Design
【2024年版】TAMIYAの入門機TT-02オススメボディ6選
スポンサーリンク

ラジコンの中では昔から一番人気でレースも盛んなのがオンロードツーリングカー。その中でもTAMIYAのTT-02は長い間、人気の車種です。低価格エントリーマシンでありながら上級者にも人気で幅広い人気のマシン、そんなTT-02でギャレットモータースがオススメするボディを5台紹介します。

スポンサーリンク

TAMIYAの入門機TT-02オススメボディ5選

TT-02は初心者向けですが長期間に渡りTAMIYAのRCカーの中でも絶大な人気を誇るマシンです。

一番人気なのでTAMIYAも力を入れておりボディやパーツもたくさんあります。

TT-02の良い所は入門マシンなので低価格。そして組み立て・調整が誰でもできるようになっていて、ノウハウもすぐ調べられます。

つまりRCカーの走行・セッティング・レースと楽しい部分が気軽に楽しめるようになっています。

ホビーRCカーでオンロードを始めるなら本格メカニズムをもちつつ、入門機の決定版でボディラインナップが豊富なTT-02が良いのではないでしょうか。

それではTT-02の魅力的なマシンを見ていきましょう。

ポルシェ 911 カレラ RSR(TT-02シャーシ)

男子の憧れポルシェの中でも伝説『73カレラ』ロングノーズ&ショートデッキの完成されたデザイン。911人気を不動にした車といっても大袈裟ではないでしょう。フロント、リヤ、フェンダー、空冷エンジンに到るまで最高傑作です。個人的な思い入れもありダントツのお気に入り

【 1973年のレースを席巻した最強のグループ4マシン 】 1973年、3つの国際選手権と7つの国内選手権を獲得し、さらにイタリア・シチリア島で行われた伝説の公道レース「タルガフローリオ」、デイトナ24時間耐久レースをも制覇。この年のレースを席巻したGr.4マシン、ポルシェ911カレラRSRのワークス仕様を再現した電動ラジオコントロールカー組み立てキットです。どこから見てもポルシェだと一目でわかる個性的なフォルムをポリカーボネートで実感たっぷりに再現。大きく張り出した前後のフェンダーが迫力です。また、シルバーカラーのボディを引き締める、レースシーンでおなじみのマルティーニストライプやゼッケンなどはステッカーで用意。前後とも2ピースのホイールにセットされるタイヤはレーシングスリック、リヤはワイドタイプとしました。
出典:TAMIYA

↑今買うなら、ポルシェ 911 GT3 (992)も捨てがたい!

↑ラフ・ヴェルトの911マルティーニもすごいです!。オーバーフェンダーがさらにオーバーフェンダーです(笑)

ランチア デルタ インテグラーレ(TT-02シャーシ)

ランチアは何と言っても美しいスクエアデザインが最大の魅力。さらに早いとくれば、現在でも熱狂的なファンがいることも頷けます。日本では『死ぬほど壊れる』という評判もありますが。。。上のポルシェと同じくこちらもマルティーニ・カラーですね。この配色、現代でも色褪せないです

【 土煙が似合う1992年のラリーチャンピオン 】 1992年の世界ラリー選手権チャンピオンマシン、ランチア デルタ インテグラーレの電動RCカー組み立てキットです。直線を基調とした2ボックスの4ドアハッチバックスタイル、エッジの効いた前後のブリスターフェンダーなど魅力あふれる姿をポリカーボネートでリアルに再現。ボンネットのバルジや、フロントバンパーに開けられた多くのエアインテークがハイパフォーマンスを感じさせます。また、ドアミラーやルーフスポイラーも別パーツで用意。モータースポーツシーンでおなじみのマルティーニストライプは大型ステッカーで実車そのままに仕上がります。シャーシはシャフトドライブ4WDのTT-02を採用。ラリーブロックタイヤを装着して、オンロードからフラットダートまでダイナミックな走りが楽しめます。
出典:TAMIYA

↑機器を持っているなら、マシンの組み立てキット

↑1から揃えるなら、完成済みのセットがオススメ

↑TT-02を持っているならボデイだけ交換するのも楽しい!

↑ランチアのマルティーニは何十年たっても永遠にカッコイイのかも

RAYBRIG NSX CONCEPT-GT (TT-02シャーシ)

GT500車両で唯一ミドシップレイアウトとハイブリッドシステムを採用しているため、「日産GT-R」や「レクサスRC F」よりも57kg重い最低重量を課せられている「ホンダNSX」がTT-02で登場

2014年のSUPER GTレースにおいて、唯一のミッドシップGT500マシンとして健闘を見せたNSX CONCEPT-GT勢。中でもTEAM KUNIMITSUのRAYBRIG NSX CONCEPT-GTを再現した電動ラジオコントロールカーの組み立てキットです。ミッドシップマシンならではの低いノーズと複雑な前後の造形が特徴的なスタイルをポリカーボネートでリアルに再現。独特な形状のドアミラーや吊り下げ型のリヤウイングは別パーツで用意してフォルムを引き締めます。また、RAYBRIGのロゴや前後のライト、フロントグリル、ブラック&シルバーのラインなどはステッカーで用意しました。シャーシは組み立てやすく、操縦安定性に優れ、セッティングも可能な縦置きモーター・シャフトドライブ4WDのTT-02。ブラックカラーの10本スポークホイールにレーシングスリックタイヤを装着しました。
★完成時の全長475mm、全幅188mm、全高123mm
出典:TAMIYA

↑彼(彼女?)が普通ではないことがこの写真だけで理解できますね

フォード マスタングGT4 (TT-02シャー