フロントのトー角調整でカーブの反応は変わる
スポンサーリンク

コーナーを曲がる時に重要になってくるのがフロントトー角の調整。フロントトー角の調整で扱いやすいマシンに仕上げてコーナーコントロールのスキルアップをめざしましょう

スポンサーリンク

フロントのトー角調整でスムーズなマシンコントロールを目指す

トー角の調整以前の記事で紹介しましたが

  • フロントトー角=ステアリング反応に関係(トー角は状況で変更)
  • リアトー角=安定性に関係(トー角ゼロ〜トーインが基本)

フロントトー角は状況に応じてイン〜アウトまで幅広い設定が考えられますが、初心者の基本はトーアウトです。理由はマシンが曲がる際トーアウトにしておけばマイルドよりの反応になりコントロールしやすくなります。特に初心者が苦手な急激な挙動を抑えることができるので、基本はトーアウトと覚えておきましょう

フロントトー角調整のルール

ルール1:ステアリングタイロッドを短く

フロントトー角はステアリングタイロッドの変更で調整します。トーアウトにするには標準より少し短くします。設定は定規を使い左右が同じ長さになるようにして、最後にトー角測定もしっかりしましょう。ちなみにリアのトー角はサスマウント の変更が一般的です

ターンバックルタイプならば、ステアリングタイロッドの長さを調整すればトー角は簡単に変えれます。調整は使い勝手が待ってくちがいますので専門工具のターンバックルレンチがオススメです

 

ルール2:ダンパーの取り付け位置

ダンパーの取り付け位置は操作性にも関係があり、ダンパーを寝かせるとソフトに、ダンパーを立てるとハードになります。立て気味の位置が基本です

ダンパーステーにダンパーの取り付け穴が何個かありますので、内側の穴なら寝かせ気味、外側の穴なら立て気味になります。ロアサスアーム(下側)は逆になります。
上の写真は立て気味にはなってないのですが。。。

 

 garrettmotors item(ギャレットモータース オリジナルアイテム販売中)!!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事