カッティングマシン使い方
スポンサーリンク

カッティングマシンは「カッティングプロッター」とも呼ばれ、自分で作成した文字やデザインデータをカットすることのできる機械です。看板やウィンドウディスプレイなどのステッカー系。Tシャツなどアパレル関係には熱をかけて布に圧着できます。紙や布などもカットできるので、カッティングマシン1台あれば自作グッズを色々作ることができます。中でも家庭用の小型カッティングマシンはハンドメイド・DIYで大活躍します。もちろん教育現場企業、店内POPやディスプレイにも使えるので仕様範囲はすごくひろいです

そこで今回は、家庭でも使える小型のカッティングマシンで実際にどんなものが作れるかを試してみました

スポンサーリンク

小型カッティングマシンってどんなもの?

小型カッティングマシンは主にグラフテック・ローランド・ブラザーなどから販売されています。すこしずつ得意分野が違いますので自分の目的にできるだけ近いものを選びましょう。

簡単に紹介すると

グラフテック_silhouette CAMEO:シルエットカメオ

  • 高機能な編集ソフト付属
  • 細かい高度なデザインが可能
  • 2ペン対応で効率的に作業を行うことができる
  • ブレード変えればあらゆる素材や厚みにも対応可能

↑私はコチラをオススメします。世界中で愛用されているのと普段イラストレーターを使っているので、互換性もよく値段も比較的安価で総合的に優れていると実感しています

ローランド_STIKA:ステカシリーズ

  • シンプルカットで使いやすい
  • カッティングマシンでは昔からあるロングセラーの安心感

↑昔からある安心感はありますが、今となっては機能や切れる素材が少ないかな?と個人的に思います。値段も特に安くないので自分では選ばないかも

ブラザー_ScanNCut:スキャンカット

  • 機械本体にスキャナーが付属
  • パソコンがいらない(使ってデータも送れる)
  • 手描きを取り込んですぐ使える

↑手描きをスキャンできて適切なカット用にデータ化もしてくれるので、保育園やカフェなどでも人気みたいいですね

スポンサーリンク

カッティングマシンを使って実際に自分で色々作ってみた

カッティングマシンsilhouette CAMEOを使って自分でも色々なグッズを作ってみました、一部のみ紹介になりますが、初心者でもこんなにいろんなグッズが作れます。

ステッカー&リフレクター

Tシャツ

バッグ

パーカー

レギンス

マイボトル

スウェットパンツ

トートバッグ

キャップ

ショートパンツ

メガネカスタム

ソックス

ポケッタブルパーカー

エコバッグ

メガネケース

メッシュポーチ

ツールバッグ

マグカップ

犬服

スマホ用ステッカー

オリジナルプラカップ

 

いかがでしょうか、これ以外にもペーパークラフトや布などにも使えますのでまだまだ作れるグッズはたくさんあります!今後はプラスチックや布製品にトライして行く予定ですのでまた記事にしていこうと思います!

 

あると便利なプラス機材

カッティングマシンともう一つあると便利なのがヒートプレス機ですこれがあるかないかでグッズの種類や作りやすさが大きく変わりますよ!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事