Design
日本から世界へLiberty Walk・ジャスティンビーバーのフェラーリからトヨタ86まで究極の族車スタイルを追求
スポンサーリンク

日本独特なクルマ文化で生まれ、強烈な個性を放っているLiberty Walk

愛知県にSHOPを構えるスーパーカーを中心とした、カスタムボディーキットメーカーLiberty Walk(リバティーウォーク)は

フェラーリやランボルギーニ、ポルシェ等のスーパーマシンのボディに

リベット留めのフェンダーを装着したスタイルで世界中で人気のようです

スポンサーリンク

世界的スターのジャスティン・ビーバーもLiberty Walkファンの一人

第53回グラミー賞において最優秀新人賞と最優秀ポップボーカルアルバム賞にノミネートされた、ミュージシャン ジャスティン・ビーバーが自身の所有するフェラーリ458はゴリゴリのLiberty Walkカスタム。
photo Fi exhaust

Bloody Red Liberty Walk Lamborghini Aventador LP700 with Fi Exhaust



Wataru Kato's classic car collection
加藤社長は自身に影響を与えた、日産スカイラインに愛着と尊敬の念を抱いている
スポンサーリンク

動画でLiberty Walkの加藤社長は自身のルーツは日産スカイラインだと語っています。

加藤氏が若いころに親しんでいた、日産スカイラインやローレルを改造した日本の「族車文化」に大きな影響を受けたスタイルが今のルーツとなっているようです

バンパーを外し、違う車種のヘッドライトを移植し、
そしてオーバーフェンダーを装着する、
いわゆる昭和の時代の街道レーサー。
日本古来のカスタムカーカルチャーのひとつであり、
好き嫌いがはっきり分かれる“暴走族スタイル”を
ハイエンドカーをベースにやろう!
そう考えたのが「LB☆WORKS」のスタートです。

引用:Liberty Walk HP

面白いですね

自分のかっこいいと思った事をやり通すのは

言うほど簡単ではないと思います

凄い人はたくさんいますね

この白いムルシエラゴは、オーナー亡き後にオーナーの意志を受け継ぎ、モータースポーツをもっと盛り上げたい、若者へ夢を与えたいという思いから、斎藤大吾選手の手に渡ったという逸話も。

最近ではスーパカー以外にトラックのカスタムも行っている!

リバティーウォーク初の輸送トラック用のボディーキット!
三菱ふそうトラック・バススーパーグレート』をバティーウォークがカスタム。
「われわれリバティウォークがトラックをカスタムデザインするとこうなるよ、ということ」だそう。
「子どもたちがトラックドライバーにあこがれるようなクルマをつくりたい」という彼らの想いが結実したかたちのリバティーウォーク×セノプロトラックス スーパーグレートです!熱いですね

カスタムといえばRAUH-Welt BEGRIFF(rwb)のPorscheも外せません!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事