Design
トートバッグをオリジナルデザインで1枚だけ安く自作制作して販売
スポンサーリンク

ちょっとしたお出かけや普段使いに重宝するのトートバッグ

シンプルで持ちやすく、メインやサブバッグどちらにも使用できて優秀なアイテム。

最近では老若男女問わずいろんなトートバッグを持っているのを見かけます。

ワンポイントデザインが入ったもの、刺繍や材質等、種類も多岐に渡ります。

そんな便利なトートバッグを小ロット・オリジナルデザインで制作しました!

スポンサーリンク

A4書類も入る使い勝手の良いトートバッグをオリジナルデザインで自1枚だけ作

トートバッグ制作で最初の工程は無地のトートバッグを選ぶところからはじめます。

アパレルメーカーやショップ向けに、商品の元となるアイテムを提供している無地アパレルブランドメーカーがあり、その中でも最大手の2社ユナイテッドアスレかトムス(プリントスター)から選ぶことにします。

2社ともに「高い品質」と「安定した価格」で信頼感があり、どちらで注文しても良いと思います。

取引契約すれば卸価格での取引も可能なのがうれしいです。

↑ポケット付きでやや厚めなのがメインバッグにも対応できそうです

↑大きめで使いやいのに低価格、プリントスターの大定番アイテムです

今回はプリントスターのLサイズで黒色にすることに決定しました

トートバッグに印刷するデザインを考えます

ギャレットモータースオリジナルデザインのトートバッグは以前制作したイラストをベースにします

以前制作したマスクマンのイラストを使って、トートバッグのデザインにします
黒トートなのでに白色でデザインを考えます。デザインはアドビのイラストレーター(mac)を使います
デザインが決まったら原寸(100%)で印刷して実際のトートバッグに当てながら、サイズや位置等の最終調整をします。印刷はエプソンのインクジェットプリンターPX-105を使用
バランスとデザインのサイズを確定します

▷ アマゾンで見てみる

↑コンパクトサイズ、ビジネスのためのスペックを集約した超低価格プリンターです

カッティングマシンでカットして熱プレスでプリント

デザインデータをカッティングマシンでカット用に調整後、アイロンプレス機でプレスして完成です

イラストレーターでカット用のデータを制作。空白部分は熱転写シートの無題になるので、デザイン要素をなるべく隙間なく配置します。カッティングマシンのカメオでA4の転写シートをカットするためにカッティングマシンで使えるデータのdfx形式のファイルに書き出して保存
カッティングマシンCAMEOを使用。カッティングマシンCAMEOの出力用ソフトである専用デザインソフトウェア Silhouette Studioでdfx形式ファイルを開いて出力。転写シートは80μm(0.08mm)です。Silhouette CAMEOの設定をブレード2・速度4・カット圧6にしています。転写系の素材は最後に反転するのを忘れないようにしましょう
カッティングマシンはSilhouette CAMEO。転写シートのセットは水平・垂直に気をつけましょう
カッティングマシンで出力した転写シートをトートバッグに乗せてから、平板のアイロンプレス機でプレス(プリント)
160度で20秒プレスしました
綺麗にプレス(プリント)されました

↑転写シートは本当に便利、小ロットアパレル制作には欠かせません。ただし細かいデザイン(1mm以下)は苦手です

▷ アマゾンで見てみる

↑カメオ3は価格とできることのバランスが良いです

▷ アマゾンで見てみる

↑小ロットアパレルビジネスにアイロンプレス機は欠かせません

 ギャレットモータース オリジナルデザインのトートバッグ

ギャレットモータス オリジナルデザインの自作A4書類が入る、使い勝手の良いトートバッグが完成しました!

黒ベースに白プリントでもくっきり綺麗に出るのが転写シートの良いところです。シルクスクリーンは水性インクだと濃い生地に綺麗にプリントするのがなかなか大変なんですよね
なかなかのクオリティです。カッティングマシンはこの位細かいデザインでも、カットには問題無いですね
カンマ部分にアクセントでスワロフスキーを入れました。

最後に色々なデザインのトートバッグをみてみましょう