フォトショップの「グラデーションマップ」を使えば、簡単に雰囲気を変えれて便利・初心者のレタッチにもオススメ
スポンサーリンク

フォトショップのグラデーションマップ効果はプレビューで色を見ながら使えるので、イメージの調整や変更が感覚的にできるので簡単で楽しい効果です。また複雑な設定もないので初心者がレタッチで雰囲気を出したい時にも使えます

スポンサーリンク

グラデーションマップは写真の雰囲気を簡単に変えれる

グラデーションマップは写真の雰囲気を劇的に変えたり、映画のようなムードにしたりもできます。調整レイヤーで行うので納得がいくまで何度も調整ができるのもGOODです

グラデーションマップってなに?

Photoshopの「グラデーションマップ」は、カラー画像をグレースケールに変換して、明暗の階調に応じてグラデーションのカラーを適用する機能。最も暗い部分(シャドウ)がグラデーションの始点、最も明るい部分(ハイライト)が終点、ちょうどその中間のカラーが中間点。この始点と終点のカラーや位置を変更することで、様々なバリエーションを試すことができます。ダブルトーンのような効果を簡単にできるのが魅力です

スポンサーリンク

グラデーションマップのやり方

やりかたは[メニュー]→[レイヤー]→[新規調整レイヤー]→[グラデーションマップ]から
ハイライトとシャドウを好きな色に変えるだけ!

画像はPexels※から使っています。 ※才能あるクリエイターがシェアする、最高の無料の写真素材や動画素材サイト!らしいです
画像はPexels※から使っています。 ※才能あるクリエイターがシェアする、最高の無料の写真素材や動画素材サイト!らしいです

デュオトーンぽい画像に

デュオトーン(Duo tone)は、2つの色を組み合わせて表現することです。コントラストの強い2色を使う事が多いですが、今回はもう少し淡い雰囲気にしてみました

この画像にグラデーションマップ効果していきます
この画像にグラデーションマップ効果していきます
レイヤーパネルから調整レイヤーのグラデーションマップを選びます
レイヤーパネルから調整レイヤーのグラデーションマップを選びます
グラデーションマップを選びます
グラデーションマップを選びます
グラデーションエディターで色を決めます
グラデーションエディターで色を決めます
元色が黄色なのであえて赤系のトーンに変更
元色が黄色なのであえて赤系のトーンに変更
[メニュー]→[レイヤー]→[新規調整レイヤー]→[明るさ・コントラスト]で調整レイヤーを追加
[メニュー]→[レイヤー]→[新規調整レイヤー]→[明るさ・コントラスト]で調整レイヤーを追加
詳細を調整して完成!
詳細を調整して完成!

パーカーにデザインを入れてみます

グラデーションマップ効果は完成しましたが、パーカーにデザインを入れてみることにしました

以前製作したロゴを合成
以前製作したロゴを合成
↑今回使ったロゴの作りかたを説明した記事
ロゴに入っている、背景の余計な部分を消去
ロゴに入っている、背景の余計な部分を消去
ロゴのレイヤーを乗算にしてなじませます
ロゴのレイヤーを乗算にしてなじませます
不透明度も少し下げます
不透明度も少し下げます
[メニュー]→[編集]→[変形]→[遠近感]でざっくり調整
[メニュー]→[編集]→[変形]→[遠近感]でざっくり調整
[メニュー]→[編集]→[変形]→[ワープ]でこまかく調整
[メニュー]→[編集]→[変形]→[ワープ]でこまかく調整
パスでパーカー表面にディティールができるだけ自然にみえるように
ワープをパスでロゴを変形、パーカー表面のディティールができるだけ自然にみえるように
ロゴのレイヤーをグラデーションマップの下に移動します
ロゴのレイヤーをグラデーションマップの下に移動します

ロゴマークに少し影を、ブラシツールで追加しました

別の写真と色味でもつくってみた

描画モードをソフトライトにすれば元画像をいかしたまま雰囲気を変えれる

グラデーションマップのレイヤーの描画モードをソフトライトにすると、元画像を生かしたままで
グラデーションマップの階調に合わせて効果がはいるので、より自然に雰囲気をだせます
ただし色が強くなるので不透明度でかかり具合は調整したほうが良いでしょう

グラデーションマップのレイヤーをソフトライトに
グラデーションマップのレイヤーをソフトライトに
グラデーションの色を追加
元の画像の感じは残しつつ、グラデーションマップの色味のニュアンスが雰囲気良く入ったと思います
発色が強いので、不透明度を落として調整
発色が強いので、不透明度を落として調整

スポンサーリンク

まとめ

グラーデーションマップでガラッとトーンを変えるのは
デュオトーンやダブルトーンっぽく見せるならレイヤー効果は通常で

元の画像を生かしたママ手っ取り早く映画のような雰囲気ある画像に変えるなら
グラデーションマップの描画モードをソフトマップかオーバーレイにします
この場合は、シャドウ部は暗く、ハイライト部は明るく表現されるので
不透明度をさげたりして調整しましょう

インパクトのある表現、雰囲気のある表現が
どちらもすぐにできるグラデーションマップ、
覚えておくと便利です

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事