スポンサーリンク

シルクスクリーン印刷といえばTシャツプリントが有名ですが、シルクスクリーン印刷は布製品だけでなく、プラスチック、紙、木、ガラスなどにも印刷できる万能なプリントツールなんです。シルクスクリーン印刷でどういうモノが作れるかを見ていくことで、自分の作品作りやアイデアにいきてくると思います。今回はそんなシルクスクリーンで作れるグッズを紹介します

スポンサーリンク

シルクスクリーン印刷の手法を知ればグッズ制作のアイデアが広がります

タンブラー・水筒には

回転シルク印刷

アイテムを回転させながら印刷する方法。円筒状(タンブラー・水筒等)であればどこのでも印刷できますシルク印刷と原理は同じですが、ボトルなどを回転させながら印刷します。

ボールペン・マグカップには

パッド印刷

インクを載せたシリコンゴムのパッドを、スタンプのように押し付けて印刷します。シリコンパッドに弾力があり、曲面にも名入れできます。繊細なデザインも再現でき、名入れ範囲の狭いボールペンなどによく使われます

スケートボードに

スケートボードにも刷れます、通常のシルクスクリーン印刷の手法です

スポンサーリンク

ポスターやDMも

紙でもポスターやDMもシルクスクリーンを印刷はできます。アート作品の制作としても使えます

スポンサーリンク

ガラスにも

先に紹介した回転シルク印刷の手法ですがガラスにも印刷できます。もちろん平面のガラスにもできますよ!

アイデア次第でグッズ制作の可能性が広がります

紹介したシルクスクリーンの手法と自分のアイデアを活かせば様々なグッズ制作が自作できます。

シルクスクリーン印刷はものづくりツールとして優秀ですが、実はビジネスツールとしても大変優秀です。いろんな職種やショップの商品はもちろん、アメニティグッズやオリジナルグッズ。企業やイベントでの販促ツールやノベルティグッズ〜記念品に到るまで。実は普段目にするものや、手にするものの多くはシルクスクリーン印刷が使われていたりします。それゆえに制作会社も数多くあり、仕事になる機会もたくさんあります。自分のアイデアと技術で個人でも勝負できる面白いツールです。うまく使って作品づくりやビジネスアイテムに活かせればまさに一石二鳥ですね。楽しみながら学べるので趣味としても最適ですよ! すごく身近でも友人や家族に作ってプレゼントしてもすごく喜ばれますよ

 

※画像は全てイメージです。
※記載している内容は2020年9月現在のものです。
※一般的な使用方法をご紹介しています。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。

 

 

ギャレットモータースグッズ販売
△ギャレットモータースのオリジナルアイテムです。どうぞよろしくお願いします

 

Instagramやってます!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事