウハウも蓄積が十分あり、オプションパーツも豊富ですので初心者でも迷う事が少ないでしょう。何より構造がシンプルで値段が安いのではじめての1台にぴったりだと思います。私の選んだYD-2Sはモーターが高い位置に搭載されており、後ろのタイヤの踏ん張りがきくのでPタイルなどの滑りやすい路面でも扱いやすく設計されているのでより走りやく、初めてでもドリフト走行を楽しみやすいのが特徴です

ラジドリの魅力のひとつボディメイク

リアルなマシンを作り込むのもラジドリの大きな魅力です。ドリフトシーンの盛り上がりをうけて様々なメーカーからたくさんの種類のボディやエアロパーツが発売されており、実車さながらのリアルボディを作り、走行以外の部分でも楽しめる部分があるのも魅力のひとつではないでしょうか

TAMIYAのDATSUN240Zボディは個人的に大好きなロングノーズショートデッキ
私のYD-2SもTAMIYAも240Zでヴィンテージ感を意識して作りました
ロングノーズボディのデザインは特徴的で大好きです
自分でデザインしてステッカーも作りました
ステッカー制作過程を動画にしてあります
TAMIYA PORSCHE 911 CARRERA RSRのボディも最高ですね
カー・オートバイ・ミリタリー・飛行機・艦船・恐竜・ラジオコントロールカー
★★星のマークでおなじみの【TAMIYA】

自分の好きな車を実車さながらに操る楽しさ

私の場合はラジコンが好きで始めたというよりも、好きなデザインの車をプラモデル的に作り、実際に走らせたり、写真撮影をしたくてはじめました。なのでマニアックなチューニングやセッティングにはそこまで興味がなく、見かけ重視のミーハーなファンかもしれません(笑)。グリップだと走行スピード勝負なので速すぎてしまいボディの損傷も激しく消耗も早いので、綺麗なボディを長く保ちたい私には不向きでした。YD-2Sは初心者でもドリフトしやすく、すぐに楽しめる上に見た目を重視する私にはうってつけでした

ものすごいクオリティのマシンから
日本の名車TOYOTA86好きの人は走行もリアルを目指していたりします
ここまで行くと何がなんだかわかりません(汗)
いかにもヨーロッパ的な好みですね

楽しみ方はそれぞれ、それがラジドリの魅力

競技志向で走りを追求する、リアルな実車に近いドリフトを目指す、集団走行、サーキットで自分の理想の走りを追求、ボディーワークに拘る、好きな車をドレスアップしてドリフトする等、楽しみ方と付き合い方は自由で今までのラジコンとは少し違う楽しみがあります。特にYD-2Sは価格も安く操縦もしやすいのでどういうスタンスでラジドリをするにしても初心者にはオススメです。のめり込むもよし、気軽に走らせるもよしで趣味一つとしてはとても面白いですよ

マッスルカーも絵になります
ピックアップトラックでドリフトも面白そう、ピットも良いですね。自分もこういうセットを作り撮影したいです
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事