スポンサーリンク

ラジドリのセッティングには必須の部分トー角。今回はフロントのトー調整で私がお気にりのトーアウト1°をモチーフにオリジナルTシャツを作ります

スポンサーリンク

まずはトー角を簡単に説明

車両を上から見たとき、進行方向に対しタイヤ前端を内側または外側に向ける角度をトウと言う。前輪のトウ=フロントトウ、後輪のトウ=リアトウである。直進安定性などに関係します。ラジドリではフロント/トーアウト、リア/トーインが基本になります。今回はフロントのトーアウトをTシャツに落とし込んでいきます

トー角のワードをTシャツに落とし込んでデザインを決める

今回のTシャツのラフデザイン全容です今回はトーアウトをメインにする事にしました
メインのデザインは書体を硬くしすぎると男性っぽさが強くなるので少し緩めに文字間も開けて軽さと抜けをだすようにしました
バックにも多少あしらいを入れてアクセントになるように
サイドにトーの角度と#toeangleをいれてます

正面:toeout、背面:GARRETTMOTORSのロゴ関係、側面:トーの角度を入れてあります。1面だけみると単語(ワード)ですが、全体でギャレットモーターストーアウト1°と実際にラジドリで使用しているトー角のセッティングを入れてます。うっかりしてましたがフロントのトー角だという事までは分からなくなっていました。。。

全体のデザインをプリントアウトして確認します

デザインを原寸出力します
パーツごとに分けて配置してデザインバランスを確認
最終決定は必ず正確な数値をだしておきます
細かいデザインも配置する場所で雰囲気が変わりますので塾考します

今回は初めてサイドにもデザインを入れて見る事にしました、すごく小さいですが今回のトー角Tシャツでは要になるトー角のセッティング角度である1°を入れます。このTシャツはトーアウトは1°が好みのセッティングである事を表現していますので大事な?部分です

データを製作する

デザインが決定したらデザインソフトで最終的な調整をします

アウトライン化してパスを合体してDFX形式(イラストレーター)で出力します

カッティングマシン で出力

シルエットスタジオで熱転写シート(黒)に出力
カッティングマシン 側で熱転写シート(黒)をセット
シルエットスタジオ上でのサイズが使用する熱転写シートに収まっている事、台紙がずれていないことを確認

カッティングマシン で出力されたら余計な部分を取り除きます

ヒートプレス マシンでデザインを定着

配置は事前に決めた場所に正確に配置した方が失敗は少ないです
Tシャツはだいたい160°で20秒が目安。圧着が終わったら少し冷ましてからフィルムを剥がします

ギャレットモータース:トーアウト1°のTシャツ

完成しました

トーアウト1°のTシャツです

文字間の調整で軽く抜け感のある雰囲気になりました

ギャレットモータースの印も入れてます
#toeangleトーアングルは小さくサイドに入れてます
1°は小さく袖口に入れましたが今回の一番ポイントだったりします
どうでしょうか、自分好みのトー角度を入れられるというカスタマイズTシャツシリーズで製品化したら需要ありますかね〜(^.^)
今回のトーアウトTシャツはトー角自体が車・ラジコン好きには通じるけど一般の人にはおそらく通じない用語ですよね、ラジコン好きにはセッティングに欠かせない部分なのでメジャーワードであると言えます。こういう好きな人には当たり前でその他の人には聞いた事もないワードをアイテム化するのが好きです。おそらくレース場や街中で好きな人が見て気づけばニヤッとしちゃう、けれど知らない人には普通に見えるアイテムを今後も製作していきたいです

 

by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事