Ken Block 1965 Ford Mustangのラジコン
スポンサーリンク

ラリークロスやWRCで活躍するケン・ブロックがスーパーテクニックを駆使して街中をドリフトで爆走するジムカーナ7の中でフィーチャーされた1965年式フォードマスタングHoonicorn RTRの1/10スケールR/C CARを発見しました。(RTRなのでメーカー完成済みラジコンカー。プロポや車体、ボディがセットされ組み立てが完了した状態で販売されています。面倒な組み立てや塗装をしなくてもすぐに走行が可能。)実車では845馬力を生み出すモンスターユニットの存在感がハンパないです!その強烈な印象を与えるビジュアルのメインがタービンです。今回のhpi・racing社製R/C CARにはタービンもしっかり再現されておりいい感じです!ボディカラーとホイールもうまく複製してありカッコ良いですね。このR/C CARは四輪駆動なのでケン・ブロック同様のスピードに乗った豪快なドリフトもできそうです

引用:hpi・racing

実車のSPECは
・ エンジン:Roush Yates社仕様の40立方インチ「Ford V8」、ITB(Individual Throttle Bodies:エアインテークのパーツ)搭載、845馬力
・ トランスミッション:Sadev製SC90-24 6速全輪駆動トランミッション(油圧ハンドルブレーキシステム搭載)
・ サスペンション:ASD Motorsports社製カスタム仕様
・ ボディ:1965年製ワイドボディ「フォード・マスタング」(フレーム設計:RTR、ケン・ブロック、フーニガン、ASD Motorsports)、ロールケージ&ドアバー&サスペンション:ASD Motorsports、カーボンファイバー・ボディー・パネル:RTR
・ ホイール:fifteen52 three-piece R40
・ タイヤ:ピレリ・トロフェオ R, 295/30/18(ケン・ブロック専用カスタム仕様)

実車のHoonicorn RTRは、Formula DriftのチャンピオンであるVaughn Gittin Jr.のRTRデザインスタジオによって設計され、ASD Motorsportsによって厳格な仕様に合わせて設計された、完全にカスタム化されたオールアウトドリフトマシンです。9000RPMでほぼ850馬力を出す巨大な410立方インチV8を搭載しています。 エンジンは6速Dakar Rallyスペックトランスミッションと4WDドライブトレイン、完全にカスタム調整可能なサスペンション、およびケンブロック自身のためにカスタムコンパウンドで作られたスーパーワイド18インチタイヤでラップされた3ピースホイール 。

スポンサーリンク

fifteen52 R43 REPLICA 3 PIECE WHEELS

カスタムホイールの専門家によってカスタム鍛造および機械加工された驚くべき3ピースR43ホイールは、元のCADファイルから厳密に1/10スケールで直接複製されたので、すべてのHoonicorn RTRレプリカは完璧な外観とストリートスタンスを持ちます。 本物の18 x 10.5ホイールは機械加工された鍛造6061アルミニウムセンターと鍛造されたステップ&ポリッシュリップから作られています、レプリカはカスタムゴールドカラーのハイインパクトナイロンで成型されています

REPLICA HOONICORN TIRES

このレプリカタイヤはまさに本物のように見えます。スケールタイヤは、耐久性に優れ、長持ちするゴムコンパウンドで成型されているので、素晴らしい加速に十分なグリップが得られます

関連記事ケン・ブロックのジムカーナ7を見てインターセプターが頭を過る

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事