シルクスクリーンで作るTシャツのデザインを決める
スポンサーリンク

シルクスクリーンでTシャツを作るにあたり、Tシャツのデザインを決めます。例えば絵を描くには「紙」と「ペン」が必要ですよね。シルクスクリーンでは紙がTシャツペンがシルクスクリーンになります。シルクスクリーンでは色数分の版が必要になります。仮に2色だと2版(2枚の版)が必要という計算です。ギャレットモータースの場合はシンプルなテイストにしたいので。1色でメインカラーは黒、サブカラーはピンク(コーラル)にする事にしました。

スポンサーリンク

デザインを考える

ギャレットモータースオリジナルTシャツ最初の1枚目はシンプルで誰でも着れそうなロゴTシャツタイプにしてみます。名刺がわりや広告にもなるのでロゴTシャツは最初のアイテムとしてはよいですよね。頭の中のイメージに合わせて書体や文字間隔・並び具合を試行錯誤していると、最後にカンマを入れる事を思いつきました。少しの遊びとオリジナリティを考えて、どのアイテムにもカンマが入っているブランドにすることにしました

ギャレットモータースのギャレットの文字でシンプルなロゴTタイプにしました

サブ的にロゴマークとメッセージも入れる事に
ロゴマークにカンマ要素も入っています
スポンサーリンク

GEEKに込めたメッセージ

I am GEEKと入れる事にしたのはGEEK(ギーク)はNERD(ナード)と同じで広義にはオタクの事ですが。R/C CARのファンはGEERよりで、私もGEEKだと思ったからです。眼鏡、MAC、デザイナー、シルクスクリーン。。。に当てはまります(笑)

ギークはアーリーアダプターで、特定のニッチな部分については専門家というぐらいの興味・ライフスタイルを持っています。知識は生き字引と言われるぐらいに凄いものの、もったいぶるために喋りはじめると冗長。皮肉の書かれたTシャツを着ています。関心があるのはゲームや映画、収集、ガジェットやテクノロジー、コンピューター、コードを書くこと、ハッキング、テクノ音楽、シルクスクリーンなど。手にしているのは面白げなガジェットと、Mac。

就く仕事はウェブデザインや開発、グラフィックデザイナー、ゲームデザイナーや開発者、アントレプレナー、CDショップの店員、バーテンダーなど。

引用:GIGAZINEhttp://www.mastersinit.org/geeks-vs-nerds/

ヴィンテージカーボディのR/C CARをモチーフに

ヴィンテージカーボディのラジコンをモチーフにするとういう、どこにも需要がなさそうなモチーフですが、小規模のブランドに必要なオリジナル性と希少性はあると思います(笑)どのみち趣味でブランド活動をしてみるという遊びなので、需要はあまり関係ないですが... 遊びだからこそ自由になんでもありだと思います。もっとポジティブに考えれば、大きな企業は目もくれない(需要のない)ニッチなテーマをモチーフにした個人手作業の少量生産のブランドと言えます

今回ヴィンテージカーはあまり関係なくただのロゴTシャツですが、
ブランド名のアイテムは名刺やプロモーションになります
着用イメージはこんなかんじです

こうしてようやく架空のカスタムショップギャレットモータース、1枚目のTシャツデザインは決まりました

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事