カッティングマシンはアパレル・看板・ステッカー等のDIY作品に大活躍します
スポンサーリンク

カッティングマシン(カッティングプロッター)は、名前のとおりデザインデータを自動でカットしてくれるマシンです。

一度使うと分かりますが、これは大変便利なマシンで看板やウィンドウディスプレイ、Tシャツやキャップのアパレル資材など、様々な素材を自由にカットできるので様々なものを作ることができ、DIY作品の制作にも大活躍します。

自作アイテム
カッティングマシン(カッティングプロッター)で作れるものの一例です。アパレル関係からステッカー、クラフト作品までいろいろなものが自作できます

スポンサーリンク

カッティングマシンはアパレル・看板・ステッカー等のDIY作品に大活躍します

カッティングマシン(カッティングプロッター)はハンドメイド・DIYなどホビー系はもちろん、教育機関、店内POPやディスプレイ・少ロットオリジナルグッズにとビジネスや副業にも幅広く使われています。

アパレル関係によく使われている熱転写ラバーシート

カッティングマシン(カッティングプロッター)は日本ではあまり認知されていないようですが、海外ではvinyl cutterと呼ばれDIYはもちろんプリントビジネスの定番として人気があります。

熱転写ラバーシート(アイロンプリントシート)を使用してのアパレル資材への加工は業務でもよく使われ、Tシャツ、パーカーやトレーナー、ユニフォームなどの綿素材

スポーツ関係のストレッチ系ユニフォームのポリエステルドライ素材水着系の耐候性を求められる生地撥水系の生地などアパレル関係に幅広く使われています。

熱転写ラバーシート(アイロンプリントシート)は、版が不要で、1枚から加工出来るので、小ロットオリジナルのグッズには特に向いています。大量生産は不得意です。

これは量が増えてもコスト&作業時が減らない為です。カッティングマシン(カッティングプロッター)はさみでカットして、転写したい部分を残しアイロンなどでプレスするだけの手軽さも魅力。

しかもプリンタなど高額機械も必要なく、コスト面で導入しやすいシートです。

カッティングマシンを使用した、オリジナルアパレル制作実例

▷アマゾンで熱転写シートを検討してみる

ステッカー・看板にはステッカーシート

単色のデザインや文字看板などにはステッカーシートが使えます。

ステッカーシートには耐年数や素材(ホログラム・蛍光・蓄光)も多く種類があります。カッティングマシン(カッティングプロッター)で好きな形にカットしたら不要な部分を取り除くだけです。

 シールや車のデコレーション、壁、お店のディスプレ看板の装飾など、多目的に使えます

カッティングマシン(カッティングプロッター)silhouette CAMEO3を使ってステッカーを作りました

▷アマゾンでカッティングシートを検討してみる

その他、布や革、プラ板などもカットが可能

カッティングマシン(カッティングプロッター)は、上記のステッカーやアイロンシートを使用するのがメインですが、機種によっては布や革、プラ板までカットが可能になりますのでDIYへの使用用途はすごく広いのが特徴です!

カッティングマシン(カッティングプロッター)のオススメ機種

silhouette CAMEO4

私のオススメはシルエットカメオ。無料デザインソフト(DL可能)でカットのデータ作成からカット設定まで全て行うことができます。

アドビのイラストレーターのデータ(dfx形式)も使えるのが便利。
異なるブレードを同時に2本装着することができるのでカット方法の切り替えがそのまま出来、効率的な作業ができます。ロールストッカーによりロールをそのまま装着することができるのもよいです。

個人的に一番のポイントはBluetooth搭載でワイヤレス接続なのがGOOD

シルエットカメオ 4 は、家庭や学校、オフィスで使える自分専用のカッティングマシンです。
初めて使う方でも、紙やカッティングフィルム、布等のさまざまな素材を簡単にデザイン、カットすること
ができ、必要なものは全て付属しているので、素材さえあればすぐにものづくりを始めることができます。
出典:GRAPHTEC

▷アマゾンでシルエットカメオを検討してみる

ScanNCut CM300

ScanNCut CM300はスキャナーが付属しているのでアナログ方式が好き(得意)な人に向いています。自動でデザインを判別してカットするので、パソコンがなくてもカッティングできます。

手描きのイラストを使用できるシンプルさが嬉しいです。シンプルな事はものづくりで重要な要素だと思います。様々なショップや学校でも使用されています。

もちろんパソコンで制作したデータを送れるので、さまざまな職種でも人気。

CM300 正面写真
パソコンが苦手でも大丈夫!かんたんにオリジナルグッズが作れる楽しい機械。手描きのイラストや印刷物もパソコン無しでそのままスキャンしてカットできるので、パソコンが苦手な方にも始めやすいカッティングマシン。スキャンカット一台でラベル作成・Tシャツプリント・ペーパークラフト等の作成からアップリケやキルトピース作成まであなたのアイデア次第で幅広く活躍します。
出典:ブラザー公式

▷アマゾンでスキャンカットを検討してみる

カッティングマシンで出来ることを見てみましょう

↑雑貨・小物の装飾にも

↑ペーパークラフトは大得意

↑硬い素材も刃を変えれば加工できます

↑ステッカー加工

↑パッケージ関係もかなりのクオリティで出来ます

↑ウィンドウディスプレイも得意

↑かわいい形のシートも作れる

↑レザークラフトも可能です!

カッティングマシン(カッティングプロッター)はDIY好きにはとても使えるマシンです。私も最近はシルクスクリーンよりもカッティングマシンばかり使っています。というのも小ロットで違うデザインのオリジナルアイテムしか作らないのでシルクスクリーンをやるには効率が悪いからです。※シルクスクリーンは30枚以上作るなら良いと思います。現在はこのカッティングマシンがメインで、4色や写真などは昇華プリントで制作しています。カッティングマシンは多様かつ簡単にオリジナルアイテムが制作できます。小規模ならば今回の2機種(カメオ・スキャンカット)で十分に対応ができるでしょうから一度DIY制作アイテムの選択にいれてみてはいかがでしょうか

 

※画像は全てイメージです。
※記載している内容は2020年5月現在のものです。
※一般的な使用方法をご紹介しています。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。

 

 

ギャレットモータースTシャツ

▷アイテムをみて見る

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事