ナップサック作成の気分
スポンサーリンク

ギャレットモータースオリジナルのナップサックを製作しました、ナップサックは小さく収納もでき機動性抜群でひとつあると便利なアイテムです。シンプルなデザインで、ボディカラーを黒にし、主張も強すぎず取り入れやすいナップサックにしました。

スポンサーリンク

ナップサックについて考える

ナップサックはバックパックの古い呼び名のひとつで、主に小型でショルダーベルトではなく紐が使われているものを指すことが多く、ジムやキャンプなどでサブバックとして様々なシーンで重宝するアイテムです。今回製作するナップサックはブラック生地に白のデザインのイメージで進めて行きます

 ベンツ史上"最鏡"を手に入れろ!

 

1.ラフイメージを考える

まずはラフイメージを起こします。元のデザインイメージはこんな感じ

2.実際にデザインを入れるスペースを測る

ナップサックに入れるデザインのサイズを測る

3.出力してバランスを見る

プリンターで普通用紙で出力
実際に原寸でプリントアウトして使用部分を切り抜いて、仕上がりイメージを確認します

4.デザインをカッティングマシン で熱転写シートに出力

デザインと熱転写シートがぴったりのサイズになるようにするのがなかなか難しいです
カットされて出力されました

5.熱転写シートをカス取りしてデザイン部分だけにする

デザインを最小パーツ単位のグループに切り分けます
カス取りしていきます
綺麗にデザイン部分だけ残します

6.配置場所を慎重に決めてヒートプレスマシンでデザインを印刷(熱転写)

デザインをナップサックに配置します
最初のイメージで採寸した場所に正確に配置します。これは毎回測定して配置します、
ラフデザイン時は感覚でデザインしても、最終配置は決めた位置に正確に配置します

最終配置は定規を使って正確な作業を心がけたい部分です
ヒートプレス マシンでプレスして出来上がりです、
今回はナイロン生地だったので140度で20秒プレスしました

7.熱転写シートを定着させたら完成

最終的にはラフデザンとは少し変えましたがシンプルでいい感じです
小さいデザインのディティールも綺麗に出ました
やわらかな素材でリュックよりも手軽に抜け感が出せるアイテム“ナップサック”。スポーツブランドのイメージが強いナップサックですが、使い方によってはおしゃれにも使えると思います。今回はブラックで製作しましたが、次回はカラフルなバージョンにもトライしてみようと思います
by カエレバ
by カエレバ
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事