野田琺瑯の道具箱は美しさの代償に脆い部分がある
スポンサーリンク
もう10年選手です

ほうろう(琺瑯)は、金属の表面にガラス質の釉薬を焼き付けた素材です。

強いけれどサビやすい鉄と、美しいけれどもろいガラスを結合させ、強くて美しい両者の長所を活かした複合材料。

日本では明治時代頃から存在します。

野田琺瑯の道具箱は高貴なまでに美しい白さに、清潔感があります。

それもそのはず消毒器として実際に使われていた事もあります。

アイデア次第で様々な使い方ができる収納道具で人気です。

大切に使えば錆はやかけはでません!

スポンサーリンク

野田琺瑯の道具箱は美しさの代償に脆い部分がある

最初に野田琺瑯 (のだほうろう)は1934(昭和9)年創業。70年以上琺瑯づくり一筋に製造を続けている栃木県栃木市にある琺瑯メーカーです。

-鋼板(鉄)を溶接して土台となるかたちをつくり、ひとつひとつ手仕事でガラス質の釉薬を施釉し、高温で焼成-国内で唯一、琺瑯づくりの全ての工程を自社で一貫生産しています。

高品質な琺瑯の製品をしており、数多くのTV・雑誌にも取り上げられています。

容器は綺麗なままです

道具箱に何を入れる?

まずシンプルで美しいフォルムと色合いにハッっとします。

ふたを開けた中身は十分な深さと奥行きがあるので、小物を収納するのに最適。

たとえばキッチン・ワークスペース・リビング・玄関などあらゆる場所であらゆる道具の収納場所として活用できそうです。

何を入れても違和感なくどこに置いても暮らしに馴染んでくれるのがこの道具箱の良さです。

道具箱というネーミングは、使う人の数だけそれぞれに使う道具があり、その道具を入れるお気に入りの道具箱であって欲しいという想いが込められてるのではないでしょうか

蓋は落下して表面が欠けてしまいました。ガラスのように扱う気持ちが必要です
容器は綺麗なままです、本来はこの状態で長く維持できます

温かみのある野田放琺瑯のアイテム

琺瑯製品は残念ながら、手間と時間がかかるのでステンレスやプラスチックなどの扱いやすい素材に置き換わっりつつありますが、温かみのあるほうろうは見直されつつあるように感じます。

大切に扱えば10年、20年と美しい色合いのまま長く使えること。

酸や塩分にも強く環境ホルモンや有害物質を出すことがない人にも地球にも優しい点です。

それだけでなく、耐熱性・冷却性も高くガラス質なので雑菌の繁殖を防ぎ、食材の持ちが良くなります。

臭いの強い食材を保存しても、容器に臭い移りがないのも特長です。

しかも野田琺瑯(のだほうろう)は一つ一つ手作りで作られています。

サイズ W:325×D:230×H:114 mm、容量/重量 3.9L / 約1450g、梱包サイズ W:336×D:245×H:110 mm、
梱包重量約 1650g、カラー(品番) ホワイト (DGー35W)

残念ながら弱点もあります

表面がガラス質なので、衝撃や落下で欠けや割れが生じる事があります

また、工程上全てをガラス質で覆いきれない為、水分や塩分等で鉄サビが生じる可能性もあります。
※鉄サビで安心みたいですが、お手入れにより防ぐ事も可能。

ようは落としたり、硬いものが当たると表面が割れてしまうんです。

私の野田琺瑯の道具箱も落下で割れてしまいました。

表面にガラスの膜があるようなものなので仕方ないですが、美しく清潔感の代償でしょうか、表面が割れてしまうと悲しいかな完璧な真っ白い外観は損なわれてしまいます。

私は小物入れに使用しているのでそのまま使用しています。

買い換えた際は完璧な白さを維持できるように大切に扱いたいです。

あくまで硬めのガラスという気持ちで接すれば良かったのですが、鉄のような気持ちで雑に扱ってしまったことが残念でなりません!

食材はもちろん、カトラリーやツール、書類、宝物入れ等、自分だけの道具箱として何を入れてもあなたの自由です
野田琺瑯 野田ホーロー 道具箱 ( DG-35W ) ホーロー容器 のだホーロー...

▷アマゾンで見てみる

みなさん野田琺瑯を素敵に使われています

↑作り置きの容器に、野田琺瑯は冷蔵&冷凍保存に加え直火での使用も可能です

↑ケトル「アムケトル」と「ポトル」白じゃない野田琺瑯も良い雰囲気ですね

↑豆苗育成のなんだかほっこりします

 

▷アマゾンで野田琺瑯の製品をみて見る

 

※画像は全てイメージです。
※記載している内容は2020年4月現在のものです。
※一般的な使用方法をご紹介しています。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事