シルクスクリーンでTシャツを作る前に考える
スポンサーリンク

Tシャツは自分の個性や好みを表現するにはうってつけの方法です。ベーシックな無地でもほんの少し手を加えて仕上げることで一味違うものにできます、袖を切る、裾を切る・絞る、色を染める、etc.そのカスタマイズの方法に自分のスタイルが出ます。例えばですが、NY嫌いな人がI LOVE NYと書いてあるTシャツはおそらく着ないでしょう。またはスニーカーのようにコレクターアイテムとしての一面もあります

photo Insomnia Cured Here James Dean in "Rebel Without A Cause"
Tシャツと言えば永遠のアイコン ジェームスディーン、シンプルなスタイルは
今見てもカッコイイです
スポンサーリンク

Tシャツは流行を超越したベーシックアイテム

1970年代の初めに雑誌ELLEは『Tシャツは決して流行遅れになることのないベーシックな服になるであろう。なぜなら、すでにそれは流行を超越している』と書きました。性別も超え世界中で愛されているアイテムがTシャツです。あるときはサイジジングで遊んだり、セレブリティやミュージシャン着用と同じタイプを探したり、好きなメーカーやキャラクターを集めたりと、洋服に興味がなくてもTシャツ好きという人は多数存在すると思います

シルクスクリーン印刷の普及でTシャツはメッセージを発しはじめた

1960年代にシルクスクリーン印刷が普及し始めると、Tシャツはメッセージを発信するアイテムとなりました、ヒッピーは『Love&peace』、パンクスは『FUCK』、他にもざまざまな形でTシャツは歩く広告塔、歩くメディアになっていきました。キャンバスに絵をかく画家のように、それぞれの自由な表現をアウトプットできるアートとも言えます。着ている人の趣味や趣向もわかるコミュニュケーションツールとしての機能もあります。現在ではシルクスクリーンを気軽に出来る環境になり、よりパーソナルな存在になっていると言えるでしょう

シルクスクリーンでのTシャツ作りはコンセプトを考えてから

結局は自己満足であっても、何かのコピーをしたり、流行を意識するのはあまりオススメしません、自分はこれが好き、こういうデザインが欲しいというモノを作るのが良いです。売れそうとか、流行っているとかはメジャーな会社などが製品化していると思います。自分の好きな世界観とか、好きなデザインを追求して作ってみるのが一番面白く楽しいです。それが遊びであっても、Tシャツで自分のブランドを作ってみたいと考えているとしても、『自分の中の世界観を大事にする』のは全てに共通すると思います

参考文献:Tシャツ・ブック ノルベール・ルレ

Simeon Farrar(シメオン・ファラー)のスタイル

Simeon Farrar(シメオン・ファラー)は1950年代アメリカの抽象アートに影響を受けたアーティストでTシャツのグラフィックを表現方法にしており、全てロンドンのアトリエでシメオン・ファラー自身がプリントや染め加工しているそうです。プリントされたインクが乾く前に洗いをかけるという手法によって、独特の色落ちやにじみを表現したTシャツは一枚一枚表情が違います。こういう作家もおられるんですね、すごく楽しそうです。こういうスタンスでモノづくりを出来ればという理想のひとつだと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事