2WD(RWD)ドリフトのジャイロ搭載で知っておきたいコト
スポンサーリンク

2WD(RWD)ドリフトでの必須アイテムがジャイロ。

正確にはステアリングジャイロという名前で発売されているラジコンドリフト用のアイテムです。

このジャイロを搭載する場所はラジコンのシャシーですがその搭載場所や置き方には他の機器にはないちょっとしたルールがあります

スポンサーリンク

2WD(RWD)ドリフトのジャイロ搭載で知っておきたいコト

ジャイロはゲイン量という数値を調整する事で効き具合を調整することができます。

搭載する場所はシャシーの水平が維持できる場所に両面テープで固定します。

他の機器はコード等の干渉が少なくしっかり固定されていれば大丈夫ですが、ジャイロはセンサーが自動で調整を行う機器なので、ジャイロの性能が発揮できる場所を選んで適切に搭載しましょう

YOKOMO YG-302ステアリングジャイロ。ヨコモ製ジャイロユニット。ベーシックモデルでYOKOMOのキット付属もこのYG-302の場合が多い。初心が最初に買うにはうってつけの製品
ジャイロから出ている3種類のコネクターは上のとおりです。※ゲイン調整をトリマーでする場合は3ch接続は不要
手動の場合は中央のダイヤルを回してゲイン調整を行います。プロポ(送信機)側でリモート設定できるものもあります

▷アマゾンで見てみる

ジャイロは水平が維持できる場所に搭載しましょう

ジャイロ搭載で一番重要なことはシャーシーに対して水平に取り付けることです。

これがジャイロ搭載で守るべきたった一つのルールです。

最もベーシックでいて一番ポピュラーなのがシャシー中心であるこの部分に搭載すること。ゲインのダイヤル調整も容易で初心者にはおすすめ。

ステアリングサーボの上も良く見ます。問題ないようなのですが、個人的には熱をもつのサーボというコントロールの要の機材の上に載せるのは、、、少し心配
ジャイロはマシンがスライドした時にセンサーが挙動を感知し、自動で補正動作を入れてくれる機材です。垂直や斜め角度で搭載されていると感知のセンサーが誤って検知したりするので、正しい動きができなくなってしまいますので必ずシャシーに対して水平に搭載しましょう

 

ステアリングジャイロ(通称:ジャイロ)は2WD(RWD)ドリフトには必須のアイテムであることは説明してきましたが、必要性と搭載方法の次は設になるでしょう。ジャイロの細かい設定は改めて記事にしようと思います。ジャイロの挙動を初めて体験すると今までのラジコンでは感じたことのない面白さを発見するかもしれません

 

 

 

※画像は全てイメージです。
※記載している内容は2020年5月現在のものです。
※一般的な使用方法をご紹介しています。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事