オリジナルメガネケース
スポンサーリンク

メガネをかけている方なら1つは持っているメガネケース。メガネを購入するとだいたい一緒についてきますね。このメガネケースをせっかくならもっと自分の好みに変更したいと思い少し加工してみました。

ギャレットモータースブランド
イラストとそのまんまですがメガネケース(GLASSES CASE)の文字を入れました

スポンサーリンク

カスタム用にセリアのファスナー式メガネケース「セミハードタイプ」を購入

カスタム用のメガネケースはセミハードタイプのケースをセリアで購入、このクオリティで100円とは...100円ショップおそるべしですね。セミハードタイプのケースはメガネをしっかりと保護したいという方には特におすすめです。頻繁に落としてしまってもメガネに傷がつく心配がありません。そのうえ軽量と良いことづくめです。少し大きいのがデメリットに感じる人はいるかも?

わたしの場合はメガネとサングラスを交互に使用していますので常にメガネケースを持ち歩いています。さらに現在使用しているメガネが大きいので普通のメガネケースでは入らない場合があるのですが、このタイプならどんなサイズのメガネやサングラスでも収納できます。

これをベースにカスタムを進めていきます!

↑このタイプのハードタイプのケースを使用。同じようなものが100円ショップのセリアにあったので購入しました。100円ショップはDIYやカスタム好きも楽しい場所です!

最初にデザインを決めていきます

メガネケースに入れるデザインを考えていきます。色々考えましたがSUPERGEEKGLASSES CASE どちらかの文字とキャラクターを入れる事にしました。

イラストレーターデザイン
デザインを作るのに使用するのはアドビ イラストレーター
フォント
デザイン制作にはイラストレータを使っているのは、使いやすさとデザイン制作に適した機能が充実しているからです
イラスト制作
今回使用するデザインはこちらに決定しました
イラストは以前制作したものです

決定したデザインを印刷加工用にデータを加工します

デザインが決定したらデザインを印刷加工用にデータ化します。小ロットでプリント系のアイテムは熱転写ラバーシートか昇華転写が良いですが。色数が少ない場合は熱転写ラバーシートをカッティングマシンでカットする方法でいきます。

カッティングマシンがない場合はデザインをコピー用紙などにプリントアウトして熱転写ラバーシートを重ねてデザインナイフでフリーハンドカットもできますが、相当な技術が必要かも?です。

 

 

アウトラン
カッティングマシン用にアウトランが綺麗な線になるよう調整します。余計な点や複雑なオブジェクトがないように注意しましょう。プレビューで確認して問題なければDFX形式で書き出します
シルエットカメオ
イラストレータで書き出したDFX形式をSilhouette Studio(無料ソフト)で開き、デザインを実際に使用するサイズにします
シルエットスタジオ
使用するサイズに合わせたらカッティングマシンにデータを送って出力します。今回の熱転写ラバーシートは80μと書いてあったのですが素材が厚くカットが上手くいかずかなり強めの設定にしました。設定は刃出し2、速度5、カット圧7、パス1で何とか切れました。熱転写ラバーシートは安いとカットに影響が出る事がありますね〜

カッティングマシンで出力して熱プレスしたら完成

カッティングマシンは1色のデザインを小ロット制作するには大変便利でDIYやグッズ制作好きにはマストアイテムだと思います。今回は作ったデータを出力して熱プレスすれば完成です

カッティングマシン
カッティングマシンに熱転写ラバーシート(白色)をセットして出力

▷アマゾンでみてみる

 

ライトテーブル
出力された熱転写シートをパーツごとに余計な部分を取り除きます。デザインパーツをメガネケースに実際に当ててみてバランスを調整
シリコンマット
実際のデザイン素材を置いてみながら最終的なレイアウトを決めていきます
耐熱テープ
ある程度デザインが決まったらデザインパーツがずれないように耐熱テープで仮止めします
サングラスケース
こうして止めておくと完成予想も見えやすいです
カスタムデザイン
メガネケースは形状的に熱プレス機で挟めないので直接押し付けて定着させます
ヒートプレス
下から少し力を入れながら160度で約20秒押し付けます
華氏
厚くなりますので耐熱手袋があると安全ですね

オリジナルメガネケースの完成です!

オリジナルメガネケース
 表面の素材は凸凹していて心配でしたが、綺麗にプリント(定着)できました
グッズデザイン
中に入るメガネもカスタム済み、テンプルにデザインを入れてみました
メガネをプチカスタムした記事です
サングラスケースカスタム
フックが付いているのも便利です
自作アイテム
しっかりとガードしてくれます
メガネケースカスタムデザイン
素材感も安っぽくはないんですよね
スポーツブランド
GLASSES CASEと書いてあるのでメガネケースとすぐわかります(笑)ケースの形を見ればメガネケースとわかると思いますが...

 

メガネケースはサングラスケースにも使えるので今回制作したメガネケースを常に持ち歩いています。メガネケースは熱プレスマシンに挟めないので、海外のYOUTUBEでやっていた押し付ける方式でやってみましたが上手くきました。100円ショップのアイテムはは気軽なので、今度色々カスタムしてオリジナルグッズ制作を試してみようと思います!

 

 

※画像は全てイメージです。
※記載している内容は2020年7月現在のものです。
※一般的な使用方法をご紹介しています。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。

 

 

△ギャレットモータースのオリジナルアイテムです。どうぞよろしくお願いします

 

△インスタグラムやってます!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事