3Dテキストの作り方
スポンサーリンク

イラストレーターを使ってデザインしたい人が立体的な文字のデザイン、
3Dテキスト(立体文字)を使いたいとき簡単に3D効果文字が作れる方法があります

3D効果というとチラシなどで見かける、立体で迫力ある文字を思い浮かべそうですが
今回はTシャツのデザイン用に少しシャープでスタイリッシュな3Dテキストのデザインをしていこうと思います
3D文字はデザインの現場で使えるシチュエーションも多い便利な効果です

スポンサーリンク

イラストレーターなら3D文字がメニューからつくれます

アドビのイラストレーターでの作り方はすごく簡単なんです

イラストレーター上のメニュー
「効果」>「3D」>「押し出し・ベベル」をクリックします。
たったこれだけ!なんです

この時左下の「プレビュー」にチェックを入れておけば、リアルタイムで確認しながら
角度、押し出しの奥行き、遠近感などを調整できます

3D文字効果を使ってTシャツのデザインを作っていきましょう

それでは実際に3D文字を使ったTシャツデザインをしていきましょう

A4で新規ファイルを作成

フォントはFontopoELEPOPを使用
文字間などを調整、立体化した時を考えて少し詰まり気味にします
効果→3D→押し出し・ベベルで3D化
プレビューにチェックを入れておくと、画面上で見ながら調整できます
オブジェクト→アビアランスを分割でアウトライン化できます。これで3D文字はできました。
ここから作りたいイメージに合うよう、さらに調整していきます
アウトランデータをプレビューで確認。ここで一旦手前の文字をコピーしておきます
パスファインダー→合体したら
使わないオブジェクトを削除していきます

綺麗なアウトランパスができました
コピーしておいた手前の文字を同じ位置にペースト。シンプルな3D文字になりました
立体感(遠近線)を追加しながら調整していきます
シンプルな形状のまま遠近感が出るように線を追加し終えました

おおよそのデザインが完成

パスつなぎ目などの細部を整えて完成度を上げていきます
motorsの文字をスクリプト系で追加。フォントはAnts Valley - Personal Use。
その後、効果→パスの変形→パスの自由変形でGARRETTの文字に合うように変形していきます
変形したら。motorsの文字もオブジェクト→アビアランスを分割でアウトライン化

使う色のバリエーションやトーンも展開。
これでTシャツに使う3D文字デザインの完成です!

実際にTシャツに入れてみました、3D文字は簡単に作れるわりになかかな良い効果だと思いますが
いかがでしょうか?




作った文字でビジュアルのデザインも考えてみる

さらにフォトショップで、Tシャツのデザインにあったビユアルイメージもデザインしていきます

背景黒で新規ファイルを制作 サイズは任意でOK
背景の画像は無料素材サイトunsplashでイメージに合いそうな素材を探してダウンロード。
まず調整レイヤーで彩度をさげて不透明度90%に
Tシャツの画像を上のレイヤーに配置
背景の画像にトーンを合わせてぼかし(ガウス)2.0。ドロップシャドウも入れました
フォトショップの制作時にデザインパーツは基本スマートオブジェクトで作業します。
スマートオブジェクトは、Photoshop や Illustrator ファイルなどのラスター画像やベクトル画像からの画像データを含むレイヤーで縮小と拡大を繰り返しても、無劣化で色変更も可能な画像データ。
文字の色や大きさを調整して見た目を整えます
全体の構成も仕上げます。メインの3D文字を下にコピー
大きくタイトル風に入れて、サイズや濃度を調整すればイメージビジュアルの完成

3Dテキストの作り方
架空のレーシングチーム GARRETT MOTORSのTシャツとイメージビジュアルです。
ここでの3D文字はシンプルさを活かしつつ、繊細さとインパクトを共存させたいなぁ、とイメージしながらつくりました

簡単にインパクトが出てTシャツのデザインにも使いやすい 3Dテキスト(立体文字)はおぼえておくと色々な場面で使えそうです

作った3D文字のデザインを使って、Tシャツ以外のデザインにも挑戦してみます。
モーターサイクル系のブランドを想定してビジュアルイメージを作ってみましょう

無料素材で面白い写真は、海外のサイトの方があると思います。
イメージ写真が見つかったら、黒い背景レイヤーの上に配置。
カラーハーフトーン効果でアナログ感を出しました
調整レイヤーで彩度を低く、不透明度を85%に

3D文字のデザイン素材をスマートオブジェクトで配置
元の素材で3D文字デザイン素材の色やサイズを調整
全体のバランスを整えたら完成

モーターサイクル系のブランドを想定したビジュアルが完成です

イラストレーターなら3D文字(立体文字)が簡単にできて便利です
見ながらプレビュー調整もできるので
初心者でも直感的につくれます

興味がある方は実際にイラレを触りながら、色々設定をためしてみてはいかがでしょうか

その時
便利なショートカットキーを知っておくと
作業効率が劇的に上がる!?かも

何かご質問やこの画像データ(レイヤーが残ったもの)が欲しい!(笑)
という方がもしおられましたら
お気軽にお問い合わせからご連絡いただければ、
私のわかる範囲でお返事させていただきます

※説明している方法には他のツールを使って制作できる方法もあります
※今回使用した素材は個人的な使用目的で使用しています
※2021年2月時点での情報になります

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事