自転車のブレーキアウターケーブルの汚れはメラニンスポンジで激落ちする
スポンサーリンク

私の自転車の(フロントブレーキ)アウターケーブルは白なのですが、この汚れが何のよごれなのか、パーツクリーナー・自転車クリーナー・中性洗剤・カークリーナー e.t.c...思いつく何を使っても落ちなくて困ってました

簡単に落ちそうで何をやってもきれいになりませんでした

色々試した結果メラニンスポンジを使ってみました

よくあるメラニンスポンジです
メラニンスポンジとは
メラミンフォーム素材で出来ており、硬樹脂のメラミン樹脂をミクロン単位で泡状に発泡させて製造されています。研磨スポンジなのでメタリックやクリアーな塗装面に使用するとマットな質感になる危険がありますので注意が必要です

ブレーキアウターケーブルはメラニンスポンジで綺麗になります

どうしても落ちなかった汚れが真っ白になりました
元の汚れたアウターケーブルです。簡単に落ちそうですが、洗剤・クリーナー系では全く落ちませんでした
綺麗になりました!!

掃除グッズの定番「メラミンスポンジ」は自転車洗車にもかなり使えます

メラニンスポンジは研磨力があるので塗装面にはよくないと言われますが、自転車のフレームや塗装面にも使用しているユーザーはおられるようです。自転車の塗装面に平面はあまりなく、曲面がメインなので艶が消えても分かりにくい(気にならない?)というのも多少影響していそうですが、どうしても艶・塗装の質感をキープしたい方は避けたほうが良いかと思いますが、汚れを落とす効果は高く、水分を含ませてこするだけという気軽さを考えると大変便利です。100円均一やスーパーなど、どこででも手に入るのも含めて考えるとコストパフォーマンスは最強かもしれませんね

私はケーブル類や金属(メッキ以外)、ホイール部分には使用しています。

どうしても研磨したいくない場合はピッチクリーナーが良いという話を効きますが、実際に使用した事はないので確証はまだありません

ピッチクリーナーとは
洗車では落ちない、ガンコなタール・ピッチなどの油性の汚れ、こびりついた虫の死骸等を除去し、同時に汚れ防止被膜を形成し、汚れの再付着を防止する。【用途】自動車用塗装面のピッチ&タールの除去、洗浄用【成分】石油系溶剤・シリコーン【危険等級】Ⅲ【危険物の種別】第四類【危険物の品名】第二石油類【危険物の性質】非水溶性
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事