Design
シルクスクリーン技法、印刷の原理を知る・簡単な工程で、慣れれば誰でも刷れる
スポンサーリンク

シルクスクリーン印刷は版画のひとつで、
版画には凸版(木版、リノリウム版、活版)、凹版(銅版、ドライポイント、グラビア)、平版(リトグラフ、ジンク版、オフセット)、孔版(謄写版、タイプ孔版、ステンシル、シルクスクリーン)などがあります。

シルクスクリーン印刷はそのなかでも孔版です。
シルクスクリーンは枠にメッシュ状の絹(Tシャツ用には一般的にテトロンが主流)を張り、インクの通過する部分と、通過しない部分を作り、スクリーンの上からインクをスキージで押し出して印刷する技法です。
要はインクが通過する穴とインクが通過しないところの使い分けで絵柄を作るイメージですね、ドット絵とかと同じイメージでになります。

今回はシルクスクリーン印刷がどういう原理で印刷されているかを解説していきます!

photo Mario Perez
071909_silkscreen-5470 July 19, 2009
スポンサーリンク

1.インクと版をセット

シルクスクリーン印刷は下から
平らな刷り台、刷るもの(Tシャツ)、枠の順で置き
枠の上からインクをのせて、スキージという道具で上から押しながらなぞり刷ります!

製版した版にインクを置く時は枠の上部分か下部分の余白部分におきます。
↑シルクスクリーンの基本的な印刷方法を解説しています
↑シルクスクリーン印刷を自分でやるときに必要な道具を紹介しています
スポンサーリンク

2.スキージを引く

シルクスクリーン印刷のプリントはスキージでインクを版に押し付けながら
版の枠上から下に引きます、だいたいは下から上に押して
1往復する位で印刷できます

スキージを均等な力で押しながら上手く引くには、何度か経験する必要があります。
最初はにじみやカスレがでてしまうかも? 最初の練習は、使い古しか安価なTシャツなどで試しましょう
↑シルクスクリーン印刷で避けてとおれないのでプリントミス、出来るだけ減らしたいですね
↑シルクスクリーン印刷で使うインクの解説です
スポンサーリンク

3.インクが落ちて印刷完成

刷り終えたら、版をすぐに洗いましょう、水性インクはすぐ乾燥するので
乾燥して版の表面が目詰まりしてしまうと、綺麗に印刷できない原因になります

孔が開いている部分にインクが落ちて印刷ができる仕組みです。シルクスクリーン印刷では版づくりの精度も完成に大きく影響します
↑シルクスクリーン印刷は製版(デザイン画)が上手くいくかで仕上がりの質が変わります
↑シルクスクリーン印刷に必要不可欠な版(デザイン画)は場合によってはプロに頼むのもおすすめです
↑シルクスクリーン印刷を出来るだけ安くしようとするといくらか?計算してみました

シルクスクリーンは版があれば簡単に刷れる

シルクスクリーン印刷の原理と工程は
簡単なので版とインクあればTシャツをたくさん作れます。

版は繰り返し使えますので、同じデザインのTシャツならば何枚でも作れます、

色をかえれば好きな色で作る事もできます。

シルクスクリーンは版、刷り台も自分で作れるので
個人で手軽に出来るのも魅力のひとつです。

シルクスクリーン印刷の技法は
100年位前からある技術なのでノウハウや資料も豊富にあるので
独学でもマスターできるでしょう

↑シルクスクリーン印刷を独学で習得してみる
↑シルクスクリーン印刷はハンドメイドやDIY趣味の人には特にオススメできます
↑シルクスクリーン印刷の制作工程も知っておくと、効率が上がります!

まとめ

今回はシルクスクリーン印刷が実際にどうやって印刷されるかを
イラストを交えて解説しました

著者は
・シルクスクリーン印刷の道具を一通りDIYで自作してTシャツを作る
・業者に製版だけ頼む
・オリジナルTシャツ全てを業者に頼む

全て実際に体験しました

その経験から
どれがベストかは
正直その人(目的)次第というのが本音です

自分で全部を作る楽しさ
プリントする楽しさ
デザインする楽しさ

それぞれに楽しさも目的も違いますからね!

実体験から言えることは
全工程の体験と道具の自作を経験しておくと

自分で少し作る時も、業者に大量発注するときにも
スムーズに管理ができるようになると思います

著者の周りに聞いても
シルクスクリーン印刷を経験したことがある人は
ほとんどいなかったので

今後も、経験者なりの情報やアイデアをシェアしていければと思います!

↑こういう動画を見て自分でもできそうだと思い、シルクスクリーン印刷の技法を試すようになりました
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事