Design
MINI-Z(ミニッツ)を走らせる!プロポ(送信機)Syncro KT-531Pとマシンの設定方法について知ろう
スポンサーリンク

手のひらサイズながら本格的な走行が楽しめるミニッツシリーズ
乾電池(単四アルカリ電池)を用意するだけですぐに走らせられる気軽さも魅力!

箱から出して
すぐに走らせても楽しいですが、走行前にプロポ(送信機)の設定を理解しておくと


走行しやすくなって、ミニッツがより楽しめます

この記事でわかること

MINI-Z(ミニッツ)シリーズのプロポ(送信機)Syncro KT-531Pの設定方法

Mr.G
MINI-Z(ミニッツ)のプロポ(送信機)で設定出来ることを知っておくと
走行がより楽しくなるよ!

今回はミニッツを操縦するアイテム・プロポ(送信機)の設定を説明していきます!

スポンサーリンク

プロポ(送信機)Syncro KT-531Pの設定で出来ることを確認しよう!

Mini-Z シリーズに付属するプロポ(送信機)Syncro KT-531Pは走行に必要最低限の機能が備わっています

KT-531P 送信機 82005

各部の名称と役割

最初に、プロポ(送信機)Syncro KT-531P各部の名称と、役割について理解しよう

❶アンテナ:電波を発信❷電源スイッチ:電源のON/OFF❸ステアリングホイール/タイヤを左右に動かします❹スロットルトリガー:前進、バック、ブレーキ操作❺ステアリングトリム:左右タイヤを真っ直ぐ(ニュートラル)になるよう微調整できる❻スロットルトリム:前進する加減を調整❼ステアリンデュレート:タイヤが切れる度合いを調整❽ライトユニットトリム:ライトユニット(オプションの場合もあり)装着時に使用❾LEDインジケーター:電源が入っている時に点灯(モードによって点滅の場合もあり)

マシンとプロポ(送信機)Syncro KT-531Pをペアリングさせよう!

ペアリングとはプロポ(送信機)にマシンを記憶させて、コントロール出来るようにしておく事です。

通常ミニッツはペアリングされた状態で出荷されています。

プロポの交換やマシンの増設、なにかのきっかけでペアリングが解除されることもあるので、
ペアリング作業を覚えておくと役に立ちます

付属のペアリングスティックでペアリングボタンを押したままにします
ペアリングボタンを押したままでキープ
付属のペアリングスティックでペアリングボタンを押しながら、マシンの電源をいれます
電源を入れたらすぐペアリングボタンを押すのをやめます
プロポ(送信機)のスイッチをいれます

ペアリングが成功したらプロポの緑ランプが点灯します

LEDインジケーター(緑ランプ)を確認
点灯ペアリング成功
点滅ペアリング失敗
点灯状態はノーマルモード、2回点滅を繰り返す状態はトレーニングモードです。常時点滅している場合はペアリング失敗になります

スイッチはプロポ(送信機)から電源ONにする、電源を切る時はマシンからOFF

送信機の電源をONにしてから、マシン底面にあるスイッチをONにしましょう

電源を切るときは最初にマシンをOFFにしてから、プロポをOFFにします

送信機の電源を先にON

まっすぐ走らせるためのヒント

プロポのステアリングホイールをセンターにして、ステアリングホイール上にあるステアリングトリムを調整して、真っ直ぐ走るように調整します

プロポのついているタイヤのようなものがステアリングホイールです。その上にタイヤの角度を調整できるステアリングトリムがあります

ステアリングの切角をステアリングデュレートで調整

ステアリングの切れる量はステアリングデュレートで調整できます

切れる量を多くすると、曲がる時に、タイヤが斜めになる角度が大きくなります

大幅なステアリング調整にはステアリングリセット

ステアリングトリムでも調整できない位、大きく変更が必要な時は

ステアリングリセットをします

プロポ(送信機)とマシンの電源は両方OFFにした状態から行います
マシンの電源をONにしてステアリング(タイヤ)を真っ直ぐにします
タイヤを真っ直ぐにした状態で、ペアリングボタンを長押しします
LEDが素早く点滅したらペアリングボタンを離します
プロポ(送信機)の電源をいれるとタイヤが真っ直ぐの状態(センターが出ている)になっているか確認します

操縦の基本操作

プロポ(送信機)の基本的操作は以下です
F(前進)、B(後進)、L(左)、R(右)

トレーニングモード

出荷状態はトレーニングモードになっています
トレーニングモードはマシンの速度が遅くなっていて、操作が簡単になっています

ノーマルモード

ノーマルモードはスピードが速くなります
いつでも変更できるので、遊ぶ場所に合わせてモードを選ぶのがオススメ

スポンサーリンク

まとめ

プロポ(送信機)の基本的な操作を説明しました

プロポはミニッツ付属のもので十分楽しめますが

アップグレードもできます

アップグレードすると、より細かい調整ができるので
セッティングや操作を本格的に楽しみたい方にはオススメです

著者の
おすすめはFutaba 4PMです

理由としては
日本のプロポメーカーとして歴史が古く安心のフタバ社製であること
ミニッツのハイエンドEVOシリーズにも対応している
1/10スケールなど色々な種類のラジコンも使える汎用性の高さ
機能と値段のバランスがちょうど良いと感じます

他にもいくつかありますので
京商のサイトから確認してみてくださいね

京商 Futaba 4PM京商バージョン ミニッツEVOレシーバー2個付 82050
ちなみにSyncro KT-531Pの重量は25.1g(電池込)でした。
スポンサーリンク