シルクスクリーンの露光機を安く簡単に作る方法
スポンサーリンク
自作の露光機です。露光機といって良いのか微妙ですが、感光には必要十分です

D.I.Yでシルクスクリーンを制作するにあたって最大の問題は露光機でしょう、太陽の紫外線でもできますが光(紫外線)の強さが安定しないので、露光時間を読むのが難しく失敗が増えます。

オリジナルのシルクスクリーンを制作するには露光機を自作すると制作環境がよくなり作品づくりが格段にはかどります

スポンサーリンク

露光機は最低限の材料で作れる

サイトで検索すると露光機は大掛かりなものか、すごく簡易的な2種類が多い印象でしたので、そこそこ本格的(大きな)作品にも対応できて、柔軟性がありつつ誰でもできそうな、簡単でお金のかからない露光機をつくりました。

見た目は悪いですが収納もしやすく、アルミ枠の1号(12 x 16cm)から6号(40 x 55cm)までは問題なく露光可能でした。

必要な材料

  1. 板(h200×w1000×t10mm)2枚、(h700×w1000×t2mm)1枚
    ※制作したい版の多きさに合わせてホームセンターでカット
  2. ケミカルランプ×3
  3. ベースライト×3
  4. 電源コード&スイッチ
  5. 銀のシート
  6. クランプ

1.板

板の素材板はなんでも良いですがホームセンターでカットしてもらうのが一番簡単です

見えにくいですが、板は背景に敷く平面形状が1枚、左右に立てて使う縦長形状が2枚です(こちらは下写真のように立てるので厚みが必要です※10mm以上だと立てやすいです)
木の素材は安いもので良いと思います。木材サイズは蛍光灯より大きくする必要がありますが、おおよそでも大丈夫です
このようにして感光しますので版が小さい場合は蛍光灯を減らし、版が大きい場合は板の間隔を広くとることで対応できます。ボックスやダンボールだと版の多きさに制限が出るのを解消しています。見た目は悪いですが。。。

2.ケミカルランプ

東芝 捕虫器用蛍光ランプ(ケミカルランプ)は露光機に必須です。このランプで紫外線を感光乳剤に当て感光作業します 。直管スタータ形 20形 FL20SBLを使用

東芝製のケミカルランプ3本を使用。3本で十分でした。点灯方式:スタータ形 種別:20形 寸法:管径32.5×管長580mm 質量:128g 口金:G13 定格ランプ電力:20W ランプ電流:0.360A 紫外線出力:2.9W 定格寿命:5000時間 適合点灯管:FG-1E、FG-1P 適合電子点灯管:FE1E。私の環境で露光時間は8分がベストでした。露光時間を短くしたいなら本数を増やす必要があります
捕虫器用蛍光ランプ(ケミカルランプ)とは
◆捕虫器用光源として光化学作用と蛍光作用のある近紫外線(ピーク波長352nm)を効率よく放射するランプで、わずかに可視光も反射しています。多くの夜行性昆虫は近紫外線に敏感なため、捕虫器用光源としてご使用いただけます。※目に有害な紫外線(波長400nm以下)は放射しませんが、近距離照射で長時間作業する場合は安全のため眼鏡をかけて下さい。
      

3.ベースライト

ベースライトは20Wで上記のケミカルランプがはまれば何でもよいです

私は念のため秋葉原でケミカルランプを見せて装着可能な事。3本繋げたい事を伝えて買いました

 

↑こちらはスィッチ付で取り回しが楽

 

4.電源コード&スイッチ

電源コードとスイッチはベースライトにプラスはプラス、マイナスはマイナスでつないでいき最後に電源を引けばOKです。ベースライトには通常それぞれを刺す穴があるので誰にでも出来るかと思います

      

5.銀のシート

銀のシートも台所、キャンプ用どれでも大丈夫です。光を拡散させるのに重宝しています。私の場合、感光の精度の為もありますが、ケミカルランプの本数が少なくでき、装備を軽量に出来るうえに、光のパワーがあがるので意外に重要なアイテムです。

割と大きめのシートを使用しています

 

背面に敷く事で、光がまわり少ないランプでも十分な感光パワーが得られます

6.クランプ

クランプは版を載せる板を自立させたり、版を密着させたりと感光作業には色々使えます

クランプで板を挟んで自立させます。挟む位置や数であらゆるパターンに対応できる柔軟性もあります
           

簡単な方法でも十分に露光できます

この露光機の最大のメリットはコンパクトにまとめて収納が出来るのに、版のサイズはかなり大きいものまで露光が出来る事だと思います。揃える材料も少なくどれも安いものばかりなので初心者にも入りやすいと思います

イケアのショッピング袋に入れて収納しています。板は収まりませんが、板は薄いので細い隙間にも入り、普段邪魔にはならないと思います
シルクスクリーン製版の露光は同じ環境で毎回行う必要があります。なぜなら成功する環境を固定できれば失敗は極めて少なくなるからです。慣れてくれば成功したデータをベースに変化の具合も調整できます。その為には自分専用の露光機は必要だと思いますが、いきなりはハードルが高いので、機材もコンパクトで製版サイズ制限もあまりなく、安く簡単にできるこの露光機はおすすめです。この環境で20種類以上Tシャツやトートバッグを制作しましたが問題なく成功しています。機材の見た目には少々問題がありますが。。。わたしはこれで制作を続けています(笑)

 

 

 

 

 

※画像は全てイメージです。
※記載している内容は2020年4月現在のものです。
※一般的な使用方法をご紹介しています。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事