スマホステッカー制作
スポンサーリンク

スマホは多くの人が毎日使うアイテムです、それだけにスマホ関連のアクセサリーも豊富に販売されています。そんな中でもスマホを気軽にアレンジできるステッカーを背面に貼るだけのカスタムは見た目も変えられて便利です。 もちろんステッカーはたくさん市販でも販売されていますが 今回は、自作でステッカーを作ってみます。自作のステッカーを貼れば人とは違うオリジナリティのあるスマホになり、世界に一つのお気に入りアイテムに仕上がりますよ!

スポンサーリンク

スマホステッカーはどんなものがあるだろう?

スマホステッカーはどんなものが人気なのかみてみましょう、スマホの背面をおしゃれに飾れるスマホアクセサリーとしてのステッカーはアニメからアウトドアブランドやハイブランドまで多種多様にあります。気軽で安価なのも人気の理由でしょう。

↑アウトドア系のステッカーは今人気ですね

↑キャラクター系のステッカーは自分の好みをアピールできて、キャラによっては見ていてほっこりもします

↑ストリートブランドのステッカーは偽物も多いですが、ブランドグッズのようになるので特にブランド好きには人気です

↑たくさんステッカーを重ねて貼り付けるステッカーボムは貼り方に個性がでて面白いです

スポンサーリンク

スマホ用オリジナルステッカーのつくり方

それではスマホ用のオリジナルステッカーを作っていきましょう。今回はデザインしたデータをカッティングマシンで出力してスマホに貼るだけです

使うもの

今回使うものは以下の3つです

・カッティング用ステッカーシート(ミラー系)
・カッティングマシン (カメオ3)
・デザインソフト(イラストレーター ステッカーデザイン用)

 

↑今カッティングマシンを買うならCAMEO4がオススメ、出来ることや機能はホビーの域を少し超えていると思います

 


今回はメタリックミラー素材で鏡面タイプのステッカーをつくっていきます

1.ステッカーのデザインを作る

最初はステッカーをデザインします。ここではイラストレーターで作ります。データはカッティングマシン用にアウトライン化してDFX形式で書き出します。カッティングマシンの無料ソフト(Silhouette Studio)でもデザインデータは作れますので、デザインソフトは必須ではありません。

イラストレーターでステッカーデザイン
デザインをイラストレーターで制作。イラストと文字の組み合わせでデザインしました
デザインのアウトライン化
カッティングマシンで出力するのでアウトラインしておきます。アウトラインが終わったらDFX形式で書き出します。これでステッカー用のデータは完成です

2.カッティングマシンで出力

デザインしたデータをカッティングマシンで出力します。ここではDFX形式で書き出したファイルをカッティングマシンの無料ソフト(Silhouette Studio)で開いて出力します。

Silhouette Studioで出力
カッティングマシン:カメオシリーズで使えるSilhouette Studioはデザインも制作できます。私はイラストレーターに慣れているのでデザインはイラストレーターを使用しています。出力するサイズに併せ刃の調整をカットする素材や厚みに併せて設定。刃の設定はSilhouette Studioにテストカットという項目があるので、テストカットしてから確認すると安心です
ミラー系ステッカーシート
ミラー系のカッティング用ステッカーシートを使います。鏡面タイプです。使用サイズにカットします
カッティングマシン
ステッカーシートをカッティングマシンの台紙にセットします。曲がったりしないようにしましょう
カス取り
カットされたステッカーシートの余計な部分を取り除いていきます
ステッカー制作完成
綺麗に取り除いたらステッカー部分は完成です

3.スマホの背面に貼れば完成

アプリケーションシート
完成したステッカーはそのまま使うとレイアウトが崩れるので。プリケーションフィルムを貼っていきます
ステッカー自作
ステッカーシートより少し大きめにカットしたアプリケーションフィルムを貼ります
オリジナルステッカー
スマホの背面をあらかじめ、ホコリや汚れを拭き取って綺麗にしておいてから、位置を決めて貼ります
ステッカーをスキージで貼りつけ
離型紙を剥がしながら、スキージを使いシワや空気が入らないように注意して貼ります。
ガラスや車など、大きな面に大きなステッカーを貼る時は水貼りがオススメです。
スマホクリアケース
ステッカーの表面に貼ったアプリケーションフィルムを剥がします。角度を付けないで剥がしていくとステッカーシートがアプリケーションフィルムに残らずに、うまく仕上がります。
オリジナルステッカーでカスタムしたスマホ
完成です!アプリケーションフィルムを使えば、切り文字やデザインした配置などの間隔を保ったまま綺麗に貼れますよ

4.完成した自作ステッカーとスマホ

自作ステッカーでカスタムしたスマホ
スマホの背面にステッカーを貼るならクリアケースは必須です。私のは100均セリアで100円です(笑)
スマホ ステッカー 自作
金色にして正解でした
スマホ ステッカー 貼る
ミラー系のステッカーシートは通常より刃の設定を強めにしないと切れないですね、何度か失敗してしまいました
スマホ ステッカー 入れ方
ミラー系なので高級感も少しありますね

スマホのステッカーカスタムを長持ちさせるにはクリアケースが必須

スマホステッカーをメインとしたアレンジをしたい場合は、スマホにクリアケースを使用しましょう。つけることでステッカーが相当長持ちします。また、透明なのでデザインが邪魔にならず自由にステッカーを貼れ、スマホ本体にステッカーを直接貼り付けたくない人にもオススメ

↑クリアケースは高品質なものから100均にもあります。

ステッカーを貼る前にスマホ背面の表面を綺麗にしてから貼りましょう

ステッカーを貼る場合は必ず貼る面を綺麗にしましょう、アルコール系で油分も取り除いておくとなお良いでしょう

スマホ ステッカー 作る
クリーニングスプレーで綺麗にしました
スマホ ステッカー 手作り
仕上げにアルコールシートで拭きました。ちなみに剥がす時はドライヤーで温めると剥がしやすくなります

デコレーションやカスタムに気軽で便利なのがステッカー。市販のものもありますが、自分の好きなデザインで、オリジナルのステッカーを作ると楽しいですよ!

【誰でも出来る】クリアケースで作るスマホケースをみていきましょう

自作のステッカーを使わなくてもオリジナルスマホケースは作れます。クリアケースに写真や切り抜きを挟むだけです。この方法であれば、とても簡単に誰でも出来るので是非試してみてください

 

※画像は全てイメージです。
※記載している内容は2020年8月現在のものです。
※一般的な使用方法をご紹介しています。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事