illustratorでロゴデザイン/スピード感や躍動感のある文字デザイン・Tシャツデザインにもオススメ
スポンサーリンク

ロゴデザインやTシャツデザインにも使いやすくてオススメの躍動感とスピード感を感じる文字デザイン。
イラストレーターを使えば簡単にできます

フォントにパーツを組み合わせて、簡単に作ることができるので、
初心者の方でも簡単に作成することができ、応用もできますので

一度覚えておくと便利な加工方法です!

スポンサーリンク

少し太めのフォントで文字全体の幅が薄い方がスピード感を出しやすい

スピード感のある文字はスポーツや勢いのあるワードに使うとハマります。
使用するフォントはゴシック系で太めのウエイトが加工しやすいのでオススメ

またできるなら字幅は狭い(細い)方が個人的にはハマりやすいと思いますよ!

使用したフォントはBebas

まずは文字を打っていきます

GERRETT SPEEDの文字をデザインしていきます

文字を使う予定の大きさまで拡大

フォントをBebasに

文字をアウトライン化

アウトライン作成[⌘ + Shift + O]かメニュー[書式]→[アウトラインを作成]

アウトラインした文字はグループ化されているのでグループを解除

グループを解除[⌘ + Shift + G]かメニュー[オブジェクト]→[グループ解除]

文字を一文字づつ飛ばして選択

選択した文字を上にあげる

GARRETTTとSPEEDを上下で組み合わせる

センター揃えでバランスを取りました

スピード感のニュアンスを長方形で出していきます

長方形の設定

文字に対して長方形んの大きさはこの位のバランスにしました

長方形を角Rにします

この角Rの長方形を使ってスピード感のニュアンスをだしていきます

バランスを見ながら文字に黒色(文字色)で角Rの長方形を置いていきます

白い角Rの長方形も置いていきます

このくらいの量とバランスで白と黒の角Rの長方形を置きました。これでベースのデザインは完成

文字に加工していきます

メニュー[オブジェクト]→[エンベロープ]→[ワープ作成]→[上昇]

かかり具合は数値で設定できます。好みの形をプレビューで探します

メニュー[オブジェクト]→[透明部分を分割・統合]
文字のアウトライン化と同じような機能です

文字のデザインが完成しました!

スポンサーリンク

デザインをTシャツのデザインに展開

作ったデザインをTシャツに展開

写真素材は無料素材は豊富なPexels

デザインがうまく入りそうなT シャツを着用している写真を探します

この写真を使うことにします

先程のイラストレータで作った文字デザインをコピーして
写真の上にピクセルとしてペースト

白い部分をレイヤーを乗算にしてなくします

レイヤーを乗算にすると白い部分が見えなくなります

文字デザインの大きさなどを調整

不透明度を少し落とすと、自然になじみやすいです

影の強い部分を黒色のブラシツールで文字のデザインにもつけていきます

影を塗ったブラシの設定
スポンサーリンク

Tシャツデザインの完成

まとめ

文字にスピード感や躍動感を出す方法は、初心者の方でもすぐに出来る位に簡単です
ポイントはベースのフォント選びと
スピード感のあしらい(角Rの長方形)の入り具合です

応用もしやすいので
一度マスターしておくと、ちょっとしたあしらいにも使えて便利ですよ!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事