シルクスクリーン製版
スポンサーリンク

ハンドメイドでシルクスクリーンを制作する時には、自分で考えたデザインを製版用にデータ化する必要があります。製版のデザインデータ制作に私が一番よく使うのはデザインソフトで有名なアドビ社のイラストレーター(Adobe Illustrator)です。イラストレーターはデザインをしているアマチュアからプロまであらゆるデザイナーが使っています。この素晴らしいデザインソフトは少し高価ですが、デザインをするなら必須ともいえるツールです。今回はこのイラストレーターを使ってシルクスクリーンの製版用デジタルデータを制作する方法について説明していきます

シルクスクリーン製版データの作り方
この記事で書いたデザインデータでシルクスクリーン印刷したハンドメイドTシャツです。撮影まで作品づくりと考えていて、撮影も自分で試しています。この写真はHigh Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)を意識してみました

スポンサーリンク

シルクスクリーンの製版データをイラストレーターで作る方法

大きな前提としてシルクスクリーン製版データは必ず黒1色(K100%)で制作します。これは重要でK100%以外の色を使用すると製版や印刷がうまくできないことがあります。 濃淡はつけずに、ハッキリとした黒で作りましょう。その大前提は守った上で製版用のデジタルデータを制作していきます

白インク
同じ製版データで制作した版を使い白インクでプリントしたTシャツ。白Tシャツに白インクで制作

イラストレーターはベクタ形式なのを理解する

イラストレーターはベクターベースのグラフィックソフトウェアです。ベクタとは簡単に説明すると数値で描いているというデータ形式です。これは制作したデザインを縮小や拡大でサイズ変更しても、その鮮やかさと美しさを維持したままできる事が最大の特徴。イラストレーターでデザインすればどんなサイズのシルクスクリーンの製版データも作れるということですね!ただし画像には向いていません(出来なくはないですが苦手です)

イラストレーターは文字のアウトライン化が必須

あらゆるデザインに使われている高性能なデザインソフトであるイラストレーターは、いろいろなフォントが使えます。こだわりのグラフィックやフォント、イラストまで自分の思い通りのデザインを可能にします。ただフォント(文字)を使用した場合は必ずアウトライン化します。これはアウトライン化で文字などの細い線も鮮明にベクタ化しておく必要があるからです。

イラストレーターでの製版データを実際に作っていきましょう

最初にイラストレーターで「メニュー」→「ファイル」→「新規」を選びます

イラストレーター
新規ファイルの保存先は外付けDHかクラウド上がオススメです。PC内に保存すると万が一の際にデータがなくなったりします

製版するサイズより大きいサイズをドキュメントに設定して、カラーモードを「CMYK」にします

ファイルの作り方
A4で製版する場合にはそれより大きなサイズでドキュメントをつくります

フォントやイラストなどを使ってデザインを完成させます

デザイン
デザインは自由ですがシルクスクリーンの製版に使うには黒1色(k100%)で線は0.2mm以上にします

完成したデザインで「メニュー」→「書式」→「アウトラインを作成」でフォントをアウトライン化

アウトライン
イラストレーターのデータでフォントを使った場合はアウトライン化は必須です

アウトライン化したデータをプレビューで確認して余計なオブジェクトがないかを確認

ベクタ形式
余計なオブジェクトはなくしておきましょう、エラーの元になる可能性があります

黒1色(K100%)になっているかを確認して最後にトリムマーク※をつけたら完成

製版デジタルデータ
製版データにはトリムマークが必要です。全ての印刷にかかわるデザインデータには基本トリムマークが必要だと覚えておきましょう
トリムマーク
※入稿データは仕上がりサイズ(実際の印刷物のサイズ)よりも約3㎜大きく作ります。この約3㎜を示すために入れるL字と十字のマークを「トンボ」(トリムマーク)といいます。「トンボ」(トリムマーク)は天地左右とそのセンターにデザインを囲むように入ります。画像は左上と天(上部)センターの「トンボ」(トリムマーク)を拡大したもの
ブツ撮り
今回制作したデータでシルクスクリーン印刷したTシャツ

モデル撮影
柔らかい雰囲気を狙った写真。同じTシャツでも撮影スタイルによって見えたかが変わるのがヴィジュアル撮影の面白いところです

▷アマゾンでイラストレーターを見てみる

 

ヴィジュアルイメージ
陰影を強めに出した写真
ハーフモデル
同じTシャツでも撮影によって雰囲気も変わります。シルクスクリーンのTシャツ作りはハンドメイドでもプロの制作と同じ工程なので高品質な作品をつくりやすいです

 

シルクスクリーンの製版データにイラストレーターを使えば、今よりもクオリティアップや作業時間短縮にも繋がるでしょう。技術の習得は大切ですが、よいツールに助けてもらって品質をあげられるなら導入した方が良いと私は考えています。ハンドメイドや趣味での制作でも作品づくりはアイデアを最も大切にした方がよりクリエイティブになり制作も楽しくなるのではないでしょうか、個人的にはそこに一番時間をかけたいと思っています。また、製版データの制作には他にも方法がありますので、また改めて解説してみようと思います。

 

※画像は全てイメージです。
※記載している内容は2020年6月現在のものです。
※一般的な使用方法をご紹介しています。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。

 

 

△ギャレットモータースのオリジナルアイテム

 

△インスタグラムやってます!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事