Design
フェアレディZやポルシェ(名車)のラジコン。タミヤTT-02ボディがオススメ/初心者のラジコン選び❶
スポンサーリンク

ホビーラジコンは子供のおもちゃだと思っていませんか?

マシン構造・ディテール、セッティング・操作性の高さやカスタムパーツの充実ぶりは、実車並の奥の深さがあります。

そんな中でも世界的模型メーカーの田宮は長年ホビーラジコンを制作・販売しており
最初の1台にオススメです。

この記事でわかること

・ホビーラジコンってどういうモノなのか
・実車:日産DATSUN 240ZとタミヤのDATSUN 240Zの魅力について

Mr.G
ホビーラジコンを最初に買うならタミヤのラジコンがオススメ

※当記事には広告が含まれています。※記載している内容は2023年12月現在のものです。

DATSUN,240Z
mangopulp2008
1972 Datsun 240Z Taken on July 28, 2016
スポンサーリンク

歴史的名車の日産DATSUN 240Zを見てラジコンに興味を持った

著者(ラジコン初心者)は父親がアウディやワーゲン等にのっていた影響?で車は小さい頃から結構好きでした

今思えば、昔からロングノーズ&ショートデッキ(という名称は知りませんでしたが)の車がかっこいいな〜と気になっていました。

日産DATSUN 240Zを初めて見た時は、国産車でこんなにカッコイイ車があるんだ!とすぐにお気に入りの1台になりました。


今、住んでいる東京のおかげでしょうか、日常でもたくさんの名車が走っており

ごく稀にですが、DATSUN Zも見かけたことがあります。

日産DATSUN 240Zは見かけるたびにとても素晴らしいデザインだと感じ、

見かけた日は少し嬉しくなります、四葉のクローバー的な感覚でしょうか

調べたところ、

わたしの好みは、特に1969~1978位に生産されたマシンでした

こんなデザイン性の高い車を所有している方は本当に羨ましいですね

サイトで見てみると

実車はとんでもなく高いお値段(900万位〜!!)でとても手が出ません(苦)


初代 S30型系(1969年 - 1978年)

1969年に先代モデルであるオープンボディダットサン・フェアレディに代わって発売された。

ヨーロッパ製の高級GTに匹敵するスペックと魅力あるスタイルを兼ね備えながら、格段に廉価であったことで、北米市場を中心に大ヒットした。日産(DATSUN)のイメージリーダーカーとして、足掛け10年もの長期に渡って生産され、世界総販売台数55万台(うち日本国内販売8万台)という、当時のスポーツカーとしては空前の記録を樹立した。「ダッツン・ズィー」の愛称で親しまれ、日産自動車の輸出モデルの総称でもある「DATSUN」の名を世界に知らしめ、日産の海外進出の活路を拓いた日産の記念碑的車両である。現在でも日本国内はもとより世界的にクラシックカーとしての人気や知名度は高い。

引用:wikipedia
最高にカッコいい!世界中でいまだに人気です。


私の場合、実際に運転したいというより
デザイン・見た目の雰囲気が好きなので
プラモデルやミニカーで探そうとしてみたところ。

ラジコンカーにも240Zがある事を知り、

なんだかラジコンも楽しそうだと思い、購入しようとしたのです。。。。。。が

困った事態が起きました

ラジコンにはたくさんの種類があるんです!!

ラジコンの中でも趣味性の高いホビーラジコンで探していたのですが、

初心者の私にはどれを買えば良いか分からなくて

まずは本屋やネットで調べる事から始めました

調べた結果、DATSUN 240Zはタミヤのものが値段も安く完成度も高いのでオススメです

しかし、現在(2022年5月時点)ではすでに販売しておらずプレミアが付いております



タミヤのボディなどはサイトで売り切れでも
タミヤに直接問い合わせるとまだある場合もあるとか、、、問い合わせたことはまだありませんが

TAMIYA 240Z  やはりかっこいいですね、残念ながら今はもう売ってません

↑ABCホビーというメーカーで240Zのボディだけならまだ購入できます1/10 RCカー用ボディです!

手のひらサイズ1/27スケールの本格ホビーラジコン、京商ミニッツには2000年代のフェアレディZ (Z33) ニスモ S-tune シルバーがあります。この年式もカッコいい!


タミヤ 1/10 電動RCカーシリーズ No.571 ポルシェ 911 カレラ RSR (TT-02シャーシ) オンロード 58571
240Zは販売中止なので、今買うなら、ポルシェ 911 カレラ RSRもオススメ、コチラもロングノーズショートデッキのマシンです。完成されたデザインにうっとりします
Point

ホビーラジコンはマシンやボディの精度が高く、モータースポーツの要素もある本格的なつくりが魅力

スポンサーリンク

まとめ

ハセガワ 1/24 ニッサン フェアレディ 240ZG プラモデル HC17

↑240Zのマウスがあるとは。。。結構ほしかったりします

Point

ホビーラジコンにはマシンの大きさやカテゴリーの違いで、色々な種類があります

余談ですがラジコンという名称は増田屋コーポレーションという
会社が商標を持っており
タミヤはRCモデル、京商はR/Cモデル、タカラトミーはエアロアールシー
で商標を持っているそうです

著者のTAMIYA 240Z!です。シャーシはTAMIYA TT-02 
スポンサーリンク

ダットサン240z 280z 違いとは?

ダットサン(Datsun)の240Zと280Zは、1970年代に生産されたスポーツカーであり、それぞれ異なるモデルであります。以下に、これらのモデルの主な違いを示します。

  1. エンジン:
    • 240Z: 1970年代初頭に導入され、直列6気筒の2.4リッターエンジンを搭載しています。
    • 280Z: 240Zの後継モデルで、280Zは2.8リッターのエンジンを搭載しています。
  2. パフォーマンス:
    • 280Zはより大きなエンジンを搭載しており、より高いパフォーマンスを提供しています。加えて、280Zは240Zよりも出力が向上しています。
  3. スタイリング:
    • 外観においては、基本的なデザインは240Zから継承されていますが、いくつかの細部の変更があります。例えば、バンパーやグリルの形状、ライトのデザインなど。
  4. 内装:
    • インテリアも微細な変更があり、一部のトリムや装飾が異なります。
  5. その他の改良:
    • 280Zは240Zの改良版と見なされており、サスペンションやブレーキ、操縦性など、いくつかの技術的な面で向上が図られています。

これらは一般的な違いであり、具体的な年式やモデルによっても微妙な変更があります。モデルの進化に伴い、エンジンの性能や装備が向上している傾向があります。

マイスト ダットサン 240Z Maisto 1/18 1971 Datsun 240Z レース スポーツカー ダイキャストカー Diecast Model ミニカー

タミヤ 1/24 スケール特別商品 スポーツカーシリーズ No.15 NISSAN フェアレディ 280Z Tバールーフ プラモデル 24015 成型色1980年に登場したNISSAN フェアレディZのトップモデル、280Z Tバールーフを1/24で再現したプラスチックモデル組み立てキット。仕上がりサイズは全長188mm、全幅76mm、全高54mm。

240ZG生産台数は?

240ZGの生産台数は、1969年から1974年までの輸出用を含めたもので15万台位(一説では157,382台)といわれれいます


フジミ模型 1/24 インチアップシリーズ No.95 ニッサン フェアレディ240ZG プラモデル ID95
スポンサーリンク