Design
撥水加工したウインドブレーカー・パーカーへの文字入れプリントを自作する方法
スポンサーリンク

気温調整の難しい時期に気軽に羽織れて軽いライトアウターのウインドブレーカー・パーカーは使い勝手がよく、色々なアウトドアブランドをはじめ、アパレルブランドから発表されています。

便利で着まわしもしやすいウインドブレーカー・パーカーですがシンプルなものが多く、
個人的にはシンプルすぎて物足りないな〜、と思う事もあります。

そこで
シンプルさは活かしつつオリジナリティーも出せるように

ウインドブレーカー・パーカーをデザイン〜自作しました。

今回のウインドブレーカー・パーカーのベースは防風素材を使用したフーディブルゾン。

生地裏にラミネート加工を施すことで軽さと強度を両立。
メッシュ素材の裏地、背中のベンチレーション機能は快適な着心地、と
あらゆるシチュエーションで着まわし力抜群の1枚。
このウインドブレーカー・パーカーにオリジナルデザインのプリントを入れていきます

スポンサーリンク

気温調整に便利なウインドブレーカー・パーカをオリジナルデザインで自作

それではウインドブレーカー・パーカをオリジナルデザインで作っていきましょう

ウインドブレーカー・パーカーに入れるデザインを考える

ウインドブレーカー・パーカーに入れるデザインを考えます

デザインデータ制作はアドビのイラストレーター(Mac)を使用

入れる文字やイラストは予めデザインデータを制作します。
ギャレットモータースのフォントやイメージキャラクターは以前に考えておいたモノを使いました。

デザインをパーカーのどこに配置をするかも考えながら、デザインします

デザインとパーカーの配置場所を考える流れで進めていきます

フロントはフード部分の先端にデザインを入れます
背面にも文字を配置
袖口にイラストを小さくいれました
両袖の内側にもデザインを入れます。通常はほとんど見えないけど、動いたりするとチラリと見えるように計算

▷ アマゾンでデザインのソフトを見てみる

デザインデータをカッティングマシンで使えるデータに変換

ウインドブレーカー・パーカーへのデザインは、カッティングマシンで熱転写シートをカットしてから、熱圧着します。

イラストレーターデザインのサイズを決めた後は、ファイルをdfx形式で書き出しで保存後
カッティングマシンのSilhouette CAMEOでカットします。

カッティングマシンへの出力ソフトはカッティングマシンの専用デザインソフトウェアSilhouette Studioで開いて調整してから行います。

まずはデザインを使用するサイズで原寸印刷して、実物(ウインドブレーカー・パーカー)に合わせながら調整します
細かいデザインも原寸配置してイメージとバランスは出来るだけ確認するようにしています
使用するサイズが決まったらSilhouette CAMEOでカットします。カットは専用デザインソフトウェア Silhouette Studioで設定を行います。転写シートは80μm(0.08mm)で設定はブレード2・速度4・カット圧6にしています。熱転写する場合は最後に反転するのを忘れないようにします
熱転写シート

カッティングプロッタやカッターでカットして、転写したい部分を残しアイロンなどでプレスするだけでプリントができます。専用のプリンタなど、高額な機械が必要ないため、
コストも抑えられるシート。

熱で溶ける糊があるので、熱と圧力で貼りつけます。
貼り付けはアイロンや、ヒートプレス機などで行います。

▷ アマゾンで見てみる

カッティングマシンでデザインデータを出力

デザインをカッティングマシン Silhouette CAMEOを使い熱転写シートをカットします。カッティングマシンは熱転写シートをデザインどおりにカットしてくれます

カッティングマシンCAMEOへのカットは無料の専用デザインソフトウェア Silhouette Studioで行います。
CAMEO3は出力可能幅が305mm以内なので、サイズ内でデザインしましょう
カット後に余計な部分を取り除く、カストリという作業をします。
画像では、カットラインが見えにくいので光を当てて見やすくして作業しています。※カストリはカット後、必要のない部分を取り除く作業で、剥がしづらい場合は少し温めてると剥がしやすくなりますよ
 

▷ アマゾンで見てみる

熱プレス機で熱圧着して完成

最後に熱プレス機で熱圧着します。
ここでは熱転写シートの位置がずれないように注意してプレスしましょう。

家庭用のアイロンでもできますが、少し難しいので、熱プレス機の方が簡単・綺麗にできます。

使用する熱転写シートが熱いうちに、フィルムを剥がすのか、冷ましてから剥がすのかは、シートの説明を確認をしましょう
剥がすタイミングを守らないと、綺麗にプリント出来ていないことがあります。

熱転写シートの位置固定にはポリイミドテープという耐熱テープを使います

▷ アマゾンで見てみる

160度で20秒プレス
袖や縫い目などの凹凸がある場合は、適当なサイズのシリコンゴムを生地背面に入れて均一に圧と熱がかかるようにします
デザインの入る部分の生地裏にシリコンゴムを挟みます
この袖部分の下側は、縫い目が重なっているので、普通にプレスすると綺麗に圧着できないのでシリコンゴムを敷きました
160度で20秒で完成。濃い色の生地ではプレスした際に出るあたり(プレス痕)が気になります。

プレス時間との兼ね合いもあるでしょうが、プレス時間が短いと剥がれやすくなってしまうので、このあたりはまだ試行錯誤が必要なのかもしれません

ギャレットモータースオリジナルのウインドブレーカー・パーカーです

熱転写シートを使えば、防水系の生地にもプリントが可能