グッズ制作
スポンサーリンク

真冬以外はアンクル丈のスニーカーソックス的なものを愛用しています。基本白い無地を購入していますが、趣味のグッズ制作のついでに自分でワンポイントデザインを入れたソックスを制作してみました

色々なものをカスタムしてグッズ制作を楽しんでいます
スポンサーリンク

アンクル丈の白ソックスにワンポイントプリントしてオリジナルグッズ制作

今回は普段から一番着用するアンクル丈の白いスニーカーソックスにワンポイントのアイコンを入れる事にします。入れる内容は以前制作したギャレットモータースのオリジナルキャラクター(マスク ド ギャレット※)のイラストを入れる事にしました

※MASK DE GARRTTE(マスク ド ギャレット)のプロフィールは架空のプロレス団体、『ギャレットマスクレスリング』所属レスラーです。スパナをモチーフにしており、普段は整備士をしている。

プリントは熱転写シートで圧着プリント

熱転写シートでの圧着プリントはあらかじめ決まった色のシート圧着シートをカットしてプリントするので、版代もかからず、安価にでき1点ものなどに最適。エッジも綺麗に仕上がり、色ムラなくクッキリとした仕上がりになるため視認性も抜群で耐久性も高いです。ただ基本単色のみで1mm以下のデザイン、多い枚数には向いてません。

熱転写シートはインクではないので滲んだりかすれたりすることもなく、スポーツ関係のユニホームやゼッケンにはよく使われています
テスト制作なので片足だけプリントにしてみました
ロゴや文字系のデザインならわりと行けそうです
ソックスは普段隠、靴を履いてると見えないってのもいいですね。いろいろ面白い事ができそうです。他のデザインでも試してみたいです

↑ソックスは1足300円程であります。卸業者なら1足100円位でありますよ

制作工程は3ステップです

熱転写シートで圧着プリントは3ステップ程の簡単な工程で制作が出来、毎回違うデザインも可能なので色々なデザインが試せて楽しいです

1.デザインデータ制作

手書きでデザインラフを考える
デザインラフをPCにとり込んでアドビ イラストレーターでデジタルデータに

▷アドビイラストレータを見てみる

2.カッティングマシンで出力

熱転写シートをセットしてカッティングマシンで出力
出力したら余計な部分を取り除く

▷いろいろなカッティングマシンを見てみる

3.熱プレスマシンで圧着プリント

使用するデザインの熱転写シートをプリントするソックスに乗せて、
シリコンシート(クッキングシートでも可)を乗せて熱転写プレス機で圧着して完成

▷熱転写プレス機を見てみる

色々なソックスを作ってみたい

ソックスは刺繍しか難しいのかと思っていたので、プリント出来る事が分かり嬉しいですね、遊び心のあるソックスが作ってみたいです〜

↑レギュラーサイズならこの感じいいです

↑可愛いですワンポイントの効果的な使い方。これは熱転写シート系では少し難しいですね。。。

ソックスに少しオリジナルのデザインを入れるだけでもぐっと愛着もでます。今後はレギューラータイプも含めソックスでも色々遊べそうで楽しみです。カッティングマシンは本当に使えます。私にはオリジナルグッズ制作の相棒ともいえます。海外ではvinyl businessという言葉もあるみたいでスモールビジネスや起業によく使われているようです。小さなホビー用カッティングマシンでも個人レベルのステッカー・アパレル・小物制作販売やイベントには十分な機能がありますので使いこなせばもっとDIYに活用できそうです。

 

※画像は全てイメージです。
※記載している内容は2020年6月現在のものです。
※一般的な使用方法をご紹介しています。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。

 

 

△ギャレットモータースのオリジナルアイテム

 

△インスタグラムやってます!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事