車用緊急脱出ハンマー
スポンサーリンク

最近なんだか異常気象が増加しているような気がしませんか?私は基本車移動の生活なので、どこに行くのも車を使用しています。

ときどき頭をよぎるのが車を運転している最中に急な豪雨などでクルマが水没したり、突然の事故でドアが開かず車内に閉じ込められてしまった!という場面に陥る可能性は誰にでもありうるのではないかということです。

そういったアクシデントにあい車中に閉じ込められてしまった場合、車のガラスは一般的なガラスよりも丈夫に作られているため自力で粉砕するのは難しいです。

そんな万が一の自体に備えて、安全を確保するための緊急対応ツール「緊急脱出用ハンマー」を購入して車に常備することにしました。

車用緊急脱出ハンマー金づちタイプ
私が購入した金づちタイプの緊急脱出用ハンマー。ちなみにシートベルトカッターは必須だと思います。窓から脱出しようとしたらシートベルトが外れない事もあるそうです

スポンサーリンク

「緊急脱出用ハンマー」って何?

「緊急脱出用ハンマー」は、豪雨での思わぬ水没や交通事故などで車内に閉じ込められてしまった際、迅速に車外へ避難するときに有効なツールです。大きく分けると金づちタイプ・ピックタイプ・ポンチタイプの3種類があり、シートベルトカッター付や、ペンチ・ナイフ・ドライバー・などのマルチツールが付属しているものなどバリエーションも豊富です

「緊急脱出用ハンマー」は大きく3種類あります

一番多いのが金づちタイプ

一番種類が多く、よく使われるのが金づちタイプ。小さい突起が付いておりウィンドウガラスを叩いて割ります。誰でも使えるので、急な場合でも安心に使いたい方は金づちタイプがオススメ

↑こちらを購入しました

 

↑車用緊急脱出ハンマーの使い方を説明しています

多機能タイプに多いピックタイプ

ピックタイプはコンパクトな商品が多い傾向でかさばりにくいほか、ウィンドウを小さな力で粉々にしやすいので車外へ安全に脱出可能なのがメリットです。ピックタイプはガラス割り以外にも、様々な便利機能が付いている製品が多いのが特徴。プラス機能も欲しい方はピックタイプが良いでしょう。

力のいらないポンチタイプ

ポンチタイプはウィンドウガラスに直接押し当てて、スイッチを押すだけで粉砕してくれます。力が必要ないため、女性や年配の方でも安心して使えます。スイッチを押すと、硬い突起物が飛びだしてガラスにぶつかる仕組みです。小型なものも多く、キーホルダー式もあります。力に自信が無い方や社用車・レンタカーにおすすめ

購入したのは金づちタイプの「緊急脱出用ハンマー」

これにした理由は安価・2個セット・緊急時簡単に使えるという3点が主な理由です。緊急自体に使い方が複雑だとあわてて危ないかも!と思い多機能タイプではないものにしました。シンプルなほど間違いは無いと思います

【緊急使用】
 ケースホルダー付きで置き場所にも困らないです
緊急、防犯ツール
ハンドルの間に反射シートが付き、夜、隧道など暗いところでも見つけやすいです。

ケースホルダー付き
素材 ハンマー:炭素鋼、ボディ:エンジニアリングプラスチック、カッター:ステンレススチール
炭素鋼ハンマー
使う日が来ない方が良いツールです
二つの機能
上部は窓ハンマー、下部はシートベルトカッターに使えます
炭素鋼一体型ハンマー
ハンマーは炭素鋼の一体型で鋳造され、鋭くて頑丈で少ない力でガラスを割ることができます。
窓割れハンマー
自動車を運転している人全員に常備をお勧めします
安全ハンマー
持ち運び便利で、アウトドア、キャンプ、遠足、登山、地震、サバイバル、緊急用防災などにも使えます
シートベルカッター
シートベルトカッターはステンレス製、シートベルトを簡単にカットでき、万が一の時に危険から素早く逃げ出すことができます
 緊急ライフハンマー
緊急用のツールは万が一の時に誰にでも素早く使える事が需要です
ステンレススチールカッター
【全長17cm、握り易くて省力】波状のハンドルは握りやすく、滑りにくい、女性でもつかいやすそう。

ゲリラ豪雨など異常気象が増えている昨今、万が一の際に自分とまわりの人の大切な命を守るため、車用緊急脱出ハンマーは必ず常備すべき「車載常備品」です。今回は入れてませんが、「三角停止板」「蛍光タスキ」「非常信号灯」といった、二次被害を予防する緊急グッズも併せて常備しておくとより安心です。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事