スポンサーリンク

オリジナルTシャツ制作に使われる無地のTシャツをボディと呼びます。最近では無地のTシャツ人気が出たのもあって種類も豊富です。世の中にある無数の無地TシャツからオリジナルTシャツにおすすめのブランドを紹介します。オリジナルTシャツの第一歩は無地のTシャツえらびから始まっています

スポンサーリンク

カタチと厚みで見え方も着心地も別物

Tシャツの面白いところは着丈・身幅・暑さ・生地で全く違った見え方と着心地になる事です。

OZ(オンス)と番手について知っておこう

OZ(オンス)

オンスとは、もともとヤード・ポンド法で重量を表わすアメリカの単位です。
Tシャツには「5.0oz」など記載されていますが、このオンス生地の厚さを表す単位として使われています。
この数値が大きくなるほど重くなり、生地は厚く重くなります。オンスはTシャツを選ぶ最初のポイントになるでしょう

番手

番手は糸の太さを示す単位。番手の数字が小さいほど糸が太くて重く、数字が大きいほど糸は細くて軽くなりますまた、

細い糸は肌触りが良く、光沢感があので着心地が良く、シワになりにくいという特徴があります。反面細いものほど強度が必要め、高品質の糸が必要になります。

Tシャツに使われる糸は10~20番手が一般的。着心地を大きく左右する番手もTシャツ選びの重要なポイントです

番手が変われば同オンスでも着心地が違うのもTシャツ選びのポイントです!

糸の違いでTシャツも変わる!

同じ綿の生地でも、糸の種類や糸を撚る際の加工方法で、仕上がりに大きな差が出ます手間のかかったコーマ糸がもっとも品質が良く価格も高くなります。コーマ糸は光沢があり発色がキレイに仕上がるのも特徴。
わたしはツヤ感と価格のバランスがちょど良いセミコーマが一番好きです

カード糸

一般的な綿糸。短い未熟部分などを約5%ほど取り除いた綿花を使用。他の綿糸に比べて光沢はそれほどなく、毛羽も多いが、シラフさがあって清涼感もややある。

コーマ糸

綿花を紡ぐ工程でコーミングを行ない、短い未熟部分などを約15%〜20%取り除いた綿糸。強く毛羽立ちも少なくツヤの良いものになります。高品質なTシャツによくつかわれます

オープンエンド糸

綿菓子を作る要領で空気の流れで撚りを加えて糸にする紡績方法。糸に適度な空気を含んでいるため、繊維の並びが均一でなく、ゴワゴワ、ガサガサした質感に仕上がるのが特徴。アメリカ製のTシャツによく使われている

厳密には他にも糸の種類や紡績方法などがありますが、基本は以上です。
このようにシルエットや縫法はもちろん糸や厚みでも全く違う着心地や見た目になります。無地のTシャツ選びは思ったより奥が深いんです!

オリジナルTシャツにはもちろん、そのままでも着れる無地のTシャツ達をご紹介

ここまでTシャツについての簡単な基礎知識を紹介してきましたが、結局、無数にある無地Tの中でオリジナルTシャツ用のボディにもオススメなのはどれなのか?気になりますよね。あらゆる無地Tシャツを試して、自分でも数多くのオリジナルTシャツを製作してきた著者がおすすめの無地Tシャツをご紹介します!

アパレル界でのボディ使用率が多いギルダン

Tシャツ好きには有名なGILDAN:ギルダン。アメリカらしい質感と長い着丈。昔から多くのアパレルブランドのボディとしても使われているのが信頼の証。サイズ・カラバリ展開も豊富で値段も安い安定感のあるブランド

オリジナルTシャツの入門にピッタリUnitedAthle

日本の会社が出している日本人に合う無地Tシャツのボディ。プロフェッショナルからイベントまで用途に合わせた様々な種類のTシャツが揃っています。在庫と流通も安心

永遠の定番Hanes

Tシャツといえばヘインズという程有名なブランド、このビーフィーTはタフに作られており、ボディにはもちろん、無地のまま愛用する人も多い。同じようなTシャツは多くありますが、日本での人気も健在ですね

長い歴史と日本では熱狂的ファンもいる!?FRUITE OF THE ROOM

FRUIT OF THE LOOM:フルーツオブザルームは160年以上の歴史があり、一度は倒産の危機に追い込まれましたが、投資の神様ウォーレン・バフェットに買収されて復活と遂げました。ロゴがオシャレ

日本でも根強い人気と知名度Chanpion

日本での知名度も高いチャンピオン。身幅が太く、丈が短めなのがツボな人も多いのでは?

LA発の王道ストリートブランドPRO CLUB

本場LAのラッパー達から絶大な支持を得ているプロクラブ。日本でもこだわり派に人気のブランド。さすがのタフさ!

今選ぶならLOS ANGELES APPARELもアツい

徹底した社会的貢献と、全工程を自社工場で実施することで実現した高品質の両立をコンセプトにした現在らしいブランド。アメリカ国内の生産を支援するため製品に使用する糸の半分以上をアメリカ産でまかなうなど、アメリカンアパレル創業時のコンセプトを大きく変えずに展開!

日本のTシャツ番長Printstar

プリントスターはなんと累計1.4億枚以上販売していて、キングオブTシャツと呼ばれています。値段はもちろん色々なバランスが素晴らしく。悩んだらPrintstarを選べば間違いなし!違うタイプの無地Tを希望していても発売元のTOMSでは色々な種類を発表しているので希望に近いものが見つかる確率は高いかも?

オリジナルTシャツに使う無地のボデイについて記事にしてみました!
今回ご紹介したものは全て無地Tとしても着れるものを選んであります。個人的には
オリジナルTシャツに使うならPrintstar。無地で着るならヘインズビーフィーですね。

少しラフ、でもあまりカジュアルすぎない位が好きです。

色の違いでも好みの生地がありまして(笑)、ホワイト系は上品質の5.0oz以上のコットン100%、ブラック系はポリエステル混で4.0oz以下が自分のなかではベストチョイスだったりします。
皆さんも自分のなかでのベストoz と素材・糸を探してみてはいかがでしょう?
Tシャツに対してのアプローチがきっと面白くなりますよ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事