ブランドデザインのプロセス
スポンサーリンク

多くのブランドはデザインが悪いから売れない、カッコ良いデザインを作ればよくなると思いがちですが、ブランドづくりという意味では何をデザインするかの方が重要になってきます。うまくいってないのは何が原因かを突き止めてその解決方法を探さなければなりません。表面だけに目を奪われて、見た目の部分だけ変えれば良いとおもいがちですが、様々な部分を総合的にみながら判断する必要があります。するべきことは『今何をすべきか』の問題を探ることです。その問題の解決方法としてデザインがあることが重要です。

理想のブランドづくりの実現に向け、リサーチ・プラン・コンセプト・デザインのプロセスをしっかり考えすすめながら、どのプロセスでもフォーカスは常に意識して進める必要があります。この4つのプロセス(サーチ・プラン・コンセプト・デザイン)は改めてひとつづつ詳しく説明していきます

photo Alexandre Rangel oficina Processing

ここでいうリサーチ・プラン・コンセプト・デザインの元の意味は以下です

リサーチ

マーケティングリサーチまたは市場調査(しじょうちょうさ)とは、マーケティングの一環として、顧客のニーズ・ウォンツをリサーチすること。またその手法をさす。
企業などの組織が、商品・サービスを提供するために、顧客を知り、顧客にあった商品・サービスをつくることで、様々な経営資源を効率的に運用できる。この顧客を知る活動がマーケティングリサーチである。
商品・サービスの享受者である顧客(消費者など)側からみれば、マーケティングリサーチが行われることで、自らの望む商品・サービスを利用することができるようになり、欲しくない・必要でない商品などの開発による無駄なコストが価格に転嫁されることを防ぐというメリットがある。
マーケティングリサーチは、このように顧客から企業への情報の流れをつくる活動のひとつであるが、「お客様相談センター」などが、顧客側から企業へアプローチされるのに対し、マーケティングリサーチでは、企業の側から顧客へアプローチし、顧客側の情報を得るのが特徴である。この特徴により、「自分から進んで文句を言わないが行動で示す(商品を買う・買わない)」ような多くの顧客の意見を商品・サービスに活かすことができる。

wikipedia

プラン

計画(けいかく、英語: plan)とは、何らかのものごとを行うために、方法や手順を考え、企てること。また、そうして考え企てた内容のこと[1]
計画とは、何かのものごとを行うために、あらかじめ、その方法、手順などを考えること(この場合「計画する」などと述語、動詞的に用いる)、およびそうして考えた方法や手順のことである。ブリタニカ国際百科事典によると、計画とは、将来 実現しようとする目標(目的)と、この目標(目的)に到達するための主要な手段や段階とを組み合わせたもの、とのことである[2]
英語では、(計画の内容ではなく)計画を立てるという行為は「en:planning」と言う[3]。つまり、英語ではplanを作成する行為はplanning、と呼ばれていて、一応、呼び分けは行われている。 (なお発音は「プニン(グ)」が近い、つまり「ン」とは全然言わないが、 カタカナ表記では「プランニング」が一般的)。
計画には、上述の目的(目標)や方法・手順に加えて具体的な時期、日付などが含まれていることが一般的である。ものによっては詳細な時刻まで含む。(その点で計画は、目的と手順が含まれているが日時が指定されていないような「手順書」や「レシピ」などとは異なっている。)
計画も無しに何かを行うこと(行ってしまうこと)を「無計画」という。
計画を立てたものの、実際には実行に至らなかったことや、計画通りの結果に至らなかったことなどを「計画倒れ」と言う。
計画が実行途中で頓挫したときに発動される次善の策、代替計画(代替プラン)を「plan B (プラン・ビー)」と言う[4]。英語圏では、現場でさかんに用いられる表現である。

wikipedia

コンセプト

概念(がいねん)は、命題要素となる英語: concept)が表すもの、あるいは意味づけられたものであり、言い換えれば、それが言語表現された場合に名辞(英語: concept)となるもの。 人が認知した事象に対して、抽象化・ 普遍化し、思考の基礎となる基本的な形態となるように、思考作用によって意味づけられたもの。
哲学では概念を「notion」(フランス語)、Begriff(ドイツ語)というが、日常的に concept(フランス語)、Konzept (ドイツ語)という。日本語訳は西周によって造られた。

wikipedia

デザイン


デザインと生産の関係は、計画と実行の1つ。 理論的には、この計画は、実行プロセスにおける潜在的な問題を予測し、補償する必要がある。デザインは問題解決と創造性を伴う。対照的に、生産には日常的な、または計画されたプロセスが含まれる。デザインは、生産プロセスやエンジニアリングプロセスを含まない単なる計画でもあるが、そのようなプロセスの実際の知識は通常デザイナーに期待される。場合によっては、そのようなデザインに必要な幅広い専門分野の知識を持つデザイナーが、製品の生産方法に関する詳細な専門知識を持つことを期待することは、不必要かつ/または実用的でない場合もある。
デザインと生産は、多くの創造的な職業で絡み合っている。つまり、問題解決は実行の一部とその逆である。再編成のコストが増加するにつれて、デザインから生産への分離の必要性も増大する。たとえば、超高層ビルなどの予算の高いプロジェクトでは(制作)建設からアーキテクチャを分離(デザイン)する必要がある。ローカルに印刷されたオフィスパーティー招待状のような低予算のプロジェクトは、数枚の紙、数滴のインク、1時間未満のデスクトップの低コストで数十回印刷して印刷することができる。
これは、生産が決して問題解決や創造性を伴うものではなく、デザインが常に創造性を伴うものではないということではない。デザインは完璧なことはまれであり、時には反復的である。デザインの不完全さは、デザインプロセスで見過ごされたものを補うために、創造性や問題解決スキルを活用して制作職(たとえば制作者、建設労働者 )に任せることができる。 同様にデザインは、既存の既存ソリューションの単純な繰り返し(コピー)であり、デザイン者からの創造性または問題解決のスキルを最小限に抑えることができる。

wikipedia

出典元:ブランドのはじめかた(日経BPマーケティング)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事