Tシャツをショップでオーダーしてみる
スポンサーリンク
photo teofilo

オリジナルのTシャツをシルクスクリーン印刷でD.I.Yで作るのも良いですが
1枚だけ欲しかったり、手軽に作りたい場合はショップに頼むのがよいでしょう
今はWEBでも簡単に注文ができます。


まずは作りたいイメージを用意します。パソコンで自分で作るのはもちろん、簡単な手描きや写真データでも大丈夫です


何枚必要かを伝えます。数枚なら転写やインクジェット、多い枚数ならシルクスクリーン等、枚数によりプリント方法をショップが提案してくれるでしょう


Tシャツの種類を選びます。ショップではサンプルやカタログから選びます。素材の種類・厚さ、首元の仕様等、プリントする図柄や予算に合わせて相談しましょう


自分でデザインができなくても、イメージや、手描きのラフがあれば簡単なものならだいたいのショップでデザイン(だいたい別料金)してくれます。


図柄(デザイン)が決まればどこに配置するかを決めます。配置は実寸で出力して実際に印刷するTシャツの上に置いて見ながら位置を決めます。メンズなら首元から5~7cm下の位置、レディースなら首元から4~6cmくらい下の位置が一般的に図柄が綺麗にみえるといわれています。バランスはTシャツのシルエット・体型・図柄に合わせた位置をさがしましょう

プリントの位置は重要です。Tシャツの前身頃は20cm位の四角形が前から見て綺麗にみえるサイズとされています。横に長いと脇部分に隠れてしまいます。レディスに関してはバスト分も考慮が必要です。後ろ身頃(背中)は大きめ(30cm四角位)に使っても大丈夫です。あくまで一般的な話なので、自分なりのデザインと配置にこだわりましょう


ここまでくればあとは仕上がりを待つだけです。即日〜後日まで納期は注文内容やショップによって変わるので事前に確認しましょう

出典元:作りたくなるプリントTシャツ(青幻舎)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事