無地のスウェットパンツをオリジナルブランド風にアップデート
スポンサーリンク

最近はスウェットパンツもおしゃれアイテムとして市民権を得ています。一昔前は部屋着の代名詞で野暮ったい印象でしたが、ワンマイルウェアやアスレジャーなどで脚光を浴びて以来、多くのブランドから普段着として提案され始め、今では定番ボトムの仲間入りをしています。着心地が楽でありながらカジュアルスタイルだけでなく、綺麗目にも対応できる便利なスウェットパンツ。今回は細めで黒色のスウェットパンツの中でも一番使いやすい型をベースに使いオリジナルスウェットパンツを制作します

スポンサーリンク

オリジナルスウェットパンツをイラストレーターとカッティングマシンで制作

今回製作するスウェットパンツはオリジナルデザインをプリントして自作します。デザインはアドビイラストレーター。プリントはカッティングマシンで出力して転写します。

イラストレーターでプリントするデザインを制作

プリントするデザインは以前制作しておいたキャラクターを調整します

以前制作したMASK DE GARRTTE(マスク ド ギャレット)というキャラクター。こちらを使用します
イラストレーターでベジェ曲線を調整します
入るデザインを想定したレイアウトに調整
一度、色々なサイズでプリントアウトして原寸を確認
出力した原寸デザインを実際のスウェットパンツに合わせてみます
 様々なサイズも検討します
ベストな位置を探すには、原寸のデザインを実際にあててみるのが一番確実です
位置とサイズを決定します

 

▷ アマゾンで見てみる

デザインが決まったらカッティングマシンで出力

デザインをカッティングマシンで出力します。カッティングマシン※はシルエット社のCAMEO3を使用。

※カッティングマシン1台あれば様々なものを作ることができるツールで、看板やウィンドウディスプレイなどのサイン関係にはステッカーシート、Tシャツなどのアパレル関係には熱をかけて布に圧着できるアイロンプリントシート(熱転写ラバーシート)、紙をカットすることもできます。

 

シルエット社のCAMEO3で出力します。カッティングマシン で重要なのは、刃の速度・カット圧・パスの設定です。この設定をメディア(素材)にあわせてちょうど良い設定値にしないと綺麗にカットされない場合があります。熱転写の場合は反転して出力するのを忘れずに
今回の設定はコチラです
黒いスウェットパンツにプリントするので熱転写シートは白色です。シートを貼るカッティング用台紙は真っ直ぐになるよう注意しましょう
カットされた熱転写シートの余分な部分をとります(カストリ)
細かい部分はフックツールをうまく使いましょう
細かいデザインだと繊細な作業になり、時間と神経を使います

 

▷ アマゾンで見てみる

スポンサーリンク

デザインパーツをヒートプレス機でプリント(定着)

仕上がったデザインをヒートプレス機でプリント(定着)します。温度と圧着秒数に注意しましょう

あらかじめ決めた位置に配置
今回は華氏320度=摂氏160度で25秒プレス。裏が平らでしっかり圧がかかっていることを確認しながら
プレス後、少しさましてから表面のビニールを剥がします
黒に熱圧着するとどうしても少しテカリがでてしまいますが、洗濯で薄くなります
足首にもデザインをいれます
同じように氏320度=摂氏160度で25秒プレスして完成です

 

▷ アマゾンで見てみる

完成したスウェットパン

無地の黒いスウェットパンツにプリントを入れてオリジナル製品にアップデートしました

フロント部分のデザイン。スウェットパンツの素材は
ポリエステル76%・レーヨン19%・ポリウレタン5%です
細かいイラストも良い感じ
バック部分のデザイン
足元にも少しあしらいをいれました

 

スウェットパンツはファッションアイテムとしてスタイリングに大活躍しています

スウェットパンツは今やおしゃれなアイテムとしても重宝されています。スウェットパンツをだしている私の好きなブランドの一部を紹介します

↑BALR.はオランダのサッカー選手から始まった サッカーとファッションを融合させたブランド

↑ナイキは王道でいて定番でありながら、エッジの効いたデザインもあります

↑1枚目に買うならナイキテックフリースが良いですね

↑山本耀司が作り出す独特なテイストを加え、トレンド・ファッション性の高いスポーツウェア・モダンなスポーツスタイルを表現しているY-3

 

スウェットパンツは身近でありながら、私にとってはファッションアイテムとして着こなすには少しハードルが高いものでした。それでも細身で黒いスウェットパンツならば少し着こなしもしやくすく取り入れやすいのでは?と思い購入しました。しかし無地のママだと面白みがないと思い、自分でデザインして、オリジナルスウェットパンツを作りました。着こなせるかはさておき大変気に入ってます。

最近は全てのアイテムに自分のデザインを入れて、オリジナル化していくのが楽しくて癖になってきており、既製品に満足出来なくなっていますね(笑)

 

 

garrettmotors item(ギャレットモータース オリジナルアイテム販売中)お時間あればぜひご覧ください!

 

※画像は全てイメージです。
※記載している内容は2020年4月現在のものです。
※一般的な使用方法をご紹介しています。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事